雑な議論

「納品のない受託開発」という温故知新

こんにちは。どうでもいい老人の昔語りです。 『「納品」をなくせばうまくいく』 少し前にこちらの本を読みました。 「納品」をなくせばうまくいく ソフトウェア業界の“常識"を変えるビジネスモデル ...
知らんがな

ICU図書館「誰も借りてくれない本フェア」(2014年6~7月)対象書籍リスト【追記・訂正あり】22/33

鑑識課の米沢です(ウソ)。 うっかり三遊亭コエンザイム独演会のチケットに目がくらんで、こんな作業を引き受けてしまいました。 ※画像はtwitter.com/ICU_Libより ICU図書館「誰も借りてくれない本フェア」を開催 先...
知らんがな

反論できなきゃ香西読もう―香西秀信限定ブックガイド

こんにちは。 「痛みが取れなければ病院行こう」みたいに言う試みです。 ※画像はボルタレンEX > TV-CM情報 より 没後1年を記念し、香西秀信(1958-2013)の著書から7つ紹介します。 1.入門 当ブログでは1冊目にこちらをおす...
知らんがな

将棋ソフト「ボナンザ」開発者・保木邦仁さんの話がいくらかわかりやすくなっていた件

こんにちは。 前回のあらすじ 前の記事「【メモ】羽生善治さん、2000年の対談でコンピュータ将棋へコメント。など」(2014/05/04)で、当時の羽生さんの発言をふり返りました。 2007年の中間マイルストーン そこから現在までの...
迷宮入り

【メモ】羽生善治さん、2000年の対談でコンピュータ将棋へコメント。など

こんにちは。数えることが好きです。 数える話があったよなと思い出して、羽生善治さんの対談集『簡単に、単純に考える』(2001, 2004)の、カーネギー・メロン大学教授(当時)の金出武雄さんとの章を読み返しておりましたら、別の話の方に目が留...
迷宮入り

【リスト】KindleのCMに出てくる本

出典マニアの調査報告です。タイトルの件、気になったので全部調べました。 ニーズがどれだけあるかわかりませんが、一覧にしておきます。 Kindle PaperwhiteのCMに出てくる本の一覧 <凡例> 著者『タイトル』(初版出版年) です...
雑な議論

『醤油手帖』はいい本だけど、あまり売れてほしくない理由

こんにちは。 増税前に『醤油手帖』 『醤油手帖』(杉村啓, 2014)という本を読みました。消費税増税前のかけ込み需要です。 正式な表記は、旧字体の『醬油手帖』です。 ※この「しょうゆ」 「醬」の字が環境依存文字ですので、閲覧環境によって...
知らんがな

中田宏さんの著書『政治家の殺し方』の残念な白袴ぶり

こんにちは。 日本維新の会の衆議院議員である中田宏さんの発言がタイムラインでちょこっと話題になっていたので、中田さんの著書『政治家の殺し方』(2011)を思い出してちょこっと読み返していました。 政治家の殺し方 posted with...
知らんがな

込み入ったデマ「原爆投下を招いたのは、ポツダム宣言《黙殺》を《無視》と英訳したから」を正します。

かなりきびしい話もするが 俺の本音を聴いておけ《関白宣言》(さだまさし, 1979) こんにちは。 1945年の「既読スルー」「既読無視」問題:ポツダム宣言(2014/03/14)で、こう書きました。 一部に、この「黙殺」を英訳でig...
知らんがな

さかのぼり日本史風『歴史をかえた誤訳』の歴史【小ネタ】

こんにちは。 さかのぼり(日)本史 鳥飼玖美子さんが同時通訳者としての視点から書いた、ある1冊の本の歴史をさかのぼります。 ※画像は、さかのぼり日本史 昭和 とめられなかった戦争 第2回 日米開戦 決断と記憶(2011年放送)|NHKオン...
雑な議論

被害予防より、もっと加害予防を

誰が悪いのかといえば、私が悪いに決まっています。『解+』(加藤智大, 2013) この記事で言いたいこと 世の中「加害予防」がないがしろにされすぎている現状に気づかされました。これはいかんです。 非力ではありますが、これからは、自分ができ...
迷宮入り

2013年に読まなかった本第1位は『文・堺雅人』でした。

こんにちは。 年末になり、いろんなブログでその年読んだ本の紹介をやっています。 同じタイミングで同じことをやっても全然面白くないので、僕は読まなかった本を紹介します。取り上げるのは、読んでいない本です。 前置き:2013年(も)本を読んでい...
特集:林修ナイト

名言への耐性を高める2冊―9月15日「あすなろラボ」林修さん授業感想(12)

こんばんは。林修ナイトの時間です。 「あすなろラボ」授業の感想シリーズ、その12です。ブックガイド記事です。 名言への耐性を高めるための2冊を紹介します。 名言は効果的なようだ 今回の授業では、恋愛にまつわる古今の名言が数多く使われていま...
特集:林修ナイト

マジで「恋愛」を語りたいなら絶対に外せない1冊―9月15日「あすなろラボ」林修さん授業感想(10)

こんばんは。林修ナイトの時間です。 「あすなろラボ」授業の感想シリーズ、その10です。おすすめ本の紹介です。 マジで「恋愛」を語りたいなら、まずこれ マジで「恋愛」を語るにあたっての必読書とは、『翻訳語成立事情』(柳父章, 1982)です...
知らんがな

離婚訴訟を弁護士なしで進められたのは、たった1冊の本のおかげ

こんにちは。 世間にニーズがあるかわかりませんが、書いておきます。 訴える人にも、訴えられる人にもおすすめ 僕は1度、民事裁判の被告になったことがあります。といっても、嫁に起こされた離婚訴訟ですが。 当時(も)お金も仕事もなく、一方でヒマ...
特集:林修ナイト

デブも非デブも読んでおきたい3冊―8月4日「あすなろラボ」林修さん授業感想(12)

こんばんは。林修ナイトの時間です。 「あすなろラボ」でのおデブ向け授業の感想シリーズ、その12です。ブックガイド記事です。 「あすなろラボ」の授業を機に、デブも非デブも読んでおきたい3冊 全部で3冊紹介します。 1.「デブのやましさ」を分...
知らんがな

Kindle版があっても紙の本を選んでしまう3つの理由

こんにちは。 4月にキンドル端末を買って、いくつかダウンロードして読んできました。Kindle Paperwhite 3G 使い勝手など基本的には気に入っています。しかし、致命的とは言わないまでも、利用していて3つの不満な点が出てきました。...
迷宮入り

ネット検索では17・19よりも40・50が人気―7月14,28日「あすなろラボ」林修さん授業感想

こんばんは。林修ナイトの時間です。 7月14日、28日放送の「あすなろラボ」で、林修さんが「子育てに悩むお母さんたち」に行った授業の感想です。が、授業内容一切関係なしです。 屈折した感想 教室に居並ぶ「小学生の子供を持つ母...
知らんがな

読書感想文の宿題はこれでバッチリ!―名作72編の書き出しを集めて書かれた小説『四季』

これは、アフィリエイトのリンクだけで記事を作りたくて書かれた小説である。詳しくは前の記事を参照のこと。 四季 (ヤシロタケツグ) 第一章 十年をひと昔というならば、この物語の発端は今からふた昔半もまえのことになる。 九歳で、夏だった。...
知らんがな

「はしがき」「作品リスト」(名作72編の書き出しを集めて書かれた小説『四季』より)

はしがき アフィリエイトのリンクだけで、記事を作りたいと思った。 本を紹介するのがいいだろう。夏になると、出版各社は文庫のフェアを展開する。「100冊」みたいなやつだ。見ると各社とも、若い人を狙ったラインナップになっているようである。 そこ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました