再現?ノーノー!「東京五輪エンブレム」と「STAP細胞」の関係は「陰陽」です。

スポンサーリンク

こんにちは。デザイン芸人「デザインや」です。

今回の用件はタイトルのとおりです。

「二の舞い?」「再来?」といった声が出ているにもかかわらず、両者の関係を正確に把握している方は少数のようなので、解説しておくことにしました。

余計な説明で理解を妨げないよう、シンプルな語りにつとめます。

おさらい:五輪エンブレム盗用疑惑を語るために

東京2020大会の公式エンブレムは、ベルギー・リエージュ劇場ロゴの盗用ではないか?

この疑惑を語るためのコンセプトは「黒と白」です。

エンブレムの図案のみならず、本件はあらゆる構図が「黒」と「白」で語れます。

あとはこちらをご参照願います。

【東京五輪エンブレム】リエージュ劇場ロゴ盗用疑惑を語るための基礎資料+キーコンセプト(2015/08/09)

要約:Executive Summary

「五輪エンブレム」と「STAP」の関係もまた、黒と白で表現できます。こうです。

陰陽(Yin Yang)です。

実に美しくて、デザイン芸人は見るたびにうっとりします。

しゃぶしゃぶ店で2種類のおダシが選べて2度おいしいのだって、このデザインのおかげです。

金目鯛のあらダシと、ちょっとピリ辛でお願いします。

20150812_na

shimoda100.com/restaurant/tamakiya/

というのも、「エンブレム」「STAP」両者の

  • 形状(流れ)は、共通
  • 配色(黒白)は、反転

だからです。

形状:「エンブレム」と「STAP」共通

「五輪エンブレム」「STAP細胞」の両者は、登場からの流れが共通しています

次のとおりです。

  1. 派手めの公式発表
  2. 疑惑の指摘がネットに
  3. ネットざわつく
  4. 当事者が記者会見。いずれも疑惑を否定
  5. しかし過去の疑惑も次々に発覚 ←エンブレム今(8/12)ココ

一致度が高いです。

会見日データ

  • エンブレム佐野研二郎さん:2015/08/05
  • STAP小保方晴子さん:2014/04/09

配色:「エンブレム」は「STAP」の反転

しかし黒白の「配色」は正反対です。両者はちょうど、互いに黒白反転した形となっています。

こういうことです。さっきの図に足してみました。

20150812_tokyo-stap-yin-yang-152420_640

STAP細胞(2014)

一連の経緯は、おおむね次のように要約できます。

  • 疑惑の指摘後、シロの声も多くありました。
  • しかし、実はクロでした。

TOKYO 2020エンブレム(2015)

STAPの「反転形」ですので、こちらはこういう経過をたどります。

  • 疑惑の指摘後、日に日に真っ黒くろすけの声しきりです。

  • それでも、実はシロです。

小学3年生でも5分でわかる?「東京オリンピックのロゴは盗作」のデタラメ(2015/08/09)など、ご確認ください。

陽性かくにん!

よかった。

次回予告:騒動解明のポイント

なのに、まるで正反対の論調しか聞こえてきません。

なんでそうなっているのか、考えてみました。この騒ぎを解き明かしていくためのポイントもまた、「シロ」にありました。

略さずに述べると、「素人」です。そこがポイントです。

なぜなら、世間にあふれるシロだクロだという「声」は、もっぱら素人によるものだからです。

つづく

コメント

タイトルとURLをコピーしました