徳永英明、中森明菜に片想い説(2)

こんにちは。

「Vocalist」徳永英明は、「歌姫」中森明菜に片想いしているのではないか。そんな説をでっちあげています。(1)のつづきです。

2人の接点を探り、引きつづきでっちあげていきます。女性週刊誌なら、煽り文句はさしずめ「20年愛」でしょう。

「Vocalist」徳永英明、「歌姫」中森明菜への「20年愛」

始まりは1994年

☆ミュージックフェア☆出演 中森明菜・徳永英明☆|80sの部屋(2006/03/21付)

によれば、お2人は1994年に「ミュージックフェア」で共演されています。

既にそれ以前の80年代にも歌番組で共演したことはあったでしょうけれども、この情報は次の2点で重要です。

  • 1対1の「さし」での共演であること
  • 中森がアルバム「歌姫」をリリースした年であること

番組では、2人で徳永さんの《最後の言い訳》を、また中森さん単独で「歌姫」収録曲の《片想い》などを歌ったようです。

ある意味で、ここが「Vocalist」プロジェクトのスタート地点だと言えそうです。

2005~2007年

2005年からの3年間に、徳永さんは女性歌手の楽曲のカバーアルバム「Vocalist」「2」「3」を続けて発表します。

VOCALIST (通常盤) VOCALIST 2 VOCALIST3

このなかに、先に中森さんがカバーした曲、また彼女の持ち歌が、合わせて7曲あります。具体的には、

    Vocalist

  • 異邦人
  • 秋桜
  • ダンスはうまく踊れない
    Vocalist 2

  • セカンド・ラブ
  • シングル・アゲイン
    Vocalist 3

  • 桃色吐息

です。

まさに「歌姫」中森明菜への

届かぬ思い伝えられずにいた
震える気持ち 押えられずにいた

《I LOVE YOU》(1992)です。

それを知ってか知らずか、中森さんの側はつれないものです。徳永さんの“ラブコール”に対し、まったくの無反応を貫きます。

2008年:稲垣ショック

事件は2008年に起こります。

「中森明菜、稲垣潤一のデュエットカバーアルバムに参加」です。

しかもこのアルバム、「女性歌手とのデュエットによるカバーソング集」というコンセプトにもかかわらず、中森さんの参加トラックは、あろうことか稲垣さんの持ち歌である《ドラマティック・レイン》(1982)です。

♪男と女 ドラマティック

これは大打撃です。

2010年:失意

そんな稲垣ショックのせいでか、2010年発売の「Vocalist 4」に、「歌姫」ソングは1曲も入っていません。

VOCALIST4(通常盤)(CD13曲収録)

ジャケット写真も、失望を隠せない姿にみえます。

中森さんも、2009年以降は活動休止状態が続きました。

いちばん大事なものが いちばん遠くへいくよ
こんなに覚えた君の すべてが思い出になる

と、共演したミュージックフェアで自分の持ち歌《最後の言い訳》(1988)をデュエットしたのも遠い昔です。

2012年:不屈

失意の時期を過ごしながらも、徳永さんは屈しません。「Vocalist Vintage」でその不屈ぶりを示します。

VOCALIST VINTAGE

なんと、中森さんの「歌姫」ソングから4曲もカバーしているのです。以下が該当曲の一覧です。

  • 悲しい酒
  • 夢は夜ひらく
  • 伊勢佐木町ブルース
  • 恋の季節

ちなみにこちらのアルバムに収録されています。

艶華-Enka- ムード歌謡 ~歌姫昭和名曲集~(通常盤)

2014年:変化

2014年になって、依然として消息の聞こえない「歌姫」から、オールタイムのベスト盤が発売されました。

オールタイム・ベスト ‐歌姫(カヴァー)‐ (通常盤)

ここに、小さなサインがありました。これまでの2人の動向を注意していなければ気づかないほどの、ごく微細なサインです。

それは収録曲とその順序に隠されています。

このベスト盤、

  1. ダンスはうまく踊れない
  2. 愛染橋
  3. 桃色吐息
  4. シングル・アゲイン
  5. 秋桜
  6. 異邦人
  7. (以下略)

と、冒頭から6曲中の5曲を、後から徳永さんもカバーした「Vocalist」ソングで埋めているのです。

徳永さんサイドが、この並びを《未来予想図II》のブレーキランプ5回的なサインと取るのは早計というものですが、何らかの肯定的なメッセージと受け取っても差し支えはないはずです。

2015年:いまココ

同じ1月に、「Vocalist」「歌姫」それぞれが、最新のアルバムをリリースします。

ここでも徳永さんは、

  • スローモーション
  • Woman “Wの悲劇”より

の2曲を追ってカバーしています。

前者は言わずと知れた中森さんのデビュー曲、後者はライブ録音版として前年の「歌姫」オールタイムベストに収録されていた曲です。

一方、中森さんも

このアルバムに、徳永さんが既にカバーされている

  • ハナミズキ
  • 雪の華
  • やさしいキスをして

の3曲を入れています。

このアルバムよりも前に「Vocalist」ソングを中森さんが後からカバーしたのは《なごり雪》ただ1曲だった事実を鑑みれば、これはごく些細なことに見えて、一歩以上の大きな歩みよりです。

「Vocalist」と「歌姫」の今後の展開に目が離せません。

♪男と女 ドラーマティーーック レイン

それは稲垣潤一さんの歌

謝辞

各アルバム/シングルのリリース年月日と収録曲データについては、次の各サイトを参照しました。謝意を表します。

ひとまず以上です。

コメント