小説

大喜利社会をめざして

『終末のフール』のハライチ性について

「他人の空似」というのはあるんだなー、そんな話です。 ハライチ「ハライチ」(2010) 要約:Executive Summary 『終末のフール』のハライチっぽさが、くり返し発見されています。 厳密には、『終末のフール』がハラ...
大喜利社会をめざして

久生十蘭のおすすめ小説なら「猪鹿蝶」一択

こんにちは。「DJチャーチャのはりきりTuesday」今週のチャーチャランキングの発表です。 と、偽DJネタから始めてみました。用件はタイトルのとおりです。 Googleで「久生十蘭 おすすめ」と検索しても全然出てこないのが納得いかず、...
『スペックワークをめぐる冒険』

『スペックワークをめぐる冒険』プロローグ

2015/09/01 火曜の午後のピクニック ネットで偶然東京五輪エンブレムの白紙撤回を知った嫁が、図書館で『曲線と直線の宇宙』を読んでいた僕にSkypeのショートメッセージでそれを教えてくれた。 Tokyo 2020は本日エンブ...
雑な議論

【近未来SF短編】人工知能の歌2016

平成27年12月x日 「宮内庁です」 電話の相手は、たしかにそう名乗った。 「宮内庁です」 「あの、どういったご用件でしょうか?」 「詠進歌が最終選考に残っています。いくつかご確認を」 (あぁ、そういえば…) ここでようやく、...
大喜利社会をめざして

「佐野研二郎デザイン」、菊池寛「形」のパクリ説

こんにちは。デザイン芸人「デザインや」です。 東京2020オリンピック・パラリンピックの公式エンブレムに対する盗作疑惑を皮切りに巻き起こった「佐野研二郎デザイン」のパクリ問題。8月5日に開かれた佐野さんの会見後、過去の「パクリ」事例が次々...
大喜利社会をめざして

祝・「芥川賞芸人」ピース又吉直樹さん!直木賞との「2冠」は空前の快挙!

こんにちは。ご機嫌いかがですか。 お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さんが、小説『火花』で芥川賞を受賞されることが決まりました。おめでとうございます。 第153回芥川賞は羽田圭介さんと又吉直樹さんに決定! (平成2...
雑な議論

出典マニアが「『ニューロマンサー』冒頭の空の色は青」とかいう珍説を供養しておきました。

こんにちは。出典マニアの調査報告です。 結論:Executive Summary 原作者が『ニューロマンサー』の冒頭で伝えたかった色とは、日本語で俗に「テレビの砂嵐」と称される灰色系統の色です。 それ以外にありえません。 ※画像...
知らんがな

勃発!『ニューロマンサー』冒頭の「空の色」問題【Tweetまとめ】

こんにちは。 「トゥギャれよ」と言われそうなところをブログにしている、そんなサイバーパンク記事です。 要約:Executive Summary 港の空の色は、空きチャンネルに合わせたTVの色だった。 という『ニューロマンサー...
知らんがな

1分でわかる伊藤整『典子の生きかた』ダイジェスト

こんにちは。 前にテレビ(3/25 林修の今でしょ!講座)でセンター試験に出題されたと紹介していたので、伊藤整の小説『典子の生きかた』(1940)を読んでみました。 「一」から「九」まで要約しておきます。 典子の生きかた あらすじ ...
知らんがな

読書感想文の宿題はこれでバッチリ!―名作72編の書き出しを集めて書かれた小説『四季』

これは、アフィリエイトのリンクだけで記事を作りたくて書かれた小説である。詳しくは前の記事を参照のこと。 四季 (ヤシロタケツグ) 第一章 十年をひと昔というならば、この物語の発端は今からふた昔半もまえのことになる。 九歳で、夏だった。...
知らんがな

「はしがき」「作品リスト」(名作72編の書き出しを集めて書かれた小説『四季』より)

はしがき アフィリエイトのリンクだけで、記事を作りたいと思った。 本を紹介するのがいいだろう。夏になると、出版各社は文庫のフェアを展開する。「100冊」みたいなやつだ。見ると各社とも、若い人を狙ったラインナップになっているようである。 そこ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました