「Why Japanese people!?」―鯨と否定疑問文

スポンサーリンク

こんにちは。厚切りヤシロです。

人のスタイルをまるパクリして語ります。

語る話は2つ、漢字の「鯨」と否定疑問文についてです。

Why? #1:クジラの漢字(鯨)

厚切りジェイソン(@atsugirijason)というアメリカ人の芸人さんがいます。


WHY JAPANESE PEOPLE!? [DVD]

漢字のことでよく「Why Japanese People!?」と怒っておられます。

このあいだもテレビで

  • クジラは魚ではないのに、なんで漢字の「鯨」は魚へんなんだ?

という内容のことを、ホワイトボードに漢字を書きながらプレゼンされていました。

言われてみれば、たしかに不条理です。

Why? #2:否定疑問文の答え方

厚切りジェイソンさんに触発されて、厚切りヤシロもこんなネタ台本を書いてみました。

日本語版

クジラは魚じゃないよね?

「はい」

おやおや、もう1度聞くよ。

クジラは魚じゃないよ。ね?

「はい」

WHY JAPANESE PEOPLE !!??

クジラ哺乳類でしょ!!
肺呼吸肺呼吸
妊娠!出産!授乳!
さかな感、どこにもなし!

「??」

ジャパニーズピーポーには、厚切りヤシロがなぜキレているのかちんぷんかんぷんです。

English Subtitles

では、上の会話テキストを英語にしてみましょう。

Is not the whale a fish?

「Yes」

Well, well, well… Let me ask again.

Whales are not fish, are they?

「Yes」

WHY JAPANESE PEOPLE!!??

You say whales are fish, don’t you?

「??」

解説

説明します。

クジラの分類について

  • Isn’t the whale a fish?

という否定疑問文にせよ、

  • Whales aren’t fish, are they?

という否定文ベースの付加疑問文にせよ、

英語でこう聞かれたら、常識的な答えは「No」です。

もう少し言葉数を多くして答えるなら

No. Whales are not fish. They are mammals.

といったところです。

「No」になるのは、クジラは哺乳類であって魚ではないからです。クジラが魚でないのは、一般常識に入る話でしょう。

ジャパニーズピーポーの逆襲

これには、逆にジャパニーズピーポーの側が

WHY ENGLISH SPEAKERS!?

です。

言い分を聞いてみましょう。

言うとおり、クジラは魚ではないよ。魚じゃないよねと聞かれたから「はい=Yes」だよ!

それが、なんで「No」なの!

クジラは魚かよ?!

という具合に、否定疑問文(や否定の付加疑問)に対する答え方を中学の英語の時間に習ったとき、ジャパニーズピーポーの私は混乱して、まるで理解できませんでした。

次回予告

否定疑問文、すなわち、否定形での質問に答えるとき、日本語と英語では「はい/Yes」「いいえ/No」が逆になります。

なぜ、こんなことになるのでしょうか?

中学の頃にはまったくわかりませんでしが、厨二病も癒えぬまま老いを迎えたいまでは、はっきりわかります。

なぜなら、日本語と英語では、そもそもの「はい/Yes」「いいえ/No」を評価する対象が、まったく違っているからです。

  • 英語では、質問をされた「コト」に対して
  • 日本語では、質問している「ひと」に対して

それぞれ「Yes/No」「はい/いいえ」と答えているのです。

Why?

それがなぜかまではわかりません。端的な事実としてそういう構造になっています。詳しくは別の記事で述べていきます。

つづく

コメント

タイトルとURLをコピーしました