迷宮入り

『紋切型社会』の「性感語」を解きほぐす:(2)規模・温度・期待の「感」

こんにちは。 武田砂鉄さんの『紋切型社会』の「性感語」にむやみに引っかかってみる「何と戦っているんだ」シリーズ、2回目は「感」まとめてです。 この記事ですること 『紋切型社会』のテキストを対象に、「性感語」の「感」を検討します。 紋切...
『新しい日本語地図』

『紋切型社会』の「性感語」をむやみに解きほぐしてみた件:(1)関係性

こんにちは。 「言葉で固まる現代を解きほぐす」(副題)という話題の書にむやみに引っかかってみる、何と戦っているんだシリーズを始めます。 そんな書籍の文中に使われているのにもかかわらず、解きほぐされているようには見えない言葉に引っかかって...
雑な議論

BLが「男同士」である理由

こんにちは。 2冊の本を読むとつながってきましたので、大して裏も取らず横流しするだけという意味での雑な議論をくり広げます。 要約:Executive Summary 「BL」と呼ばれるジャンルがあります。「ボーイズラブ」の頭文字です。...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました