昭和22年の映画で「今の子は昔ほどハナ垂らしてない」と言ってた

シェアする

「長屋紳士録」という映画の中で、こんなやりとりがあって驚いたことがあります。

中年女性同士の会話です。

「変わったもんだよね あたしたち子供の時分は(略)ハナ垂らしちゃってさ、のんびりしてたもんだよ」
「そうね」

「今の子は昔ほどハナっ垂らしもいないけど、のんびりしてないねぇ」
「そうね やっぱり世知辛いのね」

たわいもない会話ですが、この映画が作られたのは、昭和22年(1947)のことです。

以来私は、この種のもの言いについては、話し手の老化の度合いの目安と受け取るようにしています。

子供は変わっていません。あなたが老いただけです。

長屋紳士録 [DVD]
B004PKO92Q

あの頃映画 松竹DVDコレクション 長屋紳士録
B00C2DX7RG

スポンサーリンク
Google AdSense
Google AdSense

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google AdSense

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)