美人を「人並み外れた」と言うのは、統計的には間違いです

シェアする

こんにちは。

学問全体からいえば、確率・統計は比較的新しい分野だからなのでしょうか、われわれの直感に反することにしばしば出くわします。そんな話です。

ひとつ前の記事で、「人並み外れた美人」という表現を使いました。しかし統計的な見地から言えば、これは間違いです。

平均顔

「平均顔」というものがあります。

技術的なことは理解できていないので説明をはしょりますが、複数の顔の平均を取った顔のことを、こう呼ぶようです。

できあがった平均顔は、究極のとは言わないまでも、けっこうな美男美女になります。

平均顔ユーザーズガイド

※画像は「平均顔ユーザーズガイド」スクリーンショット

人並みと美人との位置関係

そうすると、「人並み外れた美人」がおかしな言葉になってきます。人並み外れたところに、美人はいないからです。

統計的には、美人は人並みのあいだにいます。

統計的に正しい美人の言い方 1

ですので、統計的な見地から美人を形容すると

  • 人並みのあいだにある美人
  • 人並みどまん中の美人

といったような言い方になります。これが統計的に正しい美人の言い方です。

直感ではすごく変ですけど、しかたありません。そこが統計の面白さであり、かつトリックが潜む場所でもあります。

統計的に正しい美人の言い方 2

顔の世界では、平均付近に美人ゾーンがあります。別の言い方をすると、「美人の顔偏差値は50前後」ということになります。

ですから受験の世界と違い、顔偏差値40の人ががんばって65まで上げても、ランクは上がらないと思われます。平均から遠くなっているので、むしろ下がっているかもしれません。

For more information,

平均顔について日本語のWeb を探した範囲では、上でも挙げた平均顔ユーザーズガイドが、コンテンツが充実していました。

スポンサーリンク
Google AdSense
Google AdSense

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google AdSense

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)