【出典メモ】チンパンジーの「肉を贈ったメスとの交尾に至る確率は約2倍」研究―9月13日「林修先生の今やる!ハイスクール」関連

シェアする

こんばんは。林修ナイトの時間です。

9月13日深夜放送の「林修先生の今やる!ハイスクール」スペシャルの中で紹介されていた研究の出典にあたりました。メモとして記録しておきます。

(2014/01/13 訂正)関西地区の放送日を間違えていましたので削除しています。放送日は同じでした。

僕は出典マニアです。気になる情報は、可能な限り出典を追いかけます。

出典確認の対象

林修さんの「脳の秘密を解明する」として、この回の講師だった茂木健一郎さんから出された15の質問のひとつに、

「焼肉に行くとついつい他人の肉までも焼いてしまう」

というのがありました。林さんの答えは「ノー」でした。

こんなナレーションが付いていました。(下線引用者)

実はこの質問、いま脳科学界で話題となっている新事実からの質問。チンパンジーのオスが、メスに肉を分け与えると、そのオスはメスにもてやすいということが、新たな研究で分かったのだ。

この「新たな研究」を探ります。

2013-09-18_zoom
※画像はwww.mpg.de より

番組内容については、別の記事でダイジェストしていますので、関心があればそちらをご参照ください。

結果に関して先に2つだけ述べますと、非常にスムーズに原典を見つけられました。あと、研究自体は脳科学に関係ないと思われます。

字幕へのツッコミ:「ブランク」じゃなくて「プランク」

番組では、こんな字幕が付いていました。

チンパンジーのオスが、メスに肉を分け与えると、肉を贈ったメスとの交尾に至る確率は約2倍
マックス・ブランク進化人類学研究所調べ

幸いなことに、僕には「マックス・ランクじゃなくて、ランクじゃないの?」と思えるだけの学識がありました。

濁音の「ブ」じゃなくて、半濁音の「プ」です。

「赤坂ブリッツ(BLITZ)」じゃなくて、「グリコ・プリッツ(PRETZ)」のプです。

出典までへの経路

Google で「マックスプランク チンパンジー 交尾」とキーワードを入れるところから始めました。

もっとも、「ブランク」のままでも大した回り道ではありません。たとえ「マックス・ブランク」と検索しても、Google はプランクの結果を返してくれます。ここでも既に、人間は機械に負けています。

2013-09-18_1151

以下、たどり着いた順にクリップしておきます。

1.日本語情報

日本語で書かれた情報のうち、原典への距離がいちばん近そうだったのは、こちらのページでした。

狩りの獲物を分かち合うオスのチンパンジーは、交尾の機会が2倍 | スラッシュドット・ジャパン(2009年4月12日付)

スラッシュドット・ジャパン

2.日本語情報の引用元(英文)

1.のリンク先の本文中に、引用元であるslashdot.org へのリンクがありましたのでたどります。ここからは英語のテキストです。

Chimpanzees Exchange Meat For Sex – Slashdot(2009年4月8日付)

Slashdot

余談:「交尾する」は英語でmate

「交尾」に相当する英語の動詞がmate だというのもわかりました。今後「スクールメイツ」と聞くと、きっと交尾的な何かも一緒に連想するでしょう。

閑話休題。出典を追います。

3.BBC のリポート記事

2.の本文内にbbc.co.uk のリンクが付けてありました。

Chimpanzees exchange meat for sex(2009年4月7日付)

news.bbc.co.uk

こちらのサイトには、リーダー格の研究者の名前が書いてありました。Christina Gomes さんです。

余談:原典よりも日付が古い件

後からわかることですが、記事のタイムスタンプが、前日ではあるものの、論文公開の日付よりも前であるのが興味深いです。これはBBC の取材力によるのか、あるいは先行報道できる見返りに的な利権がここにもあるのか、あれこれ想像が膨らみます。

余談でした。

4.そして原典情報へ

研究者名+機関名の一部「Cristina Gomes Max Planck Institute」で検索すると、研究機関のサイトが1位、当該論文の掲載サイトが2位に出てきました。

後で気づきましたが、3.のページにも「RELATED INTERNET LINKS」として両者へのリンクが張ってありました。

研究機関

Meat for Sex in wild chimpanzees|Max Planck Institute(2009年4月8日付)

www.mpg.de

研究論文

こちらで、全文(たぶん)が公開されています。

Wild Chimpanzees Exchange Meat for Sex on a Long-Term Basis|PLOS ONE(Published: April 8, 2009)

PLOS ONE

せっかくたどり着きながら、概要にざっと目を通した程度です。この研究を引き合いにして何か言いたくなったら、熟読します。

付記:「脳科学脳おじさん」茂木健一郎さん

研究そのものは、「脳科学界で話題となっている」かは別として、脳科学に全然関係ないと思われます。

放射線ならびに放射性物質に関してある種の性向を持つ人を「放射脳」と揶揄する言い方がありますが、そのならいでいくと、茂木健一郎さんは「脳科学脳」おじさんです。

おわりに

それぞれの情報に引用元が示されていたことで、順調に原典までたどり着けました。

この手の話題に言及する人は、出典情報の扱いを心得ている、ということなのでしょうか。

ありえない仮定ですが、世間にあふれる情報の大半がこれぐらいに出典をたどれるようになっていれば、今よりどんなにか生きやすい世の中であることでしょう。

ビバ出典!

スポンサーリンク
Google AdSense
Google AdSense

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google AdSense

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)