Kindleは、逆に図書館

シェアする

こんにちは。

この記事で言いたいこと

Kindleとは「逆に」図書館である。

そうとらえると、だいたいうまくいくことがわかりました。


Kindle Paperwhite 3G(ニューモデル)

はじめに:読んでるあなたがイヤになる

「新しくなったKindle Paperwhite」のCMで、ひとりの女性がこう言っています。

もうちょっとした図書館ですね

2014-03-30_1408
The all-new Kindle Paperwhite (Japan TV Commercial). You’ve got to read it to believe it.(2013/11/12)|YouTube

「なにそのドヤ顔」「鼻につく」「ウザい」「イラッとする」「むかつく」「意識高いw感がハンパない」といった巷の評判は脇に置きます。

「Kindleは、もうちょっとした図書館」

本当だろうかと、考えてみました。

あながち間違っていないことがわかりました。

Kindleとは「逆に」図書館

Kindleとは図書館です。ただし正確には「逆に」図書館です。

こういうものがこれまで世の中になかったから、みんなまだわかっていないのです。

「図書館」vs「Kindle」比較表

図書館とKindleを比べてみました。

図書館 Kindle
運営主体 公共 私企業
資料の形態 電子
利用方法 出かける 取り寄せる
利用料(原則) 無料 有料
利用期限 あり なし
利用履歴(原則) 消える 残る

これはもう「逆に」図書館です。

共通点:コンテンツは、すべて「非所有」

Kindleは「逆に」図書館です。すべてが図書館の逆にいってます。

しかし逆に、図書館とKindleには、ひとつ共通する点があります。それは

  • そこで利用しているコンテンツは、あなたのものではない

という点です。

図書館で利用する資料が「借り物」だという認識は、みな持っているでしょう。実はKindleも、そこは同じなのです。

Kindleコンテンツは、コンテンツプロバイダーからお客様にライセンスが提供されるものであり、販売されるものではありません

出所:AMAZON KINDLEストア 利用規約 ※下線引用者

図書館で借りてきた本と同じように、(お金を払って)Kindleにダウンロードしたコンテンツも、あなたのものではありません。

これはもうちょっとした、いやもう完全に図書館ですね。逆に。

まとめ

Kindleは「逆に」図書館でした。

ひとつの発想法として、既存の何かの「逆」を追求すれば、商売のタネが見つかるのかもしれません。

スポンサーリンク
Google AdSense
Google AdSense

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google AdSense

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)