2015年お正月時点の新・3大○○調査会テーマが「全153作品」って、1つ多いんじゃないか疑惑

スポンサーリンク

こんにちは。用件は件名のとおりです。

こんなことを気にしているのは誰もいないんじゃないかという意味で、オンリーワンに独走します。

この記事で言いたいこと

年頭の「マツコ&有吉の怒り新党 お正月スペシャル」(2015/01/03 OA)の「新・3大○○祭り」のコーナーで、これまで調査したテーマを「153作」と言っていました。字幕でも「全153作品」となっていました。

しかし当サイトでの記録では、計152回分しかありません。数が合いません。

検証してみた結果、どうやら「153」という数字は、2015年レギュラー放送の1回目(01/07)分までを含んでいる可能性が濃厚となってきました。

152回分まではわかる

当ブログで把握している、「新・3大○○調査会」の2014年までの放送テーマは、全部で152あります。

年別の内訳は次のとおりです(放送日ベース)

  • 2011年 9
  • 2012年 46
  • 2013年 50
  • 2014年 47

9+46+50+47で、152です。

各テーマはこちらで一覧にしています。

残りの1つは?

2011-2014年の放送データと突き合わせてみると、お正月スペシャルで言っていた「153作」という数字と、合っていません。差分が1あります。

自分が間違っている」という前提で、いくつか仮説を立ててみます。

カウントの「見解の違い」

ひとつ考えられるのは、番組側では、「新3大―」第1回目の次の週(2011年10月12日)に放送された

「ルクセンブルク公国 ポール・シュタインメッツ大使の2011年大ニュース」を、カウントに入れているという可能性です。

ただし当ブログでは、そのコーナータイトルが「世界外交委員会」だったらしいことから、カウントしておりません。

参考:TVでた蔵・マツコ・有吉の怒り新党 2011年10月12日放送

ちなみに、上のサイトによるとこの3つだそうです。

  • ギョーム皇太子をエスコートしたこと
  • シュレク兄弟がツール・ド・フランスで活躍していること
  • ルクセンブルクで初めてコメディードラマを制作したこと

数え落とし?

そうではなく、私が数え落としをしているのかもしれません。

検算

そう思って、「合ってない」「合ってる」の水掛け論を避けるために、次のとおり検算してみました。

1.水曜日の数 170

「怒り新党」は、水曜日の放送です。

「新・3大○○調査会」の第1回目「北斗晶」が放送されたのは、2011年10月5日の水曜日です。

この日を含め2011年末まで水曜日の数は13回ありました。

  • 2011年 13回

以降、2014年末までの水曜日はそれぞれ

  • 2012年 52回(1/4~12/26)
  • 2013年 52回(1/2~12/25)
  • 2014年 53回(1/1~12/31)

でした。全部足すと、170回です。

2.「放送なし」週を除外する -21

ですからもし、毎週の水曜日ごとに必ず「怒り新党」の放送があり、毎回「新3大―」を1つやっていたとすると、2014年末まで「170作」あることになります。

しかし実際は、次のようなパターンで「新3大」の放送がない週がありますので、そこを除外する必要があります。

  • 「怒り新党」の番組放送なし
  • 「怒り新党」の放送はあったが、「新・3大○○調査会」のコーナーはなし
具体的には「-21」

具体的には、次のとおりです。

    2011年(10月以降) -4回

  • 番組放送なし 1(12/28)
  • コーナーなし 3(10/12、11/02、12/21)
    2012年 -6回

  • 番組放送なし 3(01/04、02/22、12/26)
  • コーナーなし 3(03/28、09/05、12/19)
    2013年 -4回

  • 番組放送なし 1(01/02)
  • コーナーなし 3(02/20、08/14、12/25)
    2014年 -7回

  • 番組放送なし 5(01/01、01/08、05/14、08/13、12/31)
  • コーナーなし 2(09/10、12/24)

3.「スペシャル」分を加算 +3

ここに、水曜日のレギュラー枠以外で放送された分を加える必要があります。

次の計3回あります。

  • 2013年・お正月スペシャル(01/03)×2
  • 2014年・お正月スペシャル(01/03)×1

検算結果:152

2011年10月に始まった「新・3大○○調査会」の、2014年末までの放送回数(調査テーマ数)は、次の式で求められます。

(水曜日の日数)-(放送なし・コーナーなしの合計回数)+(スペシャルでの放送回数)

具体的な数字を入れると、

170ー21+3=152 です。

何度も確かめ数えましたが、152です。

どう数えても、2015年のお正月スペシャルで言っていた「全153作」と、合いません。

おかしいです。

有力なのは、「2015年放送分まで1つ数えちゃった」説

次に、番組側の数え間違いの可能性を検討します。

有力なのは、2015年の第1回目放送分(01/07)までを、番組スタッフが「先走って数えている」という説です。

収録済みの数か?

よくよく確かめてみると、ナレーション原稿では「153作」を「調査した」と言っていました。「放送した」とか「紹介した」とかではありません。

つまり、お正月スペシャルの収録段階で、01/07放送分の「新3大―」も「調査」まで終えていたということです。時系列上微妙ですが、既に収録も終えていたとも考えられます。

2015年レギュラー1回目の分も、カウントに入れていたのでしょう。それなら整合が取れます。

結論

ということで、当ブログでは有力な反証が出ない限り、2015/01/07放送の「新3大」(「アイドル伝説えり子」の語りすぎるナレーション)を153作目とし、2014年末放送分までの累計は従前のまま「152」といたします。

また、2015年の「お正月スペシャル」で、過去放送分の補足的にいろいろ出ていましたが、そちらはカウント対象外とします。

以上を検証による結論と方針とさせていただきます。ご静聴ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました