日本は多民族国家です―8月4日「あすなろラボ」林修さん授業感想(3)

シェアする

こんばんは。林修ナイトの時間です。

「あすなろラボ」でのおデブ向け授業の感想シリーズその3です。

前の記事では、「日本人ばなれ」という言葉から日本人を考えました。この記事では「日本人ばなれ」を引きずりつつ、顔立ちを主な切り口として日本人の多民族性を論じていきます。

2013-08-08_a0001_006397

この記事で言いたいこと:Executive Summary

日本は多民族国家です。日本人たちの多様すぎる顔立ちを見ていると、そう思います。

※この記事は学術的な論証手順を踏んだものではありません。僕自身が勝手に思うことだけ書いてます。そのつもりでお読みください。

多民族国家ニッポン

日本は多民族国家です。

以下にそう思う例を並べます。

1.スポーツ選手

たとえば、スポーツ界で活躍する2人の日本人です。

  • テキサスレンジャーズのダルビッシュ有投手
  • ハンマー投げの室伏広治選手

どちらも恵まれた体格の持ち主と言っていいと思いますが、それを言い表すのに「日本人ばなれ」を使うのはためらわれます。ダルビッシュさんは父親がイラン出身、室伏さんは母親がルーマニア出身だからです。日本人離れしているのは、生まれつきです。

これは過去1世代だけをたどればいい例でしたが、現代よりも相対的に人の移動の速度が遅かっただけで、古来から列島内での地域地域で、外部からの人の移住と混血は起こっていたと思っています。

2.黒いサンタクロース

「黒いサンタクロース」と呼ばれる、クネヒト・ループレヒト(Knecht Ruprecht)をご存知でしょうか。

以下は、Wikipedia「クネヒト・ループレヒト」からです。(下線は引用者)

ドイツの伝統的な風習における、聖ニコラウスの同伴者(従者あるいは助手)。聖ニコラウスの日(12月6日)に聖ニコラウスとともに現れ、悪い子供を懲らしめる

クネヒト・ループレヒトの伝統的な振る舞いは、子供たちにお祈りができるいるかを尋ね、「できる」と答えた「よい子」に対してはりんごや木の実、ジンジャーブレッドなどをご褒美として与えるが、「できない」と答えた「悪い子」は灰袋で叩くというものである。

  1. ある特定の日に現れて
  2. 子供に何かを尋ね
  3. 悪い子を懲らしめる

といったら、日本ではこれです。同じくWikipedia から。

「悪い子はいねがー」「泣ぐコはいねがー」という荒々しい声を発しながら怠け者、子供や初嫁を探して暴れる。

そうですね。秋田のなまはげです。

大晦日に秋田県の男鹿市と三種町、潟上市の一部の各家々で行われる伝統的な民俗行事。本来は小正月の行事であった。(同)

だそうです。

あの地域には、いつかの時代に北欧からシベリアを経て移り住んできたアングロサクソン系の集団があったに違いないと僕はにらんでいます。「黒いサンタクロース」の習俗も一緒に持ってきたのでしょう。

3.秋田出身の女性芸能人

秋田出身と聞いて思い浮かぶのは、加藤夏希さんと佐々木希さんです。

Love Song―加藤夏希写真集
※画像は『Love Song―加藤夏希写真集』(2002)

佐々木希写真集/「nozomi」 (集英社ムック)
※画像は『佐々木希写真集/「nozomi」』(2008)

彼女ら2人の顔立ちには、どこかヨーロッパを感じます。佐々木さんの場合は、肌の質感もかな。いずれも異論は認めます。

探すと、秋田美人の構成要素として白人混血説に言及する書籍もあったりします(未読です)。

もっとも、2013年のいま「秋田出身の女性芸能人」代表といえばきっと壇蜜さんでしょう。壇蜜さんについては別のテーマで取り上げようと思います。

4.半島から来た人びと

身の回りの話をします。

僕はいま、兵庫県の西の方に住んでいます。母の出身地域でもあります。

地元の人の顔立ちは、僕がこれまで住んできたどの土地とも傾向が違います。これまで傾向の違いだけはうすぼんやりと感じていたのですが、最近になってようやく言語化できました。

ここは朝鮮半島です。実際行ったことはないですが。

半島への系譜を想う

地元の人のなかには、いわゆる「在日」何世かの方もいるでしょう。

それだけではなくて、系譜をたどれば、16世紀、秀吉の朝鮮出兵の時に朝鮮半島から連れ帰ってきた技術者らや、さらに言えば、8世紀以前に半島から渡ってきた渡来人にも連なるのではないか。

顔立ちの傾向から、そんな感触がします。地誌などに一切あたっていませんので、適当です。

余談ですが、母も年を取ってきて、年々オモニっぽくなってきています。

5.外国の方ですか?

嫁の話です。

このあたりで買い物やら何やらで外へ出かけると、嫁は何度となくこう聞かれるのだそうです。

「外国の方ですか?」

なんでやねん!と嫁は帰ってきますが、むべなるかなという面はあります。僕が思うに、理由は大きく2つあります。

ひとつは「言葉」です。

嫁は千葉県生まれHIP-HOP育ちなので、話せば地元の人間でないことはすぐわかります。地名などを無理に地元アクセントで言おうとしているのも逆効果なのでしょう。

そして決定的な理由は「顔」です。ひと言で言えば、この辺じゃ見ない顔だからです。

嫁の顔を有名人でたとえると、外枠のつくりがそっくりだなと思うのが、テレサ・テンです。

【ハ゛ーケ゛ンフ゛ック】私の家は山の向こう-テレサ・テン十年目の真実CD付
※画像は『私の家は山の向こう-テレサ・テン十年目の真実』(2005)

彼女は台湾出身です。中国大陸系の、それも南寄りの顔と言えるでしょう。朝鮮半島とは系統が違います。

6.海外で人気のAV女優

ひと口に「日本のAV女優」と言っても、中国・台湾・韓国で人気の人と、東南アジア、中でもフィリピン、インドネシアで人気の人とでは、顔立ちに大きな違いがあります。

それぞれの国でウケる外見の違いが知れて、とってもクールジャパンです。

まとめ

日本は多民族国家です。

民族間で「日本人」像が違っていても、なんら不思議ではありません。

スポンサーリンク
Google AdSense
Google AdSense

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google AdSense

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)