知らんがな

スポンサーリンク
知らんがな

「ヒトラーの『握手』を拒否したアデナウアー」に誤訳の疑い

こんにちは。 入り用でドイツの政治家コンラート・アデナウアー(1876-1967)の資料にいくつか目を通しておりましたら、Wikipediaの一文に疑問を覚え始めて、少し調べてみました。 結論だけ先に述べると、ドイツ語版から移植した際、誤訳...
知らんがな

追跡:「古事記ビジネス」に騙り継がれるトインビー「民族の神話」の系譜

こんにちは。 今月(2017年2月)は、日本人なら知っておきたい偽トインビー語録 12、13歳くらいまでに民族の神話を学ばなかった民族は、例外なく滅んでいる の来歴をたどってみました。以下にその概要を報告します。 この言葉の出典を調査したレ...
知らんがな

トインビーによる、共産主義とナショナリズムの共通点【読書メモ】

こんにちは。 アーノルド・J・トインビー(1889-1975)に関する資料からのメモです。 ※Arnold J. Toynbee(1967) from commons.wikimedia.org 共産主義とナショナリズムの共通点とは 出典...
知らんがな

「感情移入」とは「がんばれ」だった話

こんにちは。 検討した結果、「感情移入」とは「がんばれ」と判明しましたので報告します。 ぼくは感情移入ができない これみたいに言ってみました。 ぼくは勉強ができない (文春文庫) posted with ヨメレバ 山田詠美 文藝春秋...
知らんがな

引用の作法が中途半端な竹田恒泰さんをニヤニヤと見守る話

こんにちは。出典マニアがニヤニヤ見守ります。 「ニヤニヤ」についてはこちらをご覧ください。 「うかつ」で「いいかげん」な「ニヤニヤ人間観」宣言(2016/01/27) この記事で言いたいこと 竹田恒泰さんが著書で「誰かの言葉を引用する場合...
知らんがな

師・寺田寅彦の言葉をうっかり捏造しちゃった中谷宇吉郎、苦しい言い訳の巻

この記事は、以前 出典情報:柳田國男「美しい村」は、結城登美雄さんの「二次創作」でした。(2016/08/05) の中に書いていたものを、別の記事として独立させたものです。 世の「名言」には、第三者が作った「二次創作」がある 「出典を気...
知らんがな

勃発!「愉快なサザエさん」問題【Tweetまとめ+】

こんにちは。驚きました。 要約:Executive Summary テレビアニメの主題歌《サザエさん》の歌詞に出てくる「愉快なサザエさん」に関して、新たな学説を知りました。 「愉快になったのはサザエさん」らしいのです。 私の認識とは正反対の...
『色々持たない仮面夫婦と、嫁のハイテンション芸』

嫁とのもめ事を、アニメの次回予告にしてみた。

夫です。 次世代洗濯乾燥機の選定作業が夫婦間で平行線のまま、和平に至らないことをきっかけに、 もうやだこんな田舎 お前が死んじまえ タケツグ is always wrong この部屋に入る奴は何びともメッタ刺しにしてやる セブンイ...
『色々持たない仮面夫婦と、嫁のハイテンション芸』

子なし中年夫婦の2LDK引っ越し日記(2)入居以後【買い物リスト】

引っ越し日記、(1)賃貸借契約までのつづき、「入居以後」編です。 ここからは、personal service ※画像は、新哥斯拉 电影图片|mtime.comより というわけで、転居に伴いAmazonその他で調達した、よかったモノ、今ひ...
知らんがな

【リスト】「新・3大○○調査会」テーマ一覧(2017)

過去の「新・3大○○調査会」のテーマを把握しておくために、一覧を作っています。 2017年分です。放送日の新しい順に記していきます。 過去の一覧はこちら: 2016年分(全37回/累計236回) 2015年分(全47回/累計199回) ...
『色々持たない仮面夫婦と、嫁のハイテンション芸』

子なし中年夫婦の2LDK引っ越し日記(1)賃貸借契約まで

こんにちは。 「えっ、蒲田に?」 それは嘘ですが、このたび引っ越しします(した)。 事態の収束にはまだほど遠いこの状況下で、開示できる範囲の記録を公開します。 ※写真と本文は関係ありません。 転居に至る経緯は簡単に、ひとつ前の記事「子なし...
『色々持たない仮面夫婦と、嫁のハイテンション芸』

子なし中年夫婦の2LDK引っ越し便利帳

完全に自分用ですが、共有させます。 ※写真と本文は関係ありません はじめに 「えっ、蒲田に?」 それは虚構ですが、このたび引っ越しいたします。これは本当です。今いるアパートの家賃が高くなったからです。 「高くなった」と書くと客観的には不正...
知らんがな

【TOKYO 2020五輪エンブレム審査】小説「引きずり女とヤリ逃げ男」素材メモ

こんにちは。私ってハルキニスト?ハルキスト?と、つい迷いがちなデザイン芸人「デザインや」です。 いずれの表記でも、ウソです。 低品質のネット記事が話題となり、遅まきながらも是正の動きも見られ始めた昨今、その風潮に待ったをかけるがごとく、書き...
大喜利社会をめざして

祝当選・MCレターマンの「トランプいじり」10+10

カウントダウンTVをご覧の皆さま(ウソ)こんばんは。アメリカ大好き!、ヤシロ-1200です。 アメリカ人の持つ 次期大統領となる人物へのパブリックイメージ 笑いのセンス の2つを手っ取り早く把握するため、CBSの「LATE SHOW ...
『色々持たない仮面夫婦と、嫁のハイテンション芸』

仮面夫婦のシン・ゴジラ「ふたり発声可能上映」、衝撃の結末

こんにちは。この記事は以上をふまえて進めます。一部は創作でございます。どうぞよろしく。 ※画像は、Amazonビデオ:激動の昭和史 沖縄決戦 より 8月の「シン・ゴジラ」嫁陽動作戦 「ゴジラ」シリーズの新作が公開されるらしいことは、この春...
大喜利社会をめざして

「さるかに合戦」を「シン・ゴジラ」にしてみた

何でも結びつけてしまう「シン・ゴジラ」脳の止まらないおっさんの妄想シリーズ、第2弾は昔話の「さるかに合戦」対「ゴジラ」です。ネタバレまみれなのは、大前提。 シン・ゴジラの最終決戦が『さるかに合戦』のようで痛快。— fujii (@lond...
大喜利社会をめざして

もしも、日本映画の名作が全部「シン・ゴジラ」だったら

「シン・ゴジラ」脳をしたおっさんの妄想が止まらなくなったので、ストーリーに沿って過去の名作を切り貼りしました。 山田洋次「男はつらいよ 噂の寅次郎」(1978) 深作欣二「蒲田行進曲」(1982) 黒澤明「隠し砦の三悪人」 (1958...
知らんがな

【読書メモ】『オリンピックと近代/評伝クーベルタン』抜き書き

こんにちは。 ジョン・J・マカルーン『オリンピックと近代―評伝クーベルタン』(柴田元幸・菅原克也訳, 1988)は、オリンピックの文献情報にちょいちょい出てくるのに入手困難です。図書館にしかなく、ネットじゃ古本すら出回っていません。そんな...
知らんがな

出典マニアが(今さら)英ガーディアン「安倍マリオ」記事を徹底解説したぞ。

こんにちは。出典マニアによる調査レポート、またはエアクソリプ大会です。 既に旧聞に属した感のあるニュースですが、英ガーディアンの「安倍マリオ」記事: Why Japanese PM Shinzo Abe was dressed as S...
『ちょいと気になるイマドキ語』

傍ら痛い日本語「共感性羞恥」にさよなら

こんにちは。 8/24のテレビ放送をきっかけに俄然盛り上がった「共感性羞恥」。しかし嫁ともども話題に乗りきれず、なぜしっくりこないのか夫婦間で話し合いを重ねてきました。 付随するいろんな説明はぜんぶ後回しにして、まず結論を述べます。 ...
スポンサーリンク