独占!ベルギーのデザイナーDavid Crunelleさんによる、キレッキレの「グラフィックデザイン」体験講座【Tweetまとめ】

スポンサーリンク

こんにちは。デザイン芸人の「デザインや」です。

はい。Eテレの「デザインあ」のパクリです。

ベルギーのブリュッセルを拠点とするデザイナー、David Crunelleさんからの非常に有益なツイートがこのままタイムラインの彼方へ流れ去ってしまうのがあまりにもったいないので、パクリ野郎がここに留め置いておくことにしました。

20150810_29bde41edf704d4ce9e99fcc049e1ec8_400x400

David Crunelle(Maybe Left), from @davidcrunelle

要約:Executive Summary

東京2020五輪エンブレムと、リエージュ劇場のロゴは、違います。

「違い」をキーワードに要約すると、なぜならば

  1. 実装が違えば、アイデアが似ていても違います。
  2. グラフィックデザインでは、別の違う作品から着想を得ます。
  3. グラフィックデザインは、アートとは違います。
  4. どこからも文句が出ないようにすると、違いが小さくなります。

以上をツイッターでの「グラフィックデザイン講座」から学びました。

経緯

佐野研二郎さんデザインの東京2020大会エンブレムの盗作騒ぎにからんで、9日夜(日本時間)に

の3アカウントの間で、しばし意見交換しておりました。

なんとなく、佐野研二郎さんのパクリを指摘するFACT..さんの問いかけに、残る2名がそれぞれ答える流れでした。すでにひとつ前の記事に、日本語部分をまとめ済みです。

でもって、英語で飛んでくるCrunelleさんのリプライのひとつひとつが、なんというかもうキレッキレで、ものすごく勉強になったのでした。

次々と、何枚もおのれの無知蒙昧を啓かれて、まるで「グラフィックデザイン初級」体験版講座を受けたかのようでした。無知蒙昧を「枚」で数えるかは知らないけど。

ネットでこの種の経験をするたびに毎度くり返していますが、いやはや、すごい時代になったものです。

David Crunelleさんのすごい仕事

David Crunelleさんのキレッキレの仕事、それは、

こんなに違う・「東京2020エンブレム」と「リエージュ劇場ロゴ」

を図1枚でつぶさに表現した、こちらの画像です。

出典:Comparatif de l’idée simple|DAVID CRUNELLE(2015/08/06付)

クソ素人の私ですが、この図からは「ほら、違うでしょ」という2つのデザインの「声」が聞こえました。

デザインって、こんなにすごい力を持っているのですね。ついぞ知りませんでした。

この出会いこそが、私がデザイン芸人を志したきっかけにほかなりません。

どうでもいいですね。

なお、現時点でお名前「David Crunelle」の読み方は承知しておりません。さしあたり、どうでもいいです。

David Crunelleさん直伝!キレッキレの「グラフィックデザイン初級」【日本語訳つき】

はじまりは、非公式リツイートを入れてのこちらでした。

以下に、一連のやりとりを並べていきます。

英語ツイートのあと、適宜当方で日本語訳した大意をつづけて記しました。先頭に*を付けたものがそうです。日本語はどれも「だいたいこんな意味」ということで。

また、切れ味鋭い「キレッキレ」だったものに、順に番号を振っておきます。大事なところです。

なお日本語文中のCrunelleさんの口調は暫定イメージです。氏の英文ツイートからは、(まだ)日本語は聞こえてきません。

と、前置きはこれぐらいにして、ありのままでさっそく始めます。

【#01】
*アイデアが似通っていても実装が違えば剽窃ではない。Webに事例は山ほどある。

*同意見ですが、そうはとらえない人が多くいます。そこが事態をややこしくしています。

*メディア的にも、「偶然の一致」よりは「盗用」だったほうが楽でおいしいもんね。

【#02】
グラフィックデザインを生み出すプロセスを知ってますか? ほかから着想を得るんですよ。(画像あり)

◆出典マニアの補足(1)

私は出典マニアなので、アホみたいにすぐ出典を知りたくなります。探してみました。

添付の画像は、この動画からキャプチャされているようです。

Le logo de JO de Tokyo est une copie presque conforme de celui du Théâtre de Liège !|RTL INFO(2015/07/29付)

動画内で、TBSの取材チームが来ていました。

また、2冊の本はそれぞれこちら。

Dos Logos
Roland Muller

3899550552
Die Gestalten Verlag 2004-10-27
by G-Tools

Tres Logos
Robert Klanten

3899551583
Dgv 2006-11-10
by G-Tools

「パクリ問答」に戻ります。

【#03】
*で、そこにグラフィックデザインとアートの違いがよく出ている
佐野研二郎はアーティストではない。

なるほど。ここ大事ですね。

「だったら」と自作のエンブレムを見せてもらいました。

*いやいやいや、わかってへんがな。マジで。

*かもしれませんが、そろそろ切り上げ時かなとも思います。濃ゆいとこまでグラフィックデザインのご教示ありがとうございます。

*いくらかでも見方を伝えられたようで、よかったです。東京2020のロゴ問題が、前向きな解決を見せることを願っています。

*ですね。同感です。2020年には、忘れられない経験が(東京で)できるといいですね。2002年の赤い悪魔以上の。

*はは。どうも。うちらはこの先5年勝ち残れるチームを持ってますよ。来年3月に日本に行きますが、楽しみです。

◆出典マニアの補足(2)

2002年のFIFA日韓ワールドカップで日本チームとも対戦した、ベルギー代表チームの故事を放り込んでみました。詳しくはこちらの方へお尋ねください(ウソ)。

20150810_F424vKr3_400x400

Marc Wilmots @WilmotsMarc, Head Coach Belgian Red Devils.

The 2002 FIFA World Cup understandably remains one of his fondest memories, not least since he finishedBelgium’s leading scorer in Korea/Japan with three goals.

Wilmots, Belgium’s raging bull|FIFA.com

*2002年は最も思い出深い大会のひとつ

見事な攻撃だ(←ブラックデビル)。

最後、あともうひとつ。

【#04】
*これもいい例。グラフィック的にあちこちから文句が出ないように努めると、デザインはえらくベタとなる。

おわりに:パクリ宣言

とっても質のいいグラフィックデザインの体験版講座でした。

これだけで、デザイン芸人はもうだいたい知った気です。さも自分の知見のようにして、どっかで語ってやろう。

読まれた方もどんどん広めてもらって構わないです。

以上、パクる気満々の「デザインや」からでした。

!警告!

万が一、ここの文章をパクるようなパクリ野郎がいたら、容赦しません。

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました