R-1ぐらんぷり・決勝進出「枠」の5分類

スポンサーリンク

こんにちは。

ひとり遊び日本代表の、ヤシロタケツグです。

要約:Executive Summary

「ひとり芸」のナンバーワンを決めるコンテスト「R-1ぐらんぷり」。
※以下、R-1と表記します

2015-03-01_0058

ひとり遊び日本代表の私が見るところでは、R-1の決勝ステージの椅子には、次の5種類の「枠」があります。

5つの「枠」と、それぞれの枠に収まる対象となる人は、次のとおりです。

  • 実力者
    決勝経験者 or 安定した成果の見込める人
  • 苦労人
    キャリア(芸歴)の割に報われていない人
  • フレッシュ/変わり種
    キャリアの浅い人/異色の経歴の持ち主
  • ピンではどうなの?
    ふだんはコンビ・グループで活躍する人。ある程度の知名度あり
  • ダークホース
    まったく無名の人。謎に満ちたミステリアスさを前面に打ち出す演出がされる

「R-1ぐらんぷり2015」でのケーススタディ

ケーススタディとして、2015年の決勝進出者を上の5分類に当てはめてみると、こうなります。

※敬称略

Aブロック

  • ゆりやんレトリィバァ フレッシュ →勝ち抜け
  • あばれる君 フレッシュ
  • とにかく明るい安村 苦労人
  • COWCOW 善し(復活ステージ3位) 実力者

善しさんはコンビ芸人ながら、R-1決勝の常連(4年ぶり5回目)と言えますので、「実力者」枠に分類しました。

Bブロック

  • 厚切りジェイソン 変わり種
  • エハラマサヒロ 実力者
  • アジアン 馬場園 ピンではどうなの?
  • マツモトクラブ(復活ステージ2位) ダークホース →勝ち抜け

Cブロック

  • NON STYLE 石田 ピンではどうなの?
  • やまもとまさみ 実力者
  • じゅんいちダビッドソン 実力者 →勝ち抜け
  • ヒューマン中村(復活ステージ1位) 実力者

ファイナルステージ

「枠」の分類は再掲です。

  • ゆりやんレトリィバァ フレッシュ
  • マツモトクラブ ダークホース
  • じゅんいちダビッドソン 実力者 →優勝

「死のグループ」が幸いしたじゅんいちダビッドソンさん

優勝したじゅんいちダビッドソンさんがCブロックから勝ち抜けられたのは、メンバーが「実力者」枠に偏っていたことがかえって幸いしたとも言えそうです。

もしもCブロックの復活組が「ダークホース」枠のマツモトクラブさんだったなら、違った結果になったであろうことも十分に考えられます。「枠」が違うと、審査基準の揺れも大きくなるからです。

まあ、あくまで結果論ですけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました