知らんがな

知らんがな

今さらだけど 森高聴けよ

今さらだけどお前ら 森高聴けよ そうだ 森高千里だ 森高千里オフィシャルサイト ルックス 森高と言えば 美脚&ミニスカだ 今なお代名詞と言っていい だがあえて言う もっとたまらんのは あのドS顔だ 私生活は知らない でもきっと 幸せな家庭を...
知らんがな

Kindle版があっても紙の本を選んでしまう3つの理由

こんにちは。 4月にキンドル端末を買って、いくつかダウンロードして読んできました。Kindle Paperwhite 3G 使い勝手など基本的には気に入っています。しかし、致命的とは言わないまでも、利用していて3つの不満な点が出てきました。...
知らんがな

年賀状チキンレースから降りたい人のための、脱年賀状マニュアル

こんにちは。早くも来年の準備を始めました。 年賀状のことで、もやもやと年末年始を過ごしてしまう皆さんへ 年賀状を出すのをやめて17年、来年を無事迎えられれば「脱年賀状」以来18回目の正月となる僕から申し上げます。 あなた一人が、やれ写真だ印...
知らんがな

死後の世界を疑似体験する手順

こんにちは。 この記事では、死後の世界を疑似体験する手順を書きます。 【手順】死後の世界を疑似体験するには ある土地に行きます。 そこで一定の時間を過ごします。 その土地を離れます。 別の土地で一定の時間を過ごします。 離れた土地...
知らんがな

【まとめ】「日本割烹学校」の検索結果から

こんにちは。 「マイクック」誌を発行したという日本割烹学校のことを検索して集めた情報を、クリップ的にまとめておきます。(太字・下線は引用者) 0.辻徳光 デジタル版 日本人名大辞典+Plusより。 辻徳光 つじ-とくみつ1892-196...
知らんがな

早くも発表:2013年に読んだ本第1位は、加藤智大さん『解+』です

こんにちは。 以前にツイートしたものと同内容ですが、肉づけしてブログ記事にもしておきます。 2013年の第1位の本の紹介です。年内にあと何冊読むかはわかりませんが、認識が変わることはないでしょう。 加藤智大『解+』(批評社, 2013):い...
知らんがな

読書感想文の宿題はこれでバッチリ!―名作72編の書き出しを集めて書かれた小説『四季』

これは、アフィリエイトのリンクだけで記事を作りたくて書かれた小説である。詳しくは前の記事を参照のこと。 四季 (ヤシロタケツグ) 第一章 十年をひと昔というならば、この物語の発端は今からふた昔半もまえのことになる。 九歳で、夏だった。...
知らんがな

「はしがき」「作品リスト」(名作72編の書き出しを集めて書かれた小説『四季』より)

はしがき アフィリエイトのリンクだけで、記事を作りたいと思った。 本を紹介するのがいいだろう。夏になると、出版各社は文庫のフェアを展開する。「100冊」みたいなやつだ。見ると各社とも、若い人を狙ったラインナップになっているようである。 そこ...
知らんがな

「炎天下の中」と言ってしまう人が、頭が悪く見える理由

こんにちは。毎日暑いですね。 梅雨も大半の地域で明けて本格的な夏到来の昨今、皆様いかがお過ごしでしょうか。 「炎天下の中」で活動される方は特に、熱中症などにくれぐれもご注意くださいませ。 今回はこの「炎天下の中」という日本語表現に関してで...
知らんがな

タイ・バンコク雑感

6月20日から24日まで嫁とタイのバンコクに旅行していました。航空券+ホテルのみのツアーを利用しました。海外旅行は豪Goldcoast,Sydney(1994)、米Seattle(2004)以来9年ぶり3回目。 雑感を書きます。 行程を...
知らんがな

官僚批判をする前に知っておきたい「霞ヶ関」の基礎知識

混乱を正す こんにちは。 世の中には国や官僚を批判する言説があふれています。 個々の主張の是非はさておいて、ネットはもちろん、一部出版物にすら混乱が見られるので言っておきます。 「霞ヶ関」は駅の名前です。 中央省庁や官僚の意味で使いたいなら...
知らんがな

兼好吉田のすべらない話―『徒然草』の第五十三段を現代語訳したらこうなった

こんにちは。 先日、調べごとで久しぶりに『徒然草』にあたって、目に留まったくだりを読み直していましたら、第五十三段「これも仁和寺の法師」ってまさに「すべらない話」だよなーと気づきました。 それでこの段を「兼好吉田のすべらない話」にして嫁に話...
知らんがな

【現地歩行調査レポート】皇太子さま&小和田雅子さんご成婚パレード、観るならココ!

こんにちは。 皇太子浩宮さまと小和田雅子さんとの結婚の儀が、6月9日に迫っています。やっかむのも畏れ多いのですが、小和田さんって本当に素敵な女性で、うらやましいっ! 9日当日はパレードも予定されています。休日にもなることですし、これはこの目...
知らんがな

Twitterのタイムラインを2か月眺め続けて、フォローするアカウントの特性が定まってきた

非公開求職案件:Twitter をひたすらROM る こんにちは。 3月20日付で会社を辞めてから2か月強のあいだ、連日連夜、毎日何時間もTwitterのタイムラインとリンク先のWebサイトを眺めて過ごしてきました。もしもこれが労働契約に基...
知らんがな

「カモシカのような脚」の元祖はブッダであった

こんにちは。「英語のように日本語を書く」練習も兼ねて。 この記事の要旨(Executive Summary) 広辞苑などの国語辞典では、「カモシカのような脚」というときのカモシカは、実は「レイヨウ」のこと、みたいに書かれている。 しかし、...
知らんがな

言葉が心に「刺さる」不思議

いつの頃からでしょうか、ネットを見ていますと、本の紹介をしている文などで 心に刺さる言葉がたくさんありました。 みたいなものいいを目にするようになりました。前後を読むと、書き手の方は特に不愉快になっているわけではなく、むしろその...
知らんがな

前田敦子のある「転向」

それは、小さな違和感から始まった こんにちは。 このあいだ、丸美屋のテレビCMに出ている前田敦子を見て、どこか違和感を覚えたのです。 (CM紹介|知る・楽しむ|丸美屋ごはんくらぶより) 箸を右手に持っていたからです。 ...
知らんがな

昭和22年の映画で「今の子は昔ほどハナ垂らしてない」と言ってた

「長屋紳士録」という映画の中で、こんなやりとりがあって驚いたことがあります。 中年女性同士の会話です。 「変わったもんだよね あたしたち子供の時分は(略)ハナ垂らしちゃってさ、のんびりしてたもんだよ」「そうね」 「今の子は昔ほどハナっ垂ら...
知らんがな

日本人の9割が無視するティッシュの真実

ご町内のみなさま、毎度ありがとうございます。 この場を借りて、皆様に訴えたいことがございます。 ティッシュの真実です。そうです。どのご家庭にもあるティッシュペーパーです。 それは何かというと  ティッシュは自らを「テ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました