【日記】GO島根!ITエンジニア転職フェアへ行ってきました。

スポンサーリンク

こんにちは。

ふだん当ブログは、心のアンテナに引っかかったあれこれを調べたり考えたりして書くのが基本スタイルですが、ここでは単純に身辺を書きます。

1月30日 土曜日

お金がなくてもうじき家賃も払えなくなるフリーエージェントが、シノギを探しに大阪まで行ってきました。

告知を見た

イベントは、タイムラインで次のツイートを見かけて知りました。

「Rubyのパパ」まつもとゆきひろさんが在住であることもあり、県内外のIT企業が事業拠点を置くケースが出てきているといった噂は以前より耳にしていました。

申し込んでみた

申し込んでみました。

ただし申し込みは期日近くまで待ち、25日夜に行いました。理由は次のとおりです。

  • 自分には「ネタ集め」的な不埒な動機も多分にあった → よりふさわしい人を優先
  • 確認時点でページに「残席わずか」と出ていた → 逆に「集客いまいちで煽るパターンのヤツ」との読み
  • 「退室自由」だった → お呼びでなければ早々に退散できる

元なんちゃっての「ガガガSE」(←嫁命名)ですが、鍛え直せば何とか食いぶちにはありつけるかなという算段です。

当日のタイムテーブル

ざっくりこんな感じでした。

  • (12:30 受付開始)
  • 13:00 スタート
  • 13:00-13:30 エンジニアトークセッション/司会+6人の登壇者が島根ライフを紹介
  • 13:30-13:55 1分間企業紹介
  • 14:00-17:00 交流会/各自で企業担当者等と個別面談
  • 17:00 終了・撤収

結果的に、終了時刻の17:00までいました。

個別面談リスト

次の順番で取材してきました。 ※敬称略

参加企業一覧|IT WORKS @島根にある企業ページへのリンクも付けておきます。表記はそちらに準じました。

  1. 島根県 企業立地課
  2. 託児スペースの保育士さん(お2人) 【参考】イベント向け臨時託児|ポピンズ
  3. フランジア・ジャパン
  4. イーウェル
  5. e-Front
  6. エクスウェア 
  7. ミラクル・リナックス
  8. ネットワーク応用通信研究所

感想

シノギの問題はおいて、島根を活動拠点にするのも悪くないと思いました。見聞きした範囲だけでも、自分がやれることは複数ありますので。

非公認PR大使というアイデア

ストーリーとしては「勝手に住んで勝手にやってる」が面白くなりそうです。非公認ご当地キャラの筆頭格、ふなっしーをパクってます。

参考過去記事:非公認の時代―ふなっしー人気に思う(2013/09/15)

勝手に住んで勝手にPRするっしー、わんっ★

そんな非公認PR大使にも、同種イベントの生産性ならば最低でも3倍上げられます。世を忍ぶ仮の大企業病社員だった時分に新卒者向け企業説明会の運営を取り仕切っていた経験もあるので。

次回予告:Why シマネーズ people?

島根県の地域性・県民性として、登壇者のお1人が述べていた「穏やかな人が多い」というのは、本当なのでしょう。冷やかし半分のポンコツにも終始丁重に接していただきました。

しかし、日々ネットの悪意に囲まれ、空気と一緒に悪も分かちがたく日常的に呼吸せざるを得ない者にとっては、いろいろ「Why?」がありました。

印象としては大いに「尽くせり」の運営サイドではありましたが、必ずしも「至れり」ではありませんでした。

くり返しますが、私が同種のイベント運営を任されたら、生産性を3倍向上できます。

内訳として、

  • 来場者1人あたりの満足度を現状より5割アップ
  • 人的コストを今回の半分にカット

を同時に実現することでの、1.5/0.5=3倍です。

いつでもお受けしますので「そんなにエラソーに言うならやってみろや」というセリフをお待ちしております。決して安くはありませんが、生きたお金の使い方ができますよ。

つづく

コメント

タイトルとURLをコピーしました