好き

『新しい日本語地図』

「甘党好き」は静かに甘党の「中の人」を殺す―甘党好き(2)

「甘党」に確かにいたはずの「中の人」が、徐々に存在が希薄となり、ついには完全に消え去ってしまっていました。 そのさまは、まるで「かげがり」です。こわー
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました