侍の複数形がsamurai である理由【未完】

シェアする

こんにちは。

英語のsamurai は単複同形です。なぜでしょうか。

結論から言えば、よくわかりません。

英語話者のあいだにも厳格なルールがあるわけではなく、最終的にはなんとなくの雰囲気で決めている感じがします。

考察:侍の複数形もsamurai である理由

英語では、なぜ侍の複数形も同じsamurai なのでしょうか。

一義的には、samurai 自体が既に複数形っぽいからだと言えそうです。

では、どのあたりが既に複数形っぽいのでしょうか。

語尾がi だから?

最後が、i で終わるからでしょうか。

イタリア語では、男性名詞の複数形に-i で終わる形があります。本(libro)の複数形はlibri、橋(ponte)はponti です。(参考:イタリア語を覚えよう(geocities.jp))

さかのぼれば、ラテン語にもごく一部ながら同様のパターンがあるようです。(参考:ラテン語名詞の活用(kitashirakawa.jp))

英単語でも、ラテン語由来のalumni(大学の卒業生)はこのパターンです。複数形です。単数形だとalumnus です。

それだけでは不十分

しかし「i で終わる」だけで条件として十分かというと、そうではありません。

たとえばThai もSaudi もi で終わる名詞ですが、その複数形はThais、Saudis と、どちらもs が付きます。

【リスト】「i」で終わる日本語由来の英単語の複数形

このあたり、英語で複数にする場合のルールはグレーゾーンになっているもようです。

日本語由来で最後の文字が「i」の英単語について、見つけられる範囲でピックアップし、複数形のパターンを調べて分類してみました。パターンとしては、単複同形になるもの、s が付くもの、両方併記の合計3パターンがあります。

各単語に、アメリカのオンライン辞書「American Heritage Dictionary of the English Language」(Yahoo! education)その他へのリンクを付けておきます。

単複同形のみのパターン

単複同形、-s と併記のパターン

-s のパターン

辞書ごとに違う

ただし辞書によっては、複数形に関する見解が分かれている単語もありました。

たとえばOxford Dictionaries では、sensei は単複同形としています。

samurai の複数形も、辞書ごとに見解が分かれている

samurai に戻ると、辞書によって、複数形は「同じ」とするもの、「同じか、s を付ける」とするもの、両説が入り乱れている状態です。

「samurai」(単複同形)のもの

「samurai」「samurais」併記のもの

各派の分かれ具合から「基本は単複同形だが、samurais でも可」と理解しておくこととします。

まとめ

英語話者にとってsamurai の字面の並びぶりは、複数形も同じとしたい何かがあるようです。しかしその「何か」は、「s を付けるのは間違い」と言えるほど強力なものでもありません。

そういう結論にしておきます。

スポンサーリンク
Google AdSense
Google AdSense

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google AdSense

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)