うろ覚えすぎて面白い「本の著者名・タイトル名」たち@福井県立図書館

スポンサーリンク

知る人ぞ知るネットの面白コンテンツの1つ、福井県立図書館の覚え違いタイトル集から、心の琴線に触れたものをピックアップして名作選としてまとめました。

ただ抜粋するだけのコタツ記事では付加価値も低くつまらないし、自分も後から折々で楽しめるように、ナイツのヤホー漫才の様式に調えてみました。

20200801_stone-figure-10541_640

※写真と本文は関係ありません

100番単位で

  • うろ覚え著者名・タイトル名(リンク先のエントリーNo.)
  • 「こうかも!」な書誌情報その他

を順番に綴っていくことにします。

このままボケ方の教科書になりそうなぐらい、ありとあらゆるパターンが出てきます。ほんと勉強になるわ。本だけに。

  1. ヤホー漫才のスタイルで綴る、うろ覚え、本の著者名・タイトル名
  2. #801~
    1. 高樹のぶ子の「オンライン飛行」(819)
    2. 『拝啓 空の上から』(820)
    3. 『ニンタラマン・タロウ』(822)
    4. 『アサシンシンデレラ』(824)
    5. 『摂氏451度』(827)
    6. 松潤が映画やってた「ナタラージュン」(831)
    7. 『普通のまま発狂したい』(832)
    8. 「くにえだくにこ」の本(843)
    9. 『八百の死にざま』(847)
    10. 「これこれちこうよれ」(849)
    11. 『海岸沿いの床屋』(853)
    12. 晴れの日に部長を殺す本(857)
    13. 『飛べと言われても飛べぬ』(864)
    14. 『あだしはあだしでいぐがら』(866)
    15. 『ソドムの二百十日』(867)
    16. 『お尋ね者は図書館まで』(868)
  3. #701~#800
    1. 恩田陸のなんとかのカーニバル(712)
    2. くにもとかおるのグリーンサラダ(713)
    3. なんかが強く吹きすぎてる本(715)
    4. ねじ曲がったクロマニョンみたいな名前の村上春樹の本(716)
    5. 田崎が野菜持ってないって話(718)
    6. 君のひぞうを食べたい(725)
    7. 肌の色(729)
    8. 『蚊にピアス』(741)
    9. 情弱探偵(746)
    10. フリーターウエルカム(747)
    11. とんちんかん(748)
    12. 『痔』(753)
    13. 『レジ袋ウエストゲートパーク』(760)
    14. カズキ・イシダの『わたしを探さないで』(770)
    15. 『若おおかみは小学生!』(777)
    16. ドラマでやってた『100リットルの涙』(786)
    17. 今年の本屋大賞を取った人が書いた『滅びた後のシンデレラ』(788)
    18. 伊坂幸太郎の『あと全部ホリデイ』(790)
  4. #601~#700
    1. 柚木麻子「けむたい先輩」(611)
    2. 「人生が片付くときめきの魔法」(622)
    3. 「きのしたまさるさん」(643)
    4. 「咲かれたところで開きなさい」(652)
    5. 「忘れられない詩人の伝記」(656)
    6. 「家康家を建てる」(663)
    7. 「五本不満足」(674)
  5. #501~#600
    1. 村上春樹「とんでもなくクリスタル」(506)
    2. もっと静かにしてくれ(508)
    3. 風に舞いあがるブルーシート(509)
    4. 男の子の名前で「なんとかのカバン」(533)
    5. 「引き受けない生き方」(541)
    6. うんちデルマン(547)
  6. #401~#500
    1. 「妊婦にあらず」(421)
    2. 「この空間を埋めよ」(429)
    3. 「えちぜんわら人形」(440)
    4. 「ゴリラ爺さん」(467)
    5. 「国士舘殺人事件」(469)
    6. みみず書房(470)
    7. 「おい桐島、お前部活やめるのか?」(479)
  7. #301~#400
    1. ナヤミ雑貨店の奇跡(309)
    2. 「100万回死んだねこ」(321)(730)
    3. 菊地カラー(358)
    4. ひやけのひと(361)
    5. モモタナオキ(400)
  8. #201~#300
    1. 夜のキリン(205)
    2. あでらんすの鐘(207)
    3. まんじょうき(227)
    4. 『うどん峠』(236)
    5. きんぎょはどこへいった(242)
    6. 衝撃の巨人(246)
    7. 大木を抱きしめて(257)
    8. ありがとうふるかわせんせい(262)
  9. #101~#200
    1. 「かもだしげき」の絵本(104)
    2. 年だから解雇よ(110)
    3. とんでもない場所(142)
    4. ナニカイル(154)
    5. 背中を蹴飛ばしたい(172)
    6. 八月の蝉(175)
    7. 『あひるさんランナウェイ』(176)
    8. 『渋谷に朝帰り』(177)
    9. ひとりになりたい(180)
    10. 『最期の一休』(181)
  10. #1~#100
    1. 『払わない』(1)
    2. 『もたれない』(3)
    3. 「やなぎみさと」(15)
    4. 「強い風が吹いてきた」(16)
    5. 白糸ロシア人と日本文化(23)
    6. 「マネーはどう動くか」(26)
    7. 佐藤なんとかさんの「整理のしかた」(37)
    8. 「散歩する漱石」(38)
    9. 「あめみやしょりん」著 『いきにくさについて』(52)
    10. ぷれみあむわん(53)
    11. 宮沢賢治の「ひかりの遠足」(57)
    12. カンサンジの「やめる力」(60)
    13. さんまのおふだ(61)
    14. キャプテン・クックはなぜ死んだ(64)
    15. いろんな客(70)
    16. 村上春樹の『そば屋再襲撃』(74)
    17. 中村屋の坊主(77)
    18. トコトコ公太郎(88)
    19. ブラック・ジャパン(94)
  11. まとめ
    1. こちらもおすすめ

ヤホー漫才のスタイルで綴る、うろ覚え、本の著者名・タイトル名

ホームランブギ
四派花形・若手寄席お囃子衆
¥153

このあいだインターネットのヤホーで、すごい公共施設を見つけてしまったんですよ。

図書館って知ってますか?

本がね、読めるんです。タダで。

しかもね、貸してくれるんですよ。タダで。

そんな感じで。

ツッコミは土屋伸之さん風に各自でお願いします。

#801~

高樹のぶ子の「オンライン飛行」(819)

『拝啓 空の上から』(820)

『ニンタラマン・タロウ』(822)

『アサシンシンデレラ』(824)

『摂氏451度』(827)

松潤が映画やってた「ナタラージュン」(831)

『普通のまま発狂したい』(832)

「くにえだくにこ」の本(843)

『八百の死にざま』(847)

「これこれちこうよれ」(849)

『海岸沿いの床屋』(853)

晴れの日に部長を殺す本(857)

『飛べと言われても飛べぬ』(864)

『あだしはあだしでいぐがら』(866)

『ソドムの二百十日』(867)

『お尋ね者は図書館まで』(868)

#701~#800

恩田陸のなんとかのカーニバル(712)

くにもとかおるのグリーンサラダ(713)

なんかが強く吹きすぎてる本(715)

ねじ曲がったクロマニョンみたいな名前の村上春樹の本(716)

田崎が野菜持ってないって話(718)

君のひぞうを食べたい(725)

肌の色(729)

『蚊にピアス』(741)

情弱探偵(746)

フリーターウエルカム(747)

とんちんかん(748)

『痔』(753)

#601~#700

柚木麻子「けむたい先輩」(611)

「人生が片付くときめきの魔法」(622)

「きのしたまさるさん」(643)

「咲かれたところで開きなさい」(652)

あなたの思う通りに生きればいいのよみたいな本
『そこで咲け』

(828)

「忘れられない詩人の伝記」(656)

「家康家を建てる」(663)

「五本不満足」(674)

#501~#600

村上春樹「とんでもなくクリスタル」(506)

もっと静かにしてくれ(508)

風に舞いあがるブルーシート(509)

男の子の名前で「なんとかのカバン」(533)

「引き受けない生き方」(541)

うんちデルマン(547)

#201~#300

夜のキリン(205)

あでらんすの鐘(207)

まんじょうき(227)

『うどん峠』(236)

きんぎょはどこへいった(242)

衝撃の巨人(246)

大木を抱きしめて(257)

ありがとうふるかわせんせい(262)

#101~#200

「かもだしげき」の絵本(104)

年だから解雇よ(110)

とんでもない場所(142)

ナニカイル(154)

背中を蹴飛ばしたい(172)

八月の蝉(175)

『あひるさんランナウェイ』(176)

『渋谷に朝帰り』(177)

ひとりになりたい(180)

『最期の一休』(181)

#1~#100

『払わない』(1)

『もたれない』(3)

「やなぎみさと」(15)

@yu_miri_0622

20200801_001_size4

<仙台短編文学賞>柳美里さん、選考へ抱負「鮮やかな切断面を持つ作品読みたい」|河北新報(2019/07/13付)より

河北新報社
仙台市に本社のある河北新報社の企業公式サイトです。朝刊部数45万部(日本ABC協会調査)の日刊紙「河北新報」の購読申し込み(0120-093746)や採用情報、主催事業の最新情報などを掲載しています。

「強い風が吹いてきた」(16)

白糸ロシア人と日本文化(23)

「マネーはどう動くか」(26)

佐藤なんとかさんの「整理のしかた」(37)

「散歩する漱石」(38)

「あめみやしょりん」著 『いきにくさについて』(52)

ぷれみあむわん(53)

宮沢賢治の「ひかりの遠足」(57)

カンサンジの「やめる力」(60)

生姜(しょうが)みたいな名前の人
覚え違いタイトル集(328)

さんまのおふだ(61)

キャプテン・クックはなぜ死んだ(64)

いろんな客(70)

村上春樹の『そば屋再襲撃』(74)

中村屋の坊主(77)

トコトコ公太郎(88)

ブラック・ジャパン(94)

まとめ

図書館に問い合わせるぐらいにその本や著者に何か用があるはずなのに、うかつでテキトーでいいかかげんで、すさまじく雑で、とってもいいですよね。

「菊地カラー」「ゴリラ爺さん」「フリーターウエルカム」のナンセンスダジャレ路線が好きです。村上春樹の『そば屋再襲撃』も読みたい。

みなさんも、覚え違いタイトル集からお気に入りを見つけてみませんか。

おわり

コメント