法律

雑な議論

「国籍を離脱できない」アルゼンチンの法律事情

こんにちは。誰も喜ばない地味な事実確認を続けます。 はじめに+前回のあらすじ 民進党の蓮舫議員の国籍をめぐる騒ぎをきっかけに、ネット世間の一部を中心に二重国籍ブームが到来している様子です。 そんななか、Wikipedia「多重国籍」の受け売...
観照「ニッポンの闇社会」

【資料】国籍法(1952年版)

ネット上で改正前の古い版が簡単に見つけられなかったので、自分でアップしておきます。 最新版は、law.e-gov.go.jp > 国籍法をご覧ください。ハイパーテキストの書式も極力合わせました。 国籍法(昭和二十五年五月四日法律第百四十...
観照「ニッポンの闇社会」

【資料】国籍法(1984年版)

ネット上で改正前の古い版が簡単に見つけられなかったので、自分でアップすることにしました。 最新版は、law.e-gov.go.jp > 国籍法をご覧ください。ハイパーテキストの書式も極力合わせました。 国籍法(昭和二十五年五月四日法律第...
雑な議論

微量レベルで漏れ続ける「ブラジル国籍は離脱できない」というデマについて

こんにちは。誰も喜ばない地味なダーティーワーク、事実確認です。 ブルゾンちえみさんの出世ネタ「キャリアウーマン」みたいに言ってみました。 Dirty Work Blouson Chiemi Remix(2017) ネット世間の一部で盛り上が...
雑な議論

生活保護費受給者を公然と差別する北村晴男弁護士への質問状

こんにちは。デザイン芸人が、デザインと関係のない話に首を突っ込みます。 異議あり!な有名人の発言をいじって遊ぶ逆転デザイン芸です。 要約:Executive Summary 北村晴男さんがTwitterで公然と差別発言をしていまし...
迷宮入り

「リエージュ劇場とIOCの裁判」と「支配されたがる人たち」と

こんにちは。2つの話をします。 1.リエージュ劇場とIOCの裁判 9月22日が第1回期日だと伝えられていますので、訴状の内容もろくに把握しないまま、リエージュ劇場とIOCの裁判の行方をものすごく雑に予想しておきます。 予想されるシ...
迷宮入り

【東京五輪エンブレム】ベルギーのデザイナーDavid Crunelle氏、盗用主張のドビ氏にブログで反論[8/6]

こんにちは。デザイン芸人の「デザインや」です(適当)。 記事タイトル、なんか騷いで煽るネットメディアみたいだな。まあいいか。 つとめてシンプルにまいります。それが「デザインや」。 はじめに 遅まきながら、8月5日に開かれた五輪エンブ...
『新しい日本語地図』

報告:世間の「入籍」のうち「本物」は最大で約2割でした。

こんにちは。 いまどきの「入籍」について調査しましたので報告します。 結論 推計した結果、世にいう「入籍」のうち、それが本当に「入籍」である割合は、多めに見積もっても20%程度と判明しました。 反対から言うと、一般人の言っている「入...
雑な議論

キラキラネームに違法性はない【確認事項】

こんにちは。名前を研究しています。 この記事では、世にいう「キラキラネーム」が法的に何ら問題がない点を確認しておきます。 ※photo by Dick Thomas Johnson from flickr.com BGM用動画リン...
知らんがな

それは「路側帯」なのか?

こんにちは。 ひとつ前の「自転車の右側通行は全面禁止にしようよ(歩道も)―旭川の死亡事故に思う」(2014/09/20)からのスピンオフ記事です。 この記事で言いたいこと 世の中には、それでないものを「路側帯」と呼んでいる人が少なから...
知らんがな

日本の取締法一覧(2014年現在)

こんにちは。名前を研究しています。 日本では法律の名前で何を取り締まっているかが気になったので、調べてみました。 「取締」の辞書的定義 広辞苑(第五版)の「取り締まる」にはこうあります。 物事がうまく行われるように、また、不正や違反のな...
知らんがな

源泉徴収されて確定申告しないサラリーマンなど納税者ではない

国税庁の板倉です(ウソ)。 用件はタイトルのとおりです。 マルサの女 オリジナル・サウンドトラック(1987, 2013) 意見ではなく事実 源泉徴収されて所得税の確定申告をしないサラリーマンは、納税者ではありません。 これは個人的意見など...
知らんがな

「当分の間」とは、法的には最長65年前後。しかも当分の間延びてゆく見込み。

こんにちは。用件はタイトルのとおりです。 法令の条文で、「当分の間」ってどのぐらいの期間まで使われているのだろうか。疑問になって調べました。 「当分」の辞書的定義 国語辞典での「当分」の説明をいくつか紹介します。 (3)近い将来まで、し...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました