ジャパネットMCの長谷川茜子さんは、女子アナになりたかった話

こんにちは。用件はタイトルのとおりです。

通販会社のジャパネットに長谷川茜子(はせがわ・あかね)さんという女性のMCがいらっしゃいます。

20190412_akanehasegawa

画像はMCの仕事 | 職種紹介 | ジャパネットグループ採用サイトより

ある日ジャパネットの放送を見て、アナウンサー志望だったんだろうなと思いました。

というのも、フリーダイヤル「0120」の読み方が、「アナウンサー読み」だったからです。

フリーダイヤル0120

ジャパネットのフリーダイヤルといえば、

♪フリーダイヤル0120-441-***

です。

0120は、「ぜろいちにーぜろ」です。CMソングにもなっていますね。

これがジャパネット含め、一般人の読み方です。

アナウンサーの0120

ところが日本には、0120をそうは読まない人たちがいます。アナウンサーです。

アナウンサーの0120は「れいいちにーれい」です。

ゼロは英語なので、日本語の中に英語が混ざるのはおかしいという発想からなのでしょう。筋は通っていますが、それゆえ、かえって不自然に聞こえたりもします。

そして長谷川さんの0120も「れいいちにーれい」でした。別の放送で2回確認しました。気の迷いとかそういうのではなく、明確な意図のもと、そう言っているように思えました。

一般人はめったにしない読み方です。そのうえ、「会社の方針」とも違います。

過去、アナウンサーになりたくて(またはなって)どこかで調教されちゃったのがそのまま残っているんだろうなとの結論に至りました。そういうお話です。

アナウンサー読みの発見(1)

以下、結論に至った経過をだらだらと述べます。お暇があればお付き合いください。

ある朝、前日の夕方から出た熱が38度台のまま下がりませんでしたので近所の内科に行きましたところ、めでたくインフルエンザと診断されました。

でふだん家にいない時間帯に帰宅して、なんの気なしにテレビをつけましたら、ジャパネットの生放送をやっていました。

「ABCテレビをご覧の皆さま」にマッサージ機を売っていました。私には必要のない商品ですし、プレゼンテーションの教材のつもりで見ておりました。

すると女性のMCが、フリーダイヤルの「0120」を「れいいちにーれい」と言いました。「会社の方針」は「ぜろいちにーぜろ」なのに、面白い。

さっそくデータ放送の番組情報を開き、出演者の名前を調べました。その名前「長谷川茜子」でネット検索してみましたら、まあこれはひどい。

うんこページだらけです。

「テレビに出てる人」とはいえ、いち会社員ですから掲載基準を満たさないのでしょうね。Wikipediaの項目すらありません。出身校として滋賀県下の公立高校の名を挙げる情報もありましたが、現状で真偽の判定は無理です。

前掲のページとかジャパネットのサイトにあったのですが、うんこページに比べて表示順位はずいぶんと低い。

全くいかんです。

アナウンサー読みの発見(2)

【働き方を知る】MCインタビュー③

【働き方を知る】MCインタビュー③|採用情報ジャパネットグループ(2018/07/18付)

さて、同じ日の夕方、別のチャンネルでもジャパネットのテレビショッピングをやってました。長谷川茜子さんが、今度は電子辞書を売っていました。

  • 辞事典類やら英会話テキストやらの収録内容をまとめて「コンテンツ」と
  • 著作権の切れた(とは言ってませんでしたが、多分そう)国内外の文学作品をまとめて4000「文学」と

数えていました。ずいぶんと斬新な数え方です。

そこはそこで、またフリーダイヤルが「れいいちにーれい」でした。

これはきっと「確信犯」ですね。って犯罪じゃないけど。

まとめ

  • ネット情報では2013年より前の長谷川さんのキャリアが全然わかりません。けれどもフリーダイヤル「0120」の読み方から、アナウンサーを目指していたとは言えそうです。
  • ジャパネットテレビショッピングのワードセンスは、ところどころ斬新です。
  • フリーダイヤルの読み方とかも、その辺、わりと自由そうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました