ブログ供養:書けなかった記事120+件(2016年6月版)

スポンサーリンク

こんにちは。デザイン芸人「デザインや」です。

ブログにしようといったんは思い浮かび手をつけるも、

  • 記事品質
  • 顕在ニーズ
  • 時間
  • やる気
  • etc.

などが不足して記事化されないままのネタが滞留して収拾がつかなくなってきているので、ここらでいったんクリアすることにしました。

この記事に全部「コアダンプ」としてタイトルを出力します。

記事アイデアの供養、ないしは「こんまり」でございます。

20160616_ohakamairi

ブログ「企画だおれ」の死屍累々

ざっくりのカテゴリ分類だけします。カテゴリ内での並びはアトランダムです。

もしかして書くかも10+

はじめに、記事化の意欲がまだあるといえばあるものです。下調べもしていますので、興が乗れば書くかもしれません。書かないかもしれません。

  1. カレーの「辛口」「中辛」、辛いのはどっち?問題
  2. 日本人の8割が無視するカレールーの真実(2016/06/20)
  3. 勃発!「東西」ビジュアル比較本の「左右」問題(2016/06/17)
  4. 「一段落」の読み方について―「ひと段落」でいいじゃない
  5. 湘南生まれで群馬育ち:子供を狙った?千葉のライオン「アレン」情報
  6. IOCの「髭男爵」体質を見抜いていた昭和16年『日本の底力』
  7. 特選・駐日デンマーク大使館の対日宣戦布告ツイート
  8. 体験記・はじめての心療内科
  9. 細かすぎて伝わらない「怒り」選手権(2)五輪エンブレム修正
  10. 細かすぎて伝わらない「怒り」選手権(3)ドラえもんコミックス
  11. 数字の0-9の並び方が電話・スマートフォンと電卓・テンキーで違う理由

拾われれば幸い

本エントリ掲載の記事アイデアに興味を惹かれれば、ツイッターの@ツイートその他任意の手段にてお知らせくださいませ。何かしらの反応があればそれはそれで幸せに思います。

ネタだけならパクっても全然構いません。私自身も読みたいです。

アイデアメモ120+連発

思いつきのメモです。120件を超えてました。ニーズあんのか?

  1. 国家の猫・ナマポジャーナリズム宣言
  2. ブランキージェットシティの「神様」一覧
  3. 群馬県警「嬬恋村で奴隷逃走」情報を追った
  4. 英単語の「-er/-or」が指すもので占う「人から機械へ」の未来
  5. 「禁止」がダサい
  6. 【出典情報】「お・も・て・な・し」を生んだ二人の男
  7. 冗長表現としての「現役高校生」について【消極的肯定派から】
  8. 「みだりに」コレクション
  9. 五輪組織委・武藤敏郎さんの二枚舌を味わう
  10. 細かすぎて伝わらない平野敬子さんの「良心」
  11. いいものまねには「魂」が、いい漫才には「問い」があるという話
  12. 正しさよりも愉快を価値にしていたクイズダービーの篠沢教授を称えます
  13. 《ありのままで》ちきりん論:プロローグ
  14. (1)「ちきりん=エルサ」説
  15. (2)「正体」という思想
  16. (3)創作童話「イガと炎上の女王」
  17. (4)リライトによる「炎上女王」救済の試み
  18. 日本国憲法の全「責任」一覧
  19. 中島みゆきの「愛」
  20. スピッツ・草野マサムネの「魂」
  21. iTunes Storeで行く東海道新幹線・途中下車の旅
  22. 「両成敗でいいじゃない」日本史B―ゲスの極みスライド。
  23. ネットしぐさ:「(突っ)こまれ受け」の巻
  24. 千原ジュニア1997年のカラオケレパートリー
  25. 謝罪はいらない。したい対話も成立しないこんな世の中じゃポイズン
  26. 「自分の頭で考える」という二重表現について
  27. 青少年のための椎名林檎入門
  28. 椎名林檎・東京事変のアルバムの「読み方」講座
  29. 「拗れ」「解れ」「捲れ」―3語で語る椎名林檎18年史
  30. 中高年の椎名林檎離れ問題について
  31. 否定論入門
  32. 否定の接頭辞「無」と「非」と「不」の違いにファイナルアンサー
  33. 上方漫才が「捨てたもの」90年史
  34. なぜ、漫才コンビには名前があるのか?
  35. 今日からブログを仕事にできるたった2つの手順
  36. 小野日子さんが優秀でも、五輪組織委員会のクズぶりは変わらない
  37. 「托鉢は貧しい家に行け」と説いた釈迦のエピソードはきっと捏造
  38. 今一度《恋におちて -Fall in Love-》の英語歌詞のデタラメを確認しておくと
  39. 二人の「なりそめ」な人たち【Tweetまとめ】
  40. 「紛いなりにも」な人たち【Tweetまとめ】
  41. もしも吉田松陰と高杉晋作のLINEを週刊誌がスクープしたら
  42. サミットでの日本の孤立ぶりが気になる件―米原万里「鎖国癖」より
  43. 「間に入る人たち」の害―組織委員会のクズ・メディアのクズ・弁護士のクズ
  44. 「法的手段」の舌足らず―どうせカネ目当てだろうという誤解
  45. 闇の深さは公開情報の「査読性」に反比例する説
  46. 日本語「ダウン」の研究
  47. 口頭での質疑応答は「一問一答」を必須のルールにしよう
  48. テレビの娯楽番組、作る側も一段見下げている説
  49. なぜ、ドラァグクイーンは「ァ」なのか?
  50. マグロじゃない解体ショーも見たい!
  51. 岩崎良美《タッチ》の超主観的な変遷史
  52. 意外にも原子力の平和利用の方が原爆よりも先に始まっていた話
  53. MR.BATERの形式によるブルーグラスのロックアルバム紹介
  54. キハ130系・失敗の本質
  55. 検証:なぜ「掘った芋いじるな」がジョン万次郎の言葉になってしまったのか?
  56. 日本語コーパスで「女子」力の限界を探ってみた
  57. 「屁理屈」と言われたときの言い返し方
  58. ブラック対人接客業界は、チップ制導入を考えてはどうか
  59. 国会では、最高の議論をしてほしい
  60. 弁証法的エイジングのすすめ
  61. 在日チョウセン人問題の解消につながるかもしれないチャレンジ制度の話
  62. 五輪エンブレム=タモリ説
  63. 桜とセンスとサイゼリヤ
  64. パチンコ界の共有財産だったデザイン「正村ゲージ」の話
  65. 「日本の○○は劣化した」への言い返し方は「あなたのせいかもね」
  66. ジャンルの発展には「語り部」が必要だ論
  67. 高齢者に統合失調症が多いカラクリ
  68. 教師が聖職者といわれる理由―明治の記録から
  69. 歌謡曲の歌詞でたどる「目線」の30年史
  70. 「関西電気保安協会」という名の不審者について
  71. 伝説のガッツ石松、神話のジャニー喜多川
  72. 「の」に関する小考:「ピザ屋の彼女」問題
  73. 自転車を安全に運転するための最重要スキルは、「まっすぐ走る」
  74. 非正規化したアイドル、正規化した漫才師
  75. 濁る「焼酎」、澄む「水晶」―不思議の国の連濁
  76. 通学区域の日本語史
  77. 大阪で生きてる「校下」やさかい
  78. 「社会人」ってなんなの?
  79. 昔の日本人は「島国」を「とうこく」と読んでいたというお話
  80. 稼ぐ事業は稼業とでも呼ぼう
  81. 「ない」は事実の描写ではなく観念の反映
  82. 「ファミマ入店音」が「風俗」化してしまった話
  83. 目指すのは、ひとつ上の「不・正社員」
  84. 嫁との生中出し論争―「生」考(1)
  85. 生半端で、いいじゃないか―「生」考(2)
  86. れりごー(Let It Go)歌詞の単語鑑賞「wind」「door」
  87. 検証:ブルーノ・ムナーリは本当に「経験値」と言ったのか?
  88. 後先考えない「後」「先」の話
  89. あいまいな日本語の身体語彙について~とけちまいたい仮説
  90. 問題を問題のままにしておく「非・問題解決脳」のすすめ
  91. 「よろしかったでしょうか」でよろしいです。
  92. 片栗粉、片栗使ってない問題
  93. 「メイクオーバー」という「くくり」の話
  94. 「宝塚歌劇第1回公演」と「信濃の国」との接点とは
  95. すべてのカラオケを1曲3分にしたい
  96. 定量的表現に書き換えてみたい格言・ことわざセレクション
  97. 新3大・一度やってみたいききシリーズ
  98. 一人一票でないAKB総選挙こそが、たぶん未来の選挙の姿
  99. 出典ないがしろ感があるメロディー集
  100. 語りたい「1996年の上原ひろみ」
  101. 「ご本人登場」の時代
  102. 「大気が非常に不安定」って、もっとデジタルに定量的に言えないの?論
  103. スンニ派とシーア派をわかりやすくたとえてみたい
  104. 誰かを「性格悪い」という奴、だいたい頭悪い説
  105. きゃりーぱみゅぱみゅのフルネーム、後出し説
  106. 明治の「倍」デノミネーション
  107. 日本人の「最高」ランキング
  108. ホールインワン保険ってなんなの?
  109. 「聾」の世界の不思議
  110. 小説:なぜ春になると街におかしな人が増えるのか?
  111. 尾崎豊の魅力は、全力で間違えていること
  112. 金儲けの秘訣はたった2つ
  113. 人生を理系っぽく定義してみた
  114. 西川史子=現代のアイヒマン説
  115. 日本人に9割がた無視されている桜に代わって
  116. 白か黒かの「1ビット思考」の人たち
  117. 「アフリカ」ひとくくりやめます宣言
  118. 方言「やぎろしい」のやぎろしい話
  119. 【リスト】大阪芸人の「笑っていいとも」レギュラー就任時の年齢と芸歴年数
  120. 本当は教えたくない、マジで出会えた!出会える出会い系サイト集【釣り】
  121. エアオナニーにあこがれて

市場のニーズも、現状で存在しないニーズの創出も見込めそうにありません。したがいまして、今後はカネになる方向にリソースを使います。しかしどっちへ向かえばカネになるかが、まったく見当ついてない。

書きかけて頓挫したもの

いったん着手したものの、様々な理由で行き詰まったものです。こちらには未完成の草稿が存在します。

  1. 【リスト】ナマポ夫婦の「1万円ビジネス」アイデア帳
  2. 代議士・森喜朗の誕生(1969)
  3. 連作短編:ブランキージェットシティ「カップ焼きそばの作り方」
  4. 数える:五輪エンブレム委員会「最終候補(4作品)への投票パターン」組み合わせ
  5. 嫁もわかった「Paulosの全員当選モデル」を対話篇で
  6. ザハ・ハディドの「東京五輪デスノート」
  7. そのセコさ、プラスのレガシーに!!―舛添都知事・起死回生の5ステップ
  8. 自転車「横断」と早まる「歩行車脳」の恐怖―検証・国分寺市の死亡事故報道

しかしいろいろ取り逃がしており、経験上、面白くなる確率は低いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました