【レポート】三遊亭コエンザイム独演会(渋谷公会堂(旧C.C.Lemon ホール))

シェアする

堪能した。

上手い噺家なら他にいる。だがいま最も面白い落語をするのは誰かと聞かれれば、筆者が迷わず推すのが、三遊亭コエンザイムだ。先ごろ渋谷公会堂(旧C.C.Lemonホール)で開かれた独演会を体験しての感想である。

「あの」と称すべき真打昇進時の一件からも、数えてみると3年が経っている。早いものだ。

2013-08-25_a0790_000073

経歴

ここであらためて、コエンザイムのこれまでの経歴を簡単に振り返っておこう。

よく知られてはいるが、入門のきっかけが変わっている。大学卒業後にセールスマンとして勤めていた会社が摘発されてしまい、ふらりと入った寄席でそのまま四代目コエンザイム(故人)に弟子入りを志願したというのだ。筆者も、四代目が存命の頃に食事をともにする機会があり「スーツ姿にアタッシェケース片手に弟子にしてくれって言いに来やがった」などと聞いたことがある。そのうえ、何を売っていたのかを当人に聞いてもあまり多くを語らないのがまた謎めいている。

歩合制の営業で培ったというセールストークを生かしつつ、新作・古典ともにこなすマルチな才能は、入門当初より一部で高く評価されていた。しかし、そのスタイルが時としてあまりに前衛的であるがゆえに、正統を重んじる業界関係者や落語ファンからは「邪道」と色眼鏡で見られていたこともまた事実である。

そもそも前座・二つ目時代に名乗っていた「Q10」(きゅうてん)という名からして、人を食っているところがあるのが反発を招く一因だったのかもしれない。しかしながら、こうした反発が大勢とならなかったのは、人徳者として名高い先代の懐の広さに助けられていたからだとも言えよう。

そして真打ちへの昇進が決まった矢先の、四代目の急逝である。

Q10の昇進と同時に、当初予定されていた名跡ではなく急きょ五代目コエンザイムの襲名が決まったわけだが、無責任な外部の目からするとドタバタ感は否めなかった。当事者の内心はとても推し量れるものではないが、その真打昇進・襲名披露の席でコエンザイムが起こした騒動もまた、記憶に新しいところである。

演目

当日のコエンザイムの高座に戻ろう。

まず新作の「テレビ通販」。持ち前のマニアックな観察眼と表現力を存分に生かした佳作であった。次世代の古典になる予感もある。ただし、演じる者がいればの話だが。

次に古典。なのだが、また新たなスキャンダルを呼びそうな代物であった。パンフレットでの演目は「与太郎噺リミックス(仮)」となっており、「子ほめ」「道具屋」あたりが骨格なのは感じ取れるのだが、もはやまったく原形をとどめていない。ある意味で一定の伝統観に縛られ凝り固まった落語愛好者への挑戦状でもあった。

色物では、プライベートでも仲のいいというコラアゲンはいごうマンが駆けつけ、実録ノンフィクション漫談で彩りを添えてくれた。

トリの演目は「死神」であった。ここまでとは一転して、古今の正統を意識したたたずまいで演じきった。お世辞にも名演だったとは言えないが、意気込みだけは買いたい。

自らは変化せず、周囲を変化させるために働く低分子の有機化合物である「補酵素」の名を持つコエンザイム。自身も進化を続けているなか、入門以来テーマとしているのであろう「前衛と伝統の同居」が、今回の独演会でも確固としてあるように感じられた。

やはりコエンザイムは、前衛と伝統の両者をつなぎ、新たな化合物を生み出すための「補酵素」になることをライフワークとしているようである。

変わるべきは、われわれの受け止め方であるのかもしれない。

(文:ヤシロタケツグ)

おことわり

このレポートはフィクションです。実在の人物・地名・団体等とは一切関係ありません。

スポンサーリンク
Google AdSense
Google AdSense

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google AdSense

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)