雑な議論

雑な議論

検証:アドラーの三角柱、日本製説

こんにちは。自信はあっても根拠が弱い、雑な調査の経過報告です。 アドラーの三角柱に「日本製」疑惑が浮上 「アドラーの三角柱」って、日本製じゃないんですかね。 『幸せになる勇気』(2016)の著者のひとり、岸見一郎さんがたぶん発祥で。 たから...
雑な議論

「居場所」としての断捨離―「お気持ち仮説」で読みとく商標権問題(2)

『だから、居場所が欲しかった。』(水谷竹秀, 2017) めいっぱいはしょって一言で言えば、こういう話です。忙しい人はこれでオッケー。 ……それぞれの心の襞ひだに触れてみると、居場所や生きづらさ、自己の存在意義や承認欲求、そして今の日本社...
雑な議論

「お気持ち仮説」で読みとく「断捨離」商標権乱用問題(1)

怖くて仕方が無いだけなのに アイデンティティ(2000) 椎名林檎 ¥250 めいっぱいはしょって一言で言えば、こういう話です。忙しい人はこれでオッケー。 というわけで、クラウドの奥にしまい込んでいたこのアルバムを久々に引っぱりだして聴...
『独特すぎるヘイト』

人の不安を煽る「脅迫ビジネス」が嫌い

ものすごく大ざっぱにまとめると、こういう話なんですけど。 予言しよう。川崎の事件をひきあいにだして「事件を起こす前にひきこもり介入を!」とか言い出す支援者がいたら、そいつが一番ヤバい支援者だ! 簡単に見分けられて捗るぞ。— 斎藤環 (@pe...
『ハイレベルすぎて伝わらない話』

「平成最後の」とか「令和初の」とか言ってるから流言飛語に惑わされるんですよ論

POPなベイベーやHAPPYなピーポーには十中八九伝わらないでしょうが、違和感強めなので書きます。 元号制に賛成とか反対とかいう次元の低い話ではなく、ヒトという生物種の認知の仕組みに関する話です。 irasutoya.com より ...
雑な議論

日本語「ない」の活用に付く「さ」4つの謎を解く

こんにちは。通説がなさそうなのをいいことに、雑な根拠で語ります。「ない」4つの謎日本語の「ない(無い)」に「そう」「すぎる」をつなげるときなさそうなさすぎるとなります。謎です。「さ」が謎です。「さ」のここが謎です。なぜ「さ」が入るのか?そも...
雑な議論

日本語の「いち」と「ひと」の違い

こんにちは。 日本語の「いち」と「ひと」の違いについて考えてみました。 結論 日本語の「いち」と「ひと」の違いは、「数え続ける意志」に集約されます。 意志の明確さによって、「いち」と「ひと」を使い分けます。 ※...
雑な議論

disってくる親への言い返し方は「指摘・確認」

こんにちは。ちょっとした生活の知恵を紹介します。 要約:Executive Summary ものの本によれば、文句ばかり言ってくる親に対しては、その言い分を指摘・確認して返すのがいいそうです。覚えておきましょう。 ※画像と本文はあ...
雑な議論

ハンガリーまで「逃げ恥」を追った話

こんにちは。好きな恋ダンスは恭兵柴田の走り方です。 ざっと検索したところ誰もネタバレさせていないようなので、書いておきます。 調査結果:Executive Summary Szégyen a futás, de hasznos. 『逃げるは...
雑な議論

歌詞と画像とツイートで雑にふり返る「ゲス不倫」まとめ(2015-2017)

こんにちは。卒論ならこれまで4回書きましたが、提出したのは大学時代の1回だけです。 そんなフルベッキ状態(by 有吉弘行, 2010)のおっさんが雑にまとめておきました。 一部入れ替えていますが、だいたいをコトの時系列順にしていますでゲス。...
雑な議論

土門拳の「インスタ映え」語録―『写真論集』から

こんにちは。 「ヒマなおっさんが選ぶ・今年の新語(ジラ)2017」大賞が「インスタ映え」に内定したことを記念して、近代「リアリズム」「絶対非演出」写真の雄と(私に)称される写真家、土門拳(1909-1990)の写真論集(ちくま学芸文庫)から...
雑な議論

土門拳「フォトジェニック」を語る―『写真論集』から

こんにちは。 この記事では、『土門拳 写真論集』に収録されている「フォトジェニック」を取り上げ、フォトジェニックの温故知新を図ります。 土門拳 写真論集 (ちくま学芸文庫) posted with ヨメレバ 土門 拳 筑摩書房 20...
雑な議論

アディクション(依存症)としての部活動

こんにちは。 ある日書店で『柔道事故』を目にして以来、内田良さんのTwitterアカウント(@RyoUchida_RIRIS)をフォローして動向を追っているおっさんによる臨時レポートです。 この記事で言いたいこと:Executive Sum...
雑な議論

「国籍を離脱できない」アルゼンチンの法律事情

こんにちは。誰も喜ばない地味な事実確認を続けます。 はじめに+前回のあらすじ 民進党の蓮舫議員の国籍をめぐる騒ぎをきっかけに、ネット世間の一部を中心に二重国籍ブームが到来している様子です。 そんななか、Wikipedia「多重国籍」の受け売...
雑な議論

微量レベルで漏れ続ける「ブラジル国籍は離脱できない」というデマについて

こんにちは。誰も喜ばない地味なダーティーワーク、事実確認です。 ブルゾンちえみさんの出世ネタ「キャリアウーマン」みたいに言ってみました。 Dirty Work Blouson Chiemi Remix(2017) ネット世間の一部で盛り上が...
雑な議論

J-POP「聞こえていない」ソング、音はしている説

こんにちは。 J-POPの「何も聞こえない」問題に取りかかる前に、「聞こえない」ではなく「聞こえていない」J-POPに関する報告をひとつ。 余計な前置きは省いています。詳細を知りたい方は「何も聞こえない」を論じる別記事を後日公開予定ですの...
雑な議論

【映画感想文】打ち切り直前版「たたら侍」へのホメ出し・ダメ出し

こんにちは。おっさんの映画感想文です。 上映終了を知らせる製作委員会の言いぐさの悪辣非道ぶりがあまりにひどくて憤死レベルに達しそう(誇張表現)だったので、急きょ「たたら侍」を観てきました。 問題の告知はこちら:映画『たたら侍』上映につきまし...
雑な議論

「弱者の側に立つ」ということ―カウンセリング・森友学園問題

こんにちは。家政婦のヤシロです(ウソ)。 「弱者の側に立つ」という切り口での3題です。 1 カウンセラー・信田さよ子さんの場合 信田さよ子さんの近著『家族のゆくえは金しだい』(2016)に、こんなことが書いてありました。  カウンセリング...
雑な議論

「線路の人」庵野秀明さん

こんにちは。情報ひとつで人物評を一席ぶつというクソ迷惑記事です。 要約:Executive Summary 「シン・ゴジラ」脚本・総監督の庵野秀明さんをひと言で表せば「線路の人」です。 「線路」のあり方に、庵野さんの人間観、ひいては世界観が...
『独特すぎるヘイト』

「震災=3.11」の人が苦手

こんにちは。ありがとう。こんばんは。さようなら。 呼び名にこだわるどうでもいいおっさんが、日本の深夜帯を狙ってどうでもいい自分語りゲロポエムを吐く記事です。 この記事で言いたいこと 「震災=3.11」の人が嫌い……というか、苦手です。 なぜ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました