ホンモノは、草間彌生さんだけでした(2013年12月11日「テレビ未来遺産」関連)

シェアする

こんにちは。

「テレビ未来遺産」という番組を見ました。「逆境を乗り越えたあの人の魂の言葉2013」というものでした。

番組では、同じ質問に対して内外の各界からのべ20人の方が語られていましたが、そのなかで草間彌生さんだけがホンモノだと感じましたので、テキストにしておきます。

無限の網 草間彌生自伝 (新潮文庫)
無限の網 草間彌生自伝 (新潮文庫)

たとえて言うと、草間さんが「業」なら他の人は「クラブ活動」ぐらいに、それぐらいに違いました。

他の方が偽物だったと貶めたいわけではありません。クラブ活動にも意義はありますし、何事であれ、めざましく輝かしい事績を挙げるには人一倍の修練が必要なのは言うまでもありません。成功を収めて認められたからこそ、テレビ番組で発言する資格が与えられているわけですから。

番組情報

テレビ未来遺産 逆境を乗り越えたあの人の魂の言葉2013(TBS系 2013/12/11 21:00-22:54 OA)

番組ホームページより)

困難を乗り越えてきた現代のリーダー達、2013年を代表する方々に3つの同じ質問をし、子供たち、若者たちが未来を生き抜くヒントになる言葉「魂の言葉」を聴く。

草間彌生さんの言葉

放送されていたとおりに、できる限り忠実に書きます。

人生に絶望し自ら命を絶とうとしている人(若者)にどんな“命を救う言葉”をかけますか?

大勢の人たちが自殺したがってるっていうの、だって当たり前でしょ、世の中こんなにひどくなってきてると そうやってみんなが結局一生懸命それを立ち上げようとしても、その先は全部つぶされてしまうの

自分も自殺を抑えるためにこうした絵を毎日描いてて芸術のために自分のすべてをね、叩き出してるんで

今でもここにみなさんいらっしゃるときに、自分がアーティストだったら、これ絵が描けないってね(なったら)、私はこの場でもって自殺してみせます。

私は自分の、自殺だとか死について、熱烈な、あの、(作品の方を向いて)こういったみな自分の魂のことであって、全部こういったの、私のね、世界なんです。

私自身がね、自分自身のね、人間としての使命とか、そういったものそれから、いかにね、膨大なすべての愛をもって、それから、そういうものをもって世界の、平和を守っていかなければならないっていうことについて、私は芸術の力をもってそれに挑戦したいと思って、ようやくこの最近になって、少しばかり、あぁ行く先がわかるようになってまいりました。だから私は、芸術を武器として、自分の人生を、終えたいと思っております。

後世の、たくさんの、あー…無垢な青年であ(る)人々が、私の芸術をもって死んでいくのをやめてくれたら、私は、非常にうれしいと思いますが、私自身が、えーと、そのど真ん中にいて死についてばかり描いているので、あの人たちに助言をする権利など少しもありません。

あなたが考える“お金のもうひとつの意味”とは?

こういう、質問というものは私自身にとってあまりimportant、あの大事なことでなく、小さな、あの 世界のことなので、もし、芸術のことをあの聞かれていたら、私はお答えできますけど、この問題については私は、あの、お答えできません。はい。

HEART OF FLOWERS, 2012 from Artsy.net

(2014/11/01追記)Artsy.netのWilliam様より自薦でリンクリクエストをいただき追加しました。

スポンサーリンク
Google AdSense
Google AdSense

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google AdSense

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)