【メモ】虐殺への5つのステップ

シェアする

こんにちは。

夜中に、ビデオ映像の確認作業にテレビ受像機を使っていて、たまたま目に留まった番組で大事なことを言っていましたのでメモしておきます。

虐殺への5つのステップ

  1. 識別
  2. 排斥
  3. 剥奪
  4. 収容
  5. せん滅

番組情報

目に留まった番組とは、BS1「BS世界のドキュメンタリー」の、“アメリカン・ゲットー” 麻薬戦争と差別の連鎖 後編です。アメリカ(合衆国、以下同じ)での麻薬戦争を描いていました。

麻薬戦争について補足

ここでの「麻薬戦争」は、用語を聞いて浮かぶイメージと少し使われ方が違いました。上記リンクから引用します。

…麻薬撲滅政策が黒人社会に壊滅的な被害をもたらしていることが明らかになる。
黒人をターゲットにした麻薬犯罪の取締り強化と長期の懲役刑を強いる法の制度が大量投獄システムを作り出したことを背景に、現在アメリカの受刑者総数は220万人。セキュリティシステム、スタンガンメーカー、民間刑務所経営会社などを含む“刑務所産業”は急成長を遂げた。
ゲットーの住民たちが何世代も続く負のサイクルに苦しむ一方で、麻薬戦争の被害は、白人社会の底辺にいる人々にも到達し始めている。

黒人、さらには貧困層の差別の道具に「麻薬」が利用されているというのです。

麻薬戦争(war against drugs)とは、「麻薬撲滅政策の姿をしたゆるやかな虐殺に対する戦争」ということです。

アメリカはアメリカで、病んでいる国だと思います。

原典情報

前記サイトに原題が載っていたので、その「THE HOUSE I LIVE IN」の名前で探してみました。

原題をドメイン名にした、http://www.thehouseilivein.org/ というサイトが見つかりました。

元は、2012年アメリカ制作のノンフィクション映画のようです。

YouTube にトレーラーがありました。(英語)

以上、メモでした。

スポンサーリンク
Google AdSense
Google AdSense

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google AdSense

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)