驚いた。楽曲動画のタグを当ブログに貼り付けると金がいるぞ。

シェアする

こんにちは。用件はタイトルのとおりです。

序:細かすぎて伝わらないニーズ

突然ですが、僕には

  • サザンオールスターズの曲を大人数のママさんコーラスで聞きたい
  • それも《勝手にシンドバッド》みたいな、歌詞の詰まったやつで

という、世間で他にどれだけあるか不明な、細かすぎるニーズがあります。

Youtube で探してみると、近いものはありました。けれども、選曲が《TSUNAMI》みたいなバラード系だったり、選曲はありでも、僕の基準より人数が足りなかったりと、どれも自分のニーズと完全には一致していなかったです。

どっかの団体さん、歌って。

下調べして知った意外なこと

というようなことを、具体的な動画を紹介しつつブログ記事にできるかを下調べしていて、意外なことを知りました。それは、

音楽動画タグの貼り付け・埋め込みには、基本的に金がいる

ということです。

2013-08-20_a0001_005635

自サイト内で音楽動画を扱うなら知っておくべきこと

なぜ「音楽動画タグの貼り付け・埋め込みには、基本的に金がいる」ということになるか、それを説明します。

JASRAC(一般社団法人 日本音楽著作権協会)の「YouTubeなど動画投稿(共有)サイトで音楽を利用することについて」ページを見ると、こうあります(下線引用者)。

動画投稿(共有)サイトにアップロードされている動画を、いわゆるタグ貼付・埋込の方法で外部のサイト上で利用する場合は、別途、外部のサイト運営者において、許諾契約手続きが必要となります。

つまり、当ブログは当ブログで配信許諾手続きが必要ということです。

たとえ、誰それの公式チャンネルみたいに、アップロードされている元の動画が著作権上の問題をクリアした正当なものであろうと、関係ありません。

正当に投稿された音楽動画であっても、当ブログ内にタグを埋め込んでしまうと、別に許諾手続きが必要です。つまりは金が発生します。

あ、そうなの。これは驚いた。

ただし書きにも該当しない

もっとも、引用した文章の後にはただし書きがついていて、(下線引用者)

条件:個人が広告収入を得ずに運営するホームページ、ブログであること

を満たしていれば、許諾契約手続きは不要です。

しかし、当ブログではAdSenseもアフィリエイトもやりまくり三助です。それらの収入は月間で最低時給にも届きませんが、額の大小は関係ありません。

よしんば収入がゼロであっても、広告タグを貼り付けている限り、「広告収入を得ずに運営する」とは言えないでしょう。

要するに、適用除外の条件には該当しません。

どこかに読み違い、解釈違いの部分があれば、ご教示いただければ幸いに存じます。

もやもや感いっぱいのルールだが

雑に述べてしまいますが、このルール、時代に取り残された感が否めません。旧来の発想の延長をつぎはぎして間に合わせているだけに感じられます。

利害関係がない案件ならば、そのレジームで一生やってなさいと言いたくなります。付き合っていられません。

とにかくルールに対して、もやもやとした「そうじゃない感」を強く感じます。このまま、墨守しておけばいいものには思えません。

しかし時代に合っていないからといって、それを守らなくてよいという話にはなりません。

合っていないのならば、フィットしたまともなルール作りに向けて動くのが、まともな人間のふるまいというものです。

と言いながら、こちらに具体的なアイデアはありません。もやもやしています。

本題と無関係ないちゃもん

もやもやついでに、先ほどのJASRACのページでこの記事の本題と関係のないところに言いがかりをつけます。

2013-08-20_0806

ページにあるフローチャートですが、読みづらいことこのうえないです。僕みたいにものわかりが悪いと、理解するのに余計に時間がかかります。非生産的です。

なぜなら、ただでさえややこしい話を、余計にややこしく書いてあるからです。僕が思うに、論理の表裏がころころと入れ替わっていることが最大の問題です。

書き直したい。僕やりますよ。当然、有料です。

こちらからは以上です。

スポンサーリンク
Google AdSense
Google AdSense

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google AdSense

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)