「コンビだった芸人」の名前の4パターン

シェアする

こんにちは。名前を研究しています。

この記事で言いたいこと

かつて組んでいたコンビを解散・解消し、現在ピン(単独)で活動するお笑い芸人の名前は、4つのパターンに分けられます。

序:ニセ番組「ニセトーーク」

こんなニセ番組の企画を書きました。

♪~(出演者入場) ※敬称略

  • カンニング竹山
  • ビビる大木
  • 有吉弘行
  • 土田晃之
  • 劇団ひとり
  • ケンドーコバヤシ
  • バカリズム

―みなさんは、何のくくりですか?

僕たちは、「コンビだった芸人」です。

2014-03-20_umbrella-170962_640

「コンビだった芸人」の名前は4パターン

コンビだった芸人の名前は、次の4つのパターンに分けられます。

  1. 現在の名前に、組んでいたコンビ名が「ある」か「ない」か
  2. 現在の名前に、コンビ当時の自分の名前が「ある」か「ない」か

これら2×2の組み合わせで4パターンです。

用語の定義

以降、

  • 組んでいたコンビ名を「のれん」
  • コンビ当時の自分の名前を「称号」

と呼んでおきます。

おさらい:コンビ名と活動時期

上に挙げた「コンビだった芸人」たちが組んでいたコンビ名(のれん)と活動時期をおさらいします。情報源はWikipediaその他です。

  • カンニング竹山 ← カンニング(1992-2006)
  • ビビる大木 ← ビビる(1995-2002)
  • 有吉弘行 ← 猿岩石(1994-2001, 2001-2004)、手裏剣トリオ(2001)
  • 土田晃之 ← U-turn(1991-2001)
  • 劇団ひとり ← スープレックス(1994-2000)
  • ケンドーコバヤシ ← モストデンジャラスコンビ(1995-2000) ← 松口VS小林(1992-1995)
  • バカリズム ← バカリズム(1995-2005)

4パターンの具体例

のれん「ある」・称号「ある」

  • カンニング竹山
  • ビビる大木

自分の名前にコンビ名を取り込む「対等合併」型です。

のれん「ない」・称号「ある」

  • 有吉弘行
  • 土田晃之

自分の名前のみ残す「称号継承」型です。

のれん「ない」・称号「ない」

  • 劇団ひとり
  • ケンドーコバヤシ

新しく名前を付ける「完全変態」型です。

のれん「ある」・称号「ない」

  • バカリズム

コンビ名を存続させる「のれん継承」型です。

付記

付記1:継承する「称号」は、本名/芸名いずれも可

のれん「ない」称号「ある」のパターンに関して。

例に挙げた有吉さん土田さんとも、たまたま本名です。しかし本名であることは要件ではありません。

本名でないパターンでは、坂田利夫さん(元・コメディNo.1(1967-2009))がいらっしゃいます。坂田さんの本名は、地神利夫さんです。

付記2:「のれん継承」といえば、ウルトラマンエース

バカリズムさんの、のれん「ある」称号「ない」のパターンはお笑い芸人ではあまり思い浮かばないです。

このパターンで知っているのは、はじめ北斗隊員と南隊員が変身していたのに、途中から北斗隊員だけになった「ウルトラマンA」(1972-1973)ぐらいです。

付記3:コンビではなくユニット説

「のれん」を残すのにはこんな事情もあるようです。

Wikipediaビビるより

大木によれば、ビビるはコンビではなく「お笑いユニット」であり、ビビるは解散したのではなく大内がビビるを「脱退」したのだとしている。以後、大木は芸名「ビビる大木」として活動している。

Wikipediaバカリズムより

ピン芸人に移行する際、芸名を変更すると芸歴がリセットされ、お笑いライブに新人扱いでオーディションから改めて参加しなければならず、それを避けるためとのこと。本人は「バカリズムというユニットを今は1人でやっている」と述べている。

参考サイト

Wikipedia:竹山隆範ビビる猿岩石U-turnスープレックス(お笑い)松口VS小林モストデンジャラスコンビバカリズム>コンビ時代坂田利夫 / バカリズム|マセキ芸能社

ピン芸人雑談 有吉弘行+土田晃之+劇団ひとり|太田プロダクション
2004年頃のインタビュー記事です。

何故「ケンドーコバヤシ」という芸名になったのか?|世界は数字で出来ている(2013/02/09付)
ラジオ出演時に本人が話していた内容がテキスト化されています。

「ウルトラマンA」南夕子隊員、突然の降板秘話!今だから明かす!「迎えに来てくれたのはゾフィーではなく子どもたちだった」|シネマトゥデイ(2012/04/30付)
ウルトラマンエース「のれん継承」について、“大人の事情”が明かされています。

スポンサーリンク
Google AdSense
Google AdSense

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google AdSense

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)