伊勢志摩サミットのロゴダサい問題:私の見解

こんにちは。デザイン芸人「デザインや」です。

G7伊勢志摩サミット(公式サイト)のロゴ問題を考えてゆくにあたり、まず自身のスタンスを表明しておきます。

2016-01-04_1941

※伊勢志摩サミット(@g7iseshima)Twitterアカウントページより

「伊勢志摩サミットロゴ」への基本的見解

ダサいです。

大事故です。

これが国土交通省の所管なら、運輸安全委員会が出動すべき事案です。

「ロゴダサい問題」アクションプラン

「すること」「しないこと」をそれぞれリストにします。

すること

些末な議論を片づけてから、次の各点について調査・考察し論述します。

  • 要因解析
  • 原因究明
  • 今後の改善策・再発防止策の提言

しないこと

次のことは行いません。弊害のほうが大きいと考えます。

  • 責任追及
  • ロゴの修整(手直し)または撤回(変更・差し替え)の要求
  • その他、制作者・関係者への直接の働きかけ

要するに、口だけ野郎です。

しかしこの問題を放置しておけば、第二第三の事故が起こりかねません。かかる事態の招来は、社会にとっての不幸です。

デザイン安全委員会のサイトへようこそ

ミッション

私たちデザイン芸人は、適確な事故調査により事故及びその被害の原因究明を徹底して行い、勧告や意見の発出、事実情報の提供などの情報発信を通じて必要な施策又は措置の実施を求めることにより、運輸デザインの安全に対する社会の認識を深めつつ事故の防止及び被害の軽減に寄与し、運輸デザインの安全性を向上させ、人々の生命と暮らしを守ります。


察しのいい方にはおわかりでしょうが、運輸安全委員会のミッションからパクりました。

コメント