岡本太郎、「最近のデザイナー」をdisるの巻―エンブレム問題の「パクリ元」(3)

スポンサーリンク

こんにちは。デザイン芸人「デザインや」です。

五輪エンブレム問題そのものもパクリだったことを発見し、自称「週刊ひとり新潮」シリーズで盛り上がっています。

要約:Executive Summary

最近のデザイナーにオリジナリティーがまったく見られない

岡本太郎(1911-1996)が、昔の新聞紙上でそうコメントしていました。

昭和41年(1966年)7月、当時騒ぎとなっていた「ガン切手盗作問題」に対して寄せた、「反近代」「アンチモダン」なひと言でした。

20151031_Tarō_Okamoto

岡本太郎(1953), from commons.wikimedia.org

エンブレム問題の「温故知新」

盗作疑惑に端を発した2015年の五輪エンブレム問題は、1966年の「ガン切手盗作問題」のパクリでした。

発見!「五輪エンブレム問題」のパクリ元(1)昭和41年の「ガン切手盗作問題」 (2015/10/29)に詳しく書きました。

ガン切手盗作問題(1966)ダイジェスト

前掲記事との重複をいとわず書きますと、「ガン切手盗作問題」の流れは、ざっとこんな感じです。

    昭和41年の「ガン切手盗作問題」

  • 切手デザインを一般公募(3/19~4/30)
  • 採用作の「特選」2点を「発表」(5/24)
  • うち、顕微鏡を図案化した1点に「盗作の疑い」(7/10)
  • 作者は盗作を否定するも「白紙撤回」。再選定へ(7/11)

きわめてよく似ています。まさに「酷似」。

五輪エンブレム問題は「いまココ」ですね。気になる(?)「その先」です。

  • 次点の入選作品4点から、1点を採用作として「再選出」(7/11)
  • その構図が、デザイン誌に掲載された図案に「酷似」していることが判明(7/12)
  • 作者と協議し「辞退」の方向で調整(7/12)

と、若干同一視はしづらい流れではあります。ただ展開のスピード感は、今度のエンブレム問題と大して違わないように思います。

岡本のコメントは、このタイミングで出されたものでした。

外国によりかかりすぎる/岡本太郎氏談(1966)

朝日新聞(1966/07/12 夕刊)の紙面から、コメント全文を紹介します。文章単位に区切って進めます。

2015-10-31_1746

下線は引用者によるものです。また、整理用に番号も付けておきました。

【1】

故意か、偶然かは別として、問題は、最近のデザイナーにオリジナリティー(創意)がまったく見られないこと、外国のパターンにばかりよりかかっていることにあると思う。

いきなりdisり炸裂です。

【2】

オリジナリティに富んだ作品より、国際的に通用するデザインのほうが、選ぶ側も安心するので、国籍不明、個性喪失のデザインが横行することになる。

ここはちょっと面白い論理です。つづきは後ほど。

【3】

デザイン界だけに限らず、芸術、文化全般にもいえることだが、創意尊重の精神がよみがえらない限り、こうした“珍事”はあとを絶たないだろう

「創意尊重の精神」ってどんなものなんでしょう? 少し考えてみたいところです。

【解読】岡本太郎の「反近代」

「オリジナリティー/創意」を軸にして、岡本によるコメントの論理構成を読み解いてみましょう。

結論を先に述べると、ここで岡本が取っているポジションは、とことん「反近代」「アンチモダン」です。

【1】

岡本は、「外国のパターンに寄りかかる」=「オリジナリティーなし」と考えているのがわかります。

【2】

面白いのは、「オリジナリティに富んだ作品」と「国際的に通用するデザイン」とを比較していることです。

ここでの岡本の論理にしたがえば

  • 「国際的に通用するデザイン」はオリジナリティーに乏しい

という話になります。

【3】

したがって、岡本にとって

  • 「創意=オリジナリティー」とは、「国籍」「個性」を前面に打ち出すこと

にほかならない、という結論になります。

文【2】で「国籍不明、個性喪失のデザイン」もdisっていることに照らせば、整合性はあるように思います。

まとめ

岡本太郎は、デザインを含め「無国籍」「没個性」な芸術・文化をとことんこき下ろしていました。

そんな岡本の徹底的な「反近代」「アンチモダン」ぶりに、後の「太陽の塔@EXPO ’70」の伏線も感じられて、ひとりにんまりしてしまいました。非常に愉快。

こちらからはひとまず以上です。

次号予告

話のつづきは別の記事にします。次の2つの話題を予定しています。

「モダン」はややこしい

「モダン」という概念については、一般向けにもう少し丁寧な説明が必要に思います。私自身、先週ふとしたきっかけで「ああそういうことか」と腑に落ちて、ようやく人さまに説明できる状態になりました。(自分の理解が妥当かは知りません)

デザイン界からの「反旗」は、やはりこの人!

1966年当時のデザイン界も、岡本太郎に言われっぱなしではありませんでした。追っていくと、岡本のコメント掲載から3か月あまりを経て半月後、「モダン」の側からひとりのデザイナーが敢然と反旗を翻していました。
【11/15 追記】日付の確認ミスでした。修正します。

誰あろう、亀倉「TOKYO 1964」雄策その人です。

名づけて「浦島決戦」の勃発です。太郎と亀だけに。

つづく

コメント

タイトルとURLをコピーしました