知らんがな

『新しい日本語地図』

今年の新語2020は「コロナ渦」「全集中」「しかない」【選評】

発表します。手取り12万の優しい日本人が選ぶ「今年のシン語(ジラ)2020」、大賞は「コロナ渦」です。第2位は「全集中」、第3位は「しかない」です。以下、第8位までの一覧です。「コロナ」大変動をどうさばく?「今年の新語2020」展望個々の選...
知らんがな

ひろしまタイムラインを考えたい賢者のための読書リスト

犬ざっぱなジャンル別です。極力最新の研究成果を取り入れられればと、うち10冊は今年(2020年)出たものから選びました。それでも足りないところはお利口さんに補ってほしいわん。
知らんがな

「シュン@ひろしまタイムライン」の元資料比較(11月14・15・16日)

元の資料にあたる手間を省いて批判する人だらけのネット世間なので、自身に課しておく倫理基準として、なにかものを言うならせめて関係資料をひととおり読んでからにしようと思ったのです。
スポンサーリンク
大喜利社会をめざして

出典マニアの仁義なき2020ひろしまタイムライン【Tweet旅日記】

【出典マニア的「仁義なき戦い」予告編】 ええです。海渡さんには悪いが、わし広島ででもやりますけん。
『新しい日本語地図』

「甘党好き」は静かに甘党の「中の人」を殺す―甘党好き(2)

「甘党」に確かにいたはずの「中の人」が、徐々に存在が希薄となり、ついには完全に消え去ってしまっていました。 そのさまは、まるで「かげがり」です。こわー
『新しい日本語地図』

「甘党好き」な人たち2020【Tweetまとめ】

それ「甘党」だけでよくない? と起こる疑問はいったん脇において、検知した2020年7月のスナップショットとして用例を集めてみました。
大喜利社会をめざして

うろ覚えすぎて面白い「本の著者名・タイトル名」たち@福井県立図書館

知る人ぞ知るネットの面白コンテンツの1つ、福井県立図書館の覚え違いタイトル集から、心の琴線に触れたものをピックアップして名作選としてまとめました。
大喜利社会をめざして

いくつ知ってる? 本当は言っていない名言たち【リンク集】

コピペだらけの名言業界は、フェイクの温床でもあります。 過去、当ブログで調査報告したものを中心に「本当は言っていない名言」を集めてみました。
知らんがな

「変化できる者が生き残る」偽ダーウィン語録、日本上陸は「1999年・IBMルート」が濃厚説

このもやウィン、シリーズ通してナイツの塙さん顔負けのハイペースでボケまくっているんですが、この記事ではこちらの「偽ダーウィン語録」に焦点を絞り、このフェイクがいつ本邦に上陸し、どのように感染クラスターを形成していったかを追ってゆくことにします。
知らんがな

20世紀アメリカにおける偽ダーウィン語録「変化できる者が生き残る」の変遷【対訳付き】

出典マニアの調査研究ノートです。といっても、すべて孫引きです。すまんのう。自民党広報アカウント(@jimin_koho)発のツイートから俄然盛り上がっていたので、フェイクとして名高い、例のダーウィンの名を騙った偽語録の文言が、どういう変遷を...
知らんがな

先行研究まとめ:「変化できる者が生き残る」例の偽ダーウィン語録1963-2020

自民党広報ツイートの「もやウィン」騒ぎに乗り遅れた人も話についていけるように、先行研究をまとめました。ただし、ダーウィンのフェイク語録にのみ特化した、出典マニアの私だけがうれしい視点となっております。 極論すれば、残りの論点はみな、どれも形...
知らんがな

80年以上前の「自粛」論が既にエモすぎてヤバいからみんな読んで!

新型自粛ウイルスのパンデミックが猖獗を極める昨今、皆さまいかがお過ごしでしょうか。 「自粛」の誕生 日本語の歴史の中での「自粛」の出現は比較的新しく、ネット公開の文献に用例が出てくるのは1930年代以降です。 5月末まで無償公開と知り、雑...
『新しい日本語地図』

すりかえ日本語「自粛要請」をつかまえろ!(1)日本語の「自」は量子的

にゃっはー! きょうもとっておきのすりかえもんだいをもってきたぞ ※YouTubeムービー「映画 おかあさんといっしょ すりかえかめんをつかまえろ!」よりキャプチャ 自粛 じしゅく? / すりかえすりかえ すりかえチェ~ンジ! \ 自粛を...
『新しい日本語地図』

「新型コロナ渦」な人たち2020【Tweetまとめ+】

Twitterのタイムラインに、こんなツイートがやって来ました。 この抜粋記事じゃぁワシの真意が誤解ばかりやんかぁ♪( ´θ`) ワシが言いたいのはプレーヤーの意見や立場、プロスポーツの意義をもっと反映して欲しかったということでっせ〜\...
知らんがな

『最高の集い方』翻訳ファクトチェック(サンプル版)

人の不足にだけ注目する下品な記事です。電子書籍のサンプル版で、関美和さんの最新の訳書『最高の集い方』を原書と読み比べてみました。関さんは前回ファクトチェックした『ファクトフルネス』の共訳者だったのですが、サンプルの範囲には関さんの訳したパー...
『新しい日本語地図』

今一度、21世紀の日本語「義実家」を擁護する

この記事で取り上げるのは、盆暮れ正月の手土産が付き合いがストレス疲れる帰省ブルーなんなら絶縁したいとか、そういう話ではなくて、「義実家」という日本語の話です。要約:義実家の真実「義実家」は、21世紀になって普及した新語です。その情報伝達効率...
『新しい日本語地図』

日本語公安警察が選ぶ「今年の新語2019」が発表。大賞は「いつぶり」【選評】

発表します。日本語公安警察が選ぶ「今年の新語(ジラ)2019」大賞は、「いつぶり」です。以下、第9位までの一覧です。全体に「今年」感は低め。上位から順に短評を加えていきます。大賞:「いつぶり」に見られる「意味移り」現象 今日ひさしぶりのトリ...
知らんがな

『ファクトフルネス』共訳者の上杉周作さんと未来完了時制を学ぶ

人の不足だけを取り上げる下品な記事です。そのつもりでどうぞ。前の記事『ファクトフルネス』の翻訳ファクトチェック(サンプル版) で、電子書籍のサンプル版を元に『ファクトフルネス』日本語版の翻訳ファクトチェックをしました。 うち、イント...
知らんがな

『ファクトフルネス』の翻訳ファクトチェック(サンプル版)

人の成果には目もくれず不足にだけ注目する下品な記事です。そのつもりでどうぞ。電子書籍のサンプル版を使って、『ファクトフルネス』邦訳と原書の情報と見比べてみました。引用部の下線はすべて引用者によるものです。書誌情報訳書は honto電子書籍版...
『新しい日本語地図』

利益や採算「度返し」な人たち【Tweetまとめ+】

こんにちは。お祝い返しは微笑にして届けるタイプです。日夜ネット世間に現れるクリエイティブな日本語を観察するシリーズ、今回は「度返し」です。 2019年8月末のスナップショットとして記録しておきます。※写真と本文は関係ありません プロローグ:...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました