《ドレミの歌》メロディーのドレミ別ランキングが衝撃の結果に

こんにちは。

《ドレミの歌》は、本当に「ドレミ」の歌なのか?

と疑問に思ったので、集計してみました。

2014-06-26_music-38571_640

第1部 ワンコーラス

《ドレミの歌》1番をカウントします。

具体的には、「ドはドーナツのド」から「さあ歌いましょう」までの音を数えます。

(1)使用回数ランキング

使われている音を数えると、全部で56ありました。

使用回数を音程別のランキングにすると、次のとおりです。

2014-06-26_sqw6vwhe

HeartRails Graphにより作成(以下同じ)

上位だけテキストにもしておきます。

    《ドレミの歌》音程別使用回数ランキング(ワンコーラス)

  • 第1位 (11回)
  • 第2位 (9回)
  • 第3位 ファ(8回)
  • 第4位 ラ(8回)

(2)占有時間ランキング

今度は長さ(音価)を考慮に入れて、音の数ではなく占有時間で見てみます。

どの音程の音が長い時間鳴っているかのランキングです。

《ドレミの歌》は4分の2拍子で、ワンコーラス32小節あります。8分音符(♪)を1単位とすると、4×32=128単位から成ります。

この128単位を各音程が占有する比率は、次のとおりでした。

2014-06-26_f3z96jgy

同じく、上位のみテキストにもしておきます。

    音程占有時間ランキング

  • 第1位 (18.0%)
  • 第2位 (15.6%)
  • 第3位 (14.8%)

結論

実績ベースで評価すれば、《ドレミの歌》とはドレミの歌ではありません。

1.音の使用回数から言えば「ミソの歌」です。

2014-06-26_N612_misotodaizu500

2.音の鳴っている時間で言えば、ラミドの歌です。

語呂を整えて「ドラミの歌」です。

2014-06-26_doremi-74472_150

第2部 フルコーラス

フルコーラスでも集計してみます。

日本語で歌う場合によく見られる次の構成を「フルコーラス」としました。

  • コーラス(ドはドーナツのド…)×2
  • 中間部(上昇スケール→下降スケール→ドミミ~…:36小節)
  • コーラス(どんなときにも…)
  • コーダ(さあうたいましょう ドレミファソラシドソド)

同様にランキングにすると、こうなりました。

(1)使用回数ランキング

2014-06-26_8qw6vwhe

(2)占有時間ランキング

2014-06-26_9b8k5u2f

結論は同じ

いずれも、第1部で導いた結論どおりでした。

くり返しになりますが、実績から評価すれば《ドレミの歌》とは

  • 使用回数ベースでは「ミソの歌」
  • 占有時間ベースでは「ドラミの歌」

です。

発見事項:レは劣等生

《ドレミの歌》ではレが過大評価されています。

タイトルに名を連ねてはいますが、使用頻度からすれば全然活躍していません。

レは「レモン」のレではなく、本当は「劣等生」です。

こちらからは以上です。

コメント