「じゃない」でわかる「素人」論―「東京五輪エンブレム」「STAP細胞」会見後のツイート比較から

スポンサーリンク

こんにちは。デザイン芸人「デザインや」です。

東京2020公式エンブレムに対する盗作疑惑と騒動。「なんでこうなった」を考えていたら、素人とはどんな存在かを会得できました。

20150813_1000xauto-16328

※写真と本文は関係ありません

エロだけじゃない!素人大全集

これが素人です。

(1)「じゃない方」の集団を指す

絶対的な、永久不変の「素人」はどこにもいません。

素人とは、話題話題、場面場面ごとに、当該の「経験者」「職業人」「専門家」に対峙する形で「じゃない方」として立ち現れてくる存在です。

ゆえに「素人」集団の構成員はその都度異なります。

先に決まるのは常に、「経験者」「職業人」「専門家」=玄人の側です。玄人集団を規定してはじめて、そっち「じゃない方」が素人と呼ばれます。そんな構造になっています。

(2)責任を取らない

責任取る方「じゃない」から。

素人とは無責任であり、責任を取らないがゆえに素人なのです。


以上が、過去の類似事例「STAP細胞」ともからめてでっちあげた「素人」の研究成果サマリーです。

素人の風上にも置けないクソ素人からでした。

ほんとに、素人ってなんなの?

私の場合、「STAP細胞」の件以来もやもやと引っかかり続けていたことが、今般の「五輪エンブレム」ではっきりと言葉になりました。

ほんとに、素人ってなんなの?

こんな疑問を覚えるところが、つくづくクソ素人なのであります。自覚はあります。

辞書的定義

辞書で「素人」を引くと

ある物事に経験のない人。その事を職業としない人。専門でない人。

(広辞苑 第五版)

とあります。

ここから、

  • 「素人」とは、「じゃない方」集団のことである。

と定義することができました。

つまり、

経験者/職業人/専門家「じゃない方

ということです。

素人はアマチュア「じゃない」

また、素人は「アマチュア」でもありません。

アマチュア(amateur)というのは、「愛好者」という意味です。「じゃない方」で規定されていません。

似てはいますが、違う概念です。完全には一致しません。

「五輪エンブレム」はSTAPの再来?【Tweetコレクション】

佐野研二郎さんの記者会見(2015/08/05)があった後、STAP細胞のことを思い出された方も少なからずいらしたようです。

ツイートをいくつか集めてみました。

専門「じゃない方」=素人

見た感じ、専門「じゃない方」はこんな感じです。

これだけで各位の素性はわかりませんが、論調からは素人さんによるものとしてよいかと思います。

どんなところを判断基準にしていそうかが、素人の生態を探るポイントとなりそうです。

専門家=素人「じゃない方」

一方、専門の人はこんな感じです。

「素人無双」にたじろいでいるニュアンスを感じます。

意外・心外でも「五輪エンブレム」はシロ

「(結局クロだった)STAPと印象がそっくりだから、エンブレムの盗用疑惑もクロ!」

両者の構図が似ているからでしょうか、こういう論調が目立つ気がします。両者はたしかに「形状」は揃っているのですが、「配色」が反転しています。

図で表すとこうなります。

すなわち、図のとおりに対応させると

  • STAP細胞論文の不正疑惑=クロ
  • 東京五輪エンブレムの盗作疑惑=シロ

なのであります。

そしてその周囲(STAP:白)(エンブレム:黒)は、反転した色となっています。

この部分が「素人の声」にあたります。

「同じ」の境界問題

「子細に見ればまるで違うのに、違いのわからない素人に認識されていない」

このことは、五輪公式エンブレムとリエージュ劇場ロゴの話にも共通しています。

現場に残された指紋が、自分と「同じ」渦巻型ってだけで同一人物扱いされている。そんな感じとでも言いましょうか。

先述の「素人」と「アマチュア」もそうです。意味として重なっている領域もありますが、子細に見れば違います。

たとえばアマチュア天文家は、素人ではありません。

今夜くらべてみました:「五輪エンブレム」「STAP細胞」会見後ツイート

あらためて説明しておきます。

  1. 疑惑の発覚当時から会見前日まで海外にいたとされる佐野研二郎さんが開いた会見(2015/08/05)
  2. 内部調査の結果論文不正があったとされ、理化学研究所(当時)の小保方晴子さんが開いた会見(2014/04/09)

これら2つの会見後のツイートから、素人の特性がわかるものを収集してみました。

ケース1:@ja150087

ここではまず、素人の第一特性:

  • その場その場での「じゃない方」の集団である
  • 恒久不変の素人は存在しない

ことを確認します。

先にSTAP会見後の方から見て行きましょう。

2014年:STAP

すでに的確な見解にたどり着けているように思います。

2015年:エンブレム

こちらでは、専門家「じゃない方」の見解に立っています。

中間まとめ

以上の事実は、「素人」とは、その場その場で形成される「じゃない方」の集団であることの証左に思えます。

ケース2:@CelestialHolly

こちらでは、素人のもうひとつの特性:

  • 素人は無責任

を確認します。

先に五輪エンブレムの方から。

2015年:エンブレム

<小保方氏の会見と同じ臭いがした>

同じ臭いって、どんな臭いだったのでしょうか。

小保方さんの会見直後のツイートにあたってみましょう。

2014年:STAP

「あの眼に嘘はない事はわかる。」

「人類のために頑張ってきた」

「再現実験へのプロセスに導いていくのが報道の正しい方向」

からの

「彼女はガリレオではなかった」

裏を返せば、会見後の当初は彼女をガリレオになぞらえていたわけですね。

中間まとめ

「小保方氏の会見と同じ臭いがした」ということは、「人類のために頑張ってきた」佐野研二郎さんについても「あの眼に嘘はない事はわかる。」ということですね。わかります。

もっとも私の場合、眼に嘘があるかないかは一生かけてもわかる気がしません。当時記事にしました。

「難しいことはよくわからない」のに、はるかに難しい判断を行っている矛盾―小保方晴子さんの会見に思う(4)(2014/04/13)

まとめ:これぞ素人

誤解のないように申し添えておきます。

私はここで「専門家は常に正しい側にいる」とか「素人でも責任を取れ」とか主張しているのではありません。どちらも違うと思います。

ではなくて、ここで強調しておきたいのは、

  • これが素人なんだ

ということです。

    こう心得ましょう:

  • 誰が素人かは状況で変わる
  • 素人は責任を取らない

という話です。

補足用データ

STAP問題で小保方さんが渦中にいた当時の記録として、2014年4月に行われたYahoo!の意識調査結果を。

 

2015-08-12_2322

  • 納得できなかった 127,301票(51.7%)
  • 納得した 74,477票(30.3%)
  • (以下略)

小保方リーダーの会見に納得?|Yahoo!ニュース 意識調査(2014/04/09 ~ 04/19実施)より

この時点ではまだSTAP支持者が数多くいたように記憶していましたが、「納得できなかった」が既に上回っていたのですね。

私の記憶もあてにならないものです。

※「STAPは支持だが納得できなかった」もありうるので、そのケースを含んで実態よりも数が多く見えている可能性はあります。

最後に、botからですがこの秀雄小林をひとつ。

こちらからは以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました