『新しい日本語地図』

『新しい日本語地図』

報告:世間の「入籍」のうち「本物」は最大で約2割でした。

こんにちは。 いまどきの「入籍」について調査しましたので報告します。 結論 推計した結果、世にいう「入籍」のうち、それが本当に「入籍」である割合は、多めに見積もっても20%程度と判明しました。 反対から言うと、一般人の言っている「入...
『新しい日本語地図』

罪を「償わさせる」ってなんだよ―「さ」付き表現の憂国論

こんにちは。 安倍首相の声明に、21世紀型格差社会の到来を予感した話です。 この記事で言いたいこと 罪を「償わさせる」じゃありません。「償わせる」です。 五段活用動詞につながる助動詞は、「させる」ではなく「せる」です。 ...
『新しい日本語地図』

「妙齢」の高齢化問題について【消極的な支持派から】

こんにちは。 近ごろでは「妙齢」とだけ見聞きしても、それが何歳ぐらいを意味しているのか、まったくわからなくなりました。 そんな、ちょいと気になるいまどきの妙齢を取り上げます。 この記事で言いたいこと 妙齢が高齢化しています。3...
『新しい日本語地図』

語尾の「だけど」って超日本語っぽいんだけど。

こんにちは。タイトルどおりの用件なんだけど。 この記事で言いたいこと 2つあるんですけど。 1.日本語運用ルールの基本 日本語を運用する際の基本中の基本と言えるルールとは、 はっきり言わない 全部言わない であるよ...
『新しい日本語地図』

「冠水」と「浸水」の違いにファイナルアンサー

こんにちは。 辞書や既存の検索結果を見てもよくわからない人のために、「冠水」と「浸水」の違いについて整理しました。 結論:Executive Summary 「冠水」と「浸水」。 どちらも、ある場所や物体が水につかっている状態を...
『新しい日本語地図』

「丼ぶり」の「書き出しっぺ」は誰だ?見込み捜査録―どんぶりぶり問題(2杯目)

こんにちは。 「丼」でいいのに「丼ぶり」と書いてしまう「どんぶりぶり問題」を考えています。その「2杯目」です。 前回のあらすじ 前の記事 「丼」でいいのに「丼ぶり」と書く「どんぶりぶり問題」(1)(2014/09/14) ...
『新しい日本語地図』

「丼」でいいのに「丼ぶり」と書く「どんぶりぶり問題」(1)

こんにちは。 ちょいと気になる今どきの日本語を取りあげます。 この記事で言いたいこと 「丼ぶり」という書き方が気になります。 世の学力の低い人々は、「どんぶり」を「丼」1字で表せることを知らないのでしょうか? 解説 「どんぶり」...
『新しい日本語地図』

「女性の社会進出」ってなんなの?

こんにちは。 ちょいと気になるいまどきの言葉を取り上げるシリーズです。「いまどきの」は老人の常套句ですが、その路線で進めます。 この記事で取り上げる言葉は「女性の社会進出」です。 なんなの、これ? ※写真と本文は関係ありません ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました