愛がない男が、「訃報」を「訴報」と間違えた安倍なつみさんを全力で擁護する件

こんにちは。

かつて「抱かれたい男ナンバーワン」の名をほしいままにしていた男が、その頃からの知らぬ仲でもないある女性を全力で守る試みです。(適当)

抱かれたい男とは

かつてその名をほしいままにしていた「抱かれたい男」を説明しておきますと、

  • 世の女性たちが「抱かれたい」と思う男

ではなくて、

  • 抱かれたいと誰よりも強く思っていた男

という意味です。

つまり「抱かれたい」の主語は世の女ではなくオレ様です。

あの頃はめちゃめちゃ抱いて HOLD ON ME! だったので、間違いなく「抱かれたい男ナンバーワン」だったわけです。マジで。

抱いてHOLD ON ME!(1998)
モーニング娘。
¥250

そんな縁もありーので、今般ブログで「訃報」を「訴報」と書き間違えた安倍なつみさんをハイレベルに擁護するのであります。

20150804_418OhLsNoZL

Dreams(2015)

この記事で言いたいこと

自分がしない間違いをした人をつかまえて「恥ずかしい」とか「非常識」とかぬかす輩が嫌いです。

その恥知らずぶりと非常識ぶりがばばっちいです。

なっちの「訴報」ショー

「訃報」を題材にした記事をいくつか書いているせいでしょうけれども、当ブログへは訃報がらみでの検索アクセスがしばしばあります。

寝つけないサマーナイトに、「訴報」という見慣れない検索キーワードが目に入って追ってみました。

結論だけ述べると、安倍なつみさんがブログで「訃報」を「訴報」と書いていたようです。

追伸
みきのおめでたいお知らせが届く中…

哀しすぎる訴報が届きました。
突然すぎるお別れに…言葉出なく…
ただただ泣きました…。

出典:8/2。|安倍なつみオフィシャルブログ(2015/08/02付)

2015-08-04_0640

※画像はmarticleimage.nicoblomaga.jp/より

現在は「訃報」に直されています。(8/4閲覧)

2015-08-04_0718

いじられる安倍なつみさん

芸能人とは因果な商売で、これだけの些細な話がネタにされていました。

レベルなら「またゲーセワな」と見過ごせる範疇ですが

はいただけません。限度を超えています。端的に述べると、タイトル付けが度を超えて下品です

さらに、目下「訴報」を検索すると、ネットはこれらのコピペであふれかえっています。

上の2つもどこかのコピペだったらすまん。

名前をつけてくれ

関係各位にぜひともご教示をいただきたいところですが、人の間違いを大した根拠もなく「恥ずかしい非常識」と断定する行為をはじめ、ネットで半ば日常的に見られるこれら一連の所業を、私は何と呼べばいいのでしょうか?

「訃報」おさらい

ここであらためて、訃報をおさらいしておきましょう。

  • 人が死んだ知らせを「ふほう」といいます。
  • 漢字で書くと「訃報」です。
  • 実は「訃」の一字に、「人が死んだ知らせ」という意味が全部含まれています。
  • それで「誰かが死んだと聞く」ことを、ちょいと格式ぶって「訃音(ふいん)に接する」と言ったりもします。

間違いは豊か

当ブログで何度も述べていますが、くり返します。

間違いは豊かです。間違っているというその事実から、いろんなことがわかるからです。

本件でわかったのは、安倍さんが「訃報」を知らなかったということです。

知るを愛し、知らないも愛する

愛がない男は、自分が何も知らないことを知っていますので、誰かが何かを「知っている」という事態をほとんど期待していません。

本件においても、安倍なつみさんが「訃報」を知っていると期待できる要素は、ほとんどありません。

安倍さんがこれまでの人生で「訃報」に接する機会をことごとく逃していた。あっても「訃報」として残っていなかったケースは十分想定できるからです。

本件が

勉強はしないよりも しておいた方がいいわ

《勉強の歌》(森高千里, 1991)

に属する低学力な間違いだと言われればそうかもしれませんけれど、それでも、単にそれだけのことです。

そんなところで、自分が知っていて「常識」と思っていることを知らなかった人に対する態度が気に入らないです。はっきり言うと、頭の悪い人が人をバカにするときのやり方です。

くり返しますが、本件に乗っかっているネット記事らにみられる、安倍さんなら「訃報」を知っていて当然と言わんばかりの態度は、いったい何を根拠にしているのでしょうか?

Twitter「訴報」コレクション

また「訴報」は、安倍なつみさんの独創性あふれるクリエイティブな間違いとも言えません。

多くはないものの「訴報」の用例は他にもみられます。収集したツイートをいくつか貼り付けておきます。

ということで間違いとしてはさして面白くない、常識の範囲に収まる間違いです。

♪ルッキン グッガール

ほんとにやめてほしい(安倍なつみ, 2012)

いろいろ語ってはおりますが、念のため申し添えておきます。私は安倍なつみではありません。アイアムノットアベ。

ですのでここで安倍なつみさん本人のコメントを、まるで別の文脈から切り取って紹介しておきます。2012年の動画からです。

そんなことってある?みたいな。もうほんとに。イヤでしたね~

ほんとに。やめてほしいって。

さらに負けられないっていう大きな試練だったので、なんかまたライバル心が燃えて、うかうかしてられないなみたいな。

『サマーナイトタウン』解説!(安倍なつみ)|モーニング娘。’15(2012/07/02付)

ネタばらしすると、

いつもそういう刺激的な重大発表がドンとくるので、驚きでしたけど。

ほんとに加入とかやめてほしいつんくさん

という、2ndシングルでモーニング娘。発足メンバー5名(安倍、飯田、石黒、中澤、福田)に新メンバー3名(市井、矢口、保田)が加入したことをふり返ってのコメントでした。※以上敬称略

安倍なつみさんにおかれましては、「訴報」の本件でもこちらを思い出してもらいたいところであります。

サマーナイトタウン的まとめ

と、ふさがりかけている傷口をもう一度開いてそこへ塩を塗り込むようなマネをする、愛がない男からでした。

まあ要するに、

♪大嫌い 大嫌い 大嫌い 大好き あ~ん

ちゅうこった。

サマーナイトタウン(1998)
モーニング娘。
¥200

おわり

コメント