3人の「先人」たち―小保方晴子さんの会見に思う(5)

こんにちは。小保方晴子さんの「類似タレント」を述べるコーナーです。

4月9日の会見中継を見ていて、自分の分類上で小保方さんはある「くくり」の4人目となりました。

くくりの「先人」は、こちらの3人です。

2014-04-07_index_img_012014-04-15_11637707581382014-04-15_tanaka

順に敬称略で、松田聖子、さとう珠緒、田中みな実(TBSアナウンサー)です。

※画像は、アスタリフト「肌時間旅行」篇さとう珠緒オフィシャルブログ|TBS Announce Boo 田中みな実

1.松田聖子(1962年生まれ)

こちらのエピソードが、松田さんのパーソナリティーの多くを表せていると思います。

Wikipedia 松田聖子より。

[1985年]1月23日、交際を公にしていた歌手・郷ひろみと破局。東宝スタジオの食堂にて涙の破局会見を行い、聖子は「生まれ変わったら一緒になろうねと話し合った」と語ったが、後に郷は「会見することも知らなかった。あんなセリフも言っていない。僕が生まれ変わって虫だったらどうする気だろう?」とジョークを交じえて否定した。

探して見つけられた範囲では、鬼沢慶一さん、井上公造さんも同じエピソードを語られていました。ラジオ、テレビの採録の間接情報ですが、次のブログ記事がありました。

2.さとう珠緒(1973年生まれ)

さとうさんは、生で実物を見たことがあります。昔、世田谷のTMCへダウンタウンDXのスタジオ観覧に何回か行ったことがあって、そこに出演されていました。

出てきた瞬間から「うわ、かわいい」だったのをよく覚えています。それまでテレビで彼女を見ても特に何も思わなかったので、そのギャップが強烈で強く印象に残りました。

他にも美人できれいな女優さんやタレントさんも見たはずですが、言ってみればそれは他人事でした。さとうさんからだけは、他人事でない何かを感じました。

怖かったです。

さとうさんのパーソナリティーについては、東京BREAKING NEWSでのこちらも参考になります。

吉田豪さんは「女のプロ」と表現されています。

3.田中みな実(1986年生まれ)

このあたりから同じにおいがします。

カテゴリーの名前はまだない

これを女子力という人もいますが、この「くくり」を何と呼ぶか、まだ名前を付けかねています。それは「女子」特有なのかという点で、答えが出ていないためです。

2014-04-15_male-152845_150

男性の場合

男性なら誰になるだろうかと考えてみましたら、自由民主党(出身)の政治家が3人思い浮かびました。

2014-04-15_Mori_Yoshirō2014-04-15_566f291d5668f8dab4ee9597d7dfe03f2014-04-15_a209f04af286a18531ef2dfcc54d53e2

順に敬称略で、森喜朗(1937年生まれ)、鴻池祥肇(1940年生まれ)、鈴木宗男(1948年生まれ)のお3方です。

※画像は、Wikipedia@ykounoike@D_Suzuki_Muneo より

皆さん、そのデリカシーに欠ける発言がしばしば物議を醸すのが特徴ですが、たぶん会ってみると面倒見がよくて何よりチャーミングで、そこに魅了される人も多いのだろうなと思っています。

何物語かは知りませんが、小保方さんを含めた男女七人みんな同じくくりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました