都議会で質問中にセクハラ(オ)ヤジ攻撃を受けた塩村文夏議員に、ケンカのしかたを教えてあげたい件

こんにちは。

サッカーワールドカップのかたわらで、軍師ヤシ兵衛(←誰やねん)が絶対に勝たせてやりたい戦いが起こっていました。

はじめに:ざっくり結論ジャパン

今度、オヤジが質問に立ってるとき、同じようにオヤジから嫌がらせを受ければ、ひとまず収まるんじゃね?

やられたらやり返す「倍返し」までは可だと思う。

と、先に結論を書いておきました。

ガヤ芸人に発注を希望

その際、ヤジの主がFUJIWARA藤本敏史さんのような腕ききのガヤ芸人なら、なお可です。

個人的には、R-1ぐらんぷり2014(03/04 OA)決勝のひとりネタで自分のハゲを徹底的にいじられていた、ロビンフットおぐ(@robinfoot_ogu)さんをおすすめします。

2014-06-20_81_2

※画像はSME NEET PROJECT > ロビンフット より

と、便乗して仕事振ってあげてほしいというお話です。

オヤジの弱点を知るのはオヤジです。

パート1.ひどいセクハラ事案

NHKのNEWS WEBから知りました。

18日行われた都議会の一般質問で、みんなの党の塩村文夏議員(35)が妊娠や出産などに関する子育て支援策について都の取り組みをただした際、ほかの議員から「自分が早く結婚したほうがいいんじゃないか」、「産めないのか」などとやじを受けました。

都議会で女性議員にセクハラやじ(2014/06/19付)

リンク先で、そのときの映像も視聴できます。下はそのキャプチャです。

2014-06-20_0328

はっきり「自分の方が早く結婚したほうがいいんじゃないか」と聞き取れました。

複数の会派によりますとやじは、自民党の議席周辺から聞こえたということです。

とあって、きっと内輪の人間は、誰の声かわかってるんでしょうね。

ひどいオヤジセクハラ

ひどい話です。

何がひどいって、骨の髄からしみ出したかのようなこのひどいオヤジセクハラ、コクはあっても全然キレがありません。まったく面白くない。どこよりもそこがひどいです。

論述を飛ばしましたが、セクハラがアウトなのは当然の話です。

しかし反応もひどい

しかし報道に目を通し、軍師ヤシ兵衛(だから誰やねん)は都からはるか離れた地でひとり頭を抱えてしまいました。

報じられたとおりであるとすれば、都議会各方面のアクションがどれもこれも愚かすぎるからです。

から適宜引用して、それぞれツッコんでおきます。

1.みんなの党会派へ

発言者の処分を求める構えで、専門家に「声紋分析」を依頼することも検討している。

愚策です。

そう煽って牽制する狙いもあるのでしょうが、上策ではありません。

最も愚かなのは、みんなの党側がする必要のない犯人捜しに走ろうとしていることです。

2.都議会の女性議員有志へ

同日、再発防止を求め、議会局の秘書課長を通じ吉野利明議長に口頭で申し入れをした。

それでは何の実効性も期待できません。

無意味です。

3.共産党と生活者ネットワークの両会派へ

それぞれ「人権侵害」だとして議会運営の改善を求める文書を提出。

無関係です。

ふた言めには人権人権と言いたがる人権脳、人権ガーぶりが重篤です。

中間まとめ:ここがダメ

いったんまとめます。それぞれここがダメです。

  1. する必要のない犯人捜しに走っていること
  2. 議長へのアクションに、何ら実効性が期待できないこと
  3. 人権という直接無関係な概念を持ち出し、事態を無用に混沌とさせていること

あるいは、後学のための「べからず」集

具体事例から1つ上のレベルで「べからず」集としても記述しておきます。

  1. 犯人捜しをして、個人レベルの問題に落とさない
  2. 相手に対し、何ら実効性の期待できないアクションを求めない
  3. 問題と直接関係のない物事を持ち出さない

パート2.もっといい戦い方の提案

自分なら次のようにケンカします。

前提条件

その前に、次の2つの前提を置きます。

  1. 「自分の方が結婚した方がいいんじゃないか」(ほか複数)の発言の主は、自民党会派の議員である
  2. 同会派の議員のなかには、「さすがにあれはまずい」と思っている者もいる

2014-06-20_0315

※画像は、TOKYO自民党 > 議員紹介 より。

このように想定して進めます。

ケンカの方針:目には目を

実は、こういうときどうすればいいか、人類はとっくの昔、だいたい4000年ほど前に答えを出しています。それを使わない手はありません。

すなわち、ハムラビ法典にあるという「目には目を」です。

広辞苑「目には目を、歯には歯を」からです。

害を与えられたら、それに相応する報復をすることのたとえ。

つまり「オヤジハラスメント」で報復する

ですからこのケースであれば、

ハラスメントには相応のハラスメントをもって報復する。

となります。これが人類の答えです。

解決プラン

自民党を代表した誰か(発言者でなくて構いません)が議会で質問に立つ機会を狙って、今回の塩村さんと同じ目に遭ってもらえばいいです。

すなわち、ひとりが自民党を代表して

議席側に陣取るオヤジたちからの品位のないヤジにより、嫌な思いをしてもらう。

わけです。それで各方面おさまる気がします。

完成イメージ

ちょうどこんなイメージです。「本人公認」となっていますので埋め込んでおきます。

おぐR-1ぐらんぷり2014決勝戦ネタ(2014/03/07付)

個別の戦術

個別の戦術を述べます。

1.みんなの党→自民党

TOKYO自民党に対し、次の事項を段階的に要求します。どういう形式で要求するかは、そちらで決めてください。

要求1-1)「犯罪者」の引き渡し

次の議会で品位のないヤジで嫌がらせするから、セクハラオヤジ議員を差し出せ。

<渋られてるなら、タイミングを判断して次へ>

要求1-2)「身代わり」の差し出し

ならば、必ずしも今回のセクハラヤジの下手人でなくてもいいから、そちらの誰が質問に立つかを選んで知らせろ。

ただし「身代わり」はオヤジに限る。

説明

犯人特定に向けて動くより、自民党も「発言の主が自分のところの人間であることは認めている」というレベルで戦う方がよほど有利です。個人の問題とされず、党を相手にケンカできるのですから。

ヤクザ映画っぽくいえば「TOKYO自民組がウチの若いもんに結構なごあいさつしてくれたのぅ。この落とし前はきっちりつけてもらうで」といった話です。あまりうまくない。

そんなところで自分から犯人捜しに動くようなことをにおわせるのは、頭が悪すぎます。

<それにも難色を示すなら次へ>

要求1-3)「セクハラ集団」呼ばわりの受忍

下手人を引き渡さない、身代わりも出さないとなれば、自民党側に次のように問い、そうだと認めてもらいましょう。

応じないということは、つまり「塩村議員は早く結婚した方がいいんじゃないか」が自民党さんの総意だということですね?

要するに、TOKYO自民党とは、質問に立つ女性議員(=仕事中の女性)に「早く結婚した方がいいんじゃないか」と声をかけることを是とする集団である。
ということで、よろしいですね?

ここまでくれば「はい」としか答えようがない気がしますが、どうでしょう。

小まとめ

どう進んでも相手にダメージを与えられます。

引きつづき、予想される言い逃れのパターンを全部想定してつぶしておきます。

2.みんなの党+女性議員有志 → 議長+議会事務局

「再発防止を申し入れ」ってアホですか?

請け合いますが、そんなんでは何も変わりません。ただのやられっぱなしです。

いったん起こったことは取り返しがつきませんから、ならば「やられたこと」相応のことをこれから起こせるよう、要求を通すようなアクションに動いた方がよほど建設的です。

相手には「改善を求める」のではなく、自分の「こうさせろ」を認めさせるのです。

それが4000年前からの人類の知恵です。

要求2-1)「ヤジ要員オヤジ」投入の許可

要求事項はこちらです。

質問時に議席への「ヤジ要員」オヤジ投入を、1回限りの特例として許可すること。

ヤジ要員は腕ききのガヤ芸人にオーダーするのがいいと思います。なんなら僕がやってもいいです。決してお安くはありませんが。

<前例が、とか議会の規則・秩序がとか言い出したら>

半分は、そう言わせることが要求2-1の目的です。

要求2-2)会議規則適用の厳格化

ここを指摘します。 ※下線引用者

(発言の許可等)
第四十三条 発言は、すべて議長の許可を得た後、登壇してしなければならない。但し、議長の許可を得たときは、議席で発言することができる

出典:東京都議会会議規則(2013/02/20 改正議決)

で、こう問いただせばいいです。

セクハラ(オ)ヤジ議員の発言は、セクハラであること以前に、そもそも議長の許可を得たのですか?

説明

次の2方面で自己が受けた不利益の回復を図ります。

  • 外部の報復用ヤジ要員の投入を1回に限り認めさせる。
  • 議長・事務局サイドが会議規則を盾に取るなら、これまでの運用のぐずぐずぶりを知らしめ、適用厳格化をコミットさせる。

3.共産党+生活者ネットワークの両会派へ

セクハラがあったにせよ、これはひとえに議会運営の問題です。ですから、2.の有志に加わるか、問題を理解できなければ静かにしておいてください。

まとめ

どうやら東京都議会も、いろいろぐずぐずになっている闇社会のようです。

次回予告?

当の塩村さんの言動も、いろいろずれています。

絶対に勝たせてやりたい戦いではあるのですが、そこが軍師ヤシ兵衛(←だから誰やねん)は気になっています。

たとえて言えば、サッカーのルールを知らずにピッチに立っちゃっているように見えるのです。

ということでギリシャ戦を見るのでこのへんで。

つづくかも。

コメント

  1. 低能 より:

    ケンカのしかたは、富士大石寺顕正会の浅井のジジイに教えてもらえ!