感情に訴えるいいまわし方【読書メモ】

こんにちは。用件はタイトルのとおりです。

論争と「詭弁」』(1999)で香西秀信が「現代の奇書」と言及していた本、村田宏雄『オルグ学入門』(1982, 新装版2011)を読んでみました。

内容紹介より:

大衆を組織化し、より強力なパワーを発揮させることがオルグの目的である。勘や経験のみに頼る試行錯誤から脱し、普遍妥当な学としてのオルグ技術の開発を目指す画期の書。

なるほど現代の奇書かもしれません。

オルグ技術の一環としての「感情に訴えるいいまわし方」が面白かったので、メモがてらまとめておきます。

感情に訴えるいいまわし方―『オルグ学入門』より

第7章 感情オルグの技術(9)pp.157-160 のくだりです。

感情に訴えるポイントは

  • 接続詞の過剰挿入
  • 再表現
  • 反対結合
  • 強調点反復
  • イメージ語の使用

だそうです。

以下に、記述内容を再構成してまとめました。

接続詞の過剰挿入

「そして」という接続詞を意識してオーバー気味に使用する。

そうすると、聞き手の感情に訴える衝撃力が、それを使用しない場合より、より強力になる。

<例>「彼は私利私欲に目のくらんだ悪徳漢である」

→「彼は私利に目がくらんだひとです。そして、私欲のひとです。そして、彼は悪徳のひとです

というように告げた方が、彼の悪を印象づけるにはより強力となる。

以上、p.158

再表現

ひと言でいえばすむところを、わざわざ冗長度のあるわかりきった言葉でくりかえす。

<例>「私は彼の悪の事実を見聞きしている」

→「彼の悪を私はこの目で見ました。また彼の悪を私はこの耳でききました

感情に訴える場合、重要な部分は、冗長だと思っても再表現する必要がある。

以上、p.159

反対結合

対象の語句に、常日頃は結びつかない形容詞を結びつける。

<例>「おそろしくきたない」

→「おそろしくきれい

<例>「彼はロクな仕事をしたこともなく、遊んでばかりいた」

→「彼は真面目に遊んでばかりいて、熱心に仕事をサボった

以上、pp.159-160

強調点反復

強調したい語句を定め、反復する。

<例>不潔

不潔のひと」「不潔の彼」「不潔の士

こうすると、この言葉のみが聞き手の印象に深く残り、理由はともかく、そのひとがそのようなひとに思われてしまう。

反復は宣伝の常套手段である。

以上、p.160

イメージ語の使用

感情に訴える場合は、理論的説明は省略して、その感情を抱くようなイメージを聞き手にどうすれば与えることができるか、という点に専念すべきである。

<例>

「今これこれの理由で危機である」

→「今やわれわれは、ノアの洪水以来の危機である

<例>(相手を評価する場合)

「不誠実な男」

→「まむしのような男

動物と対比したほうがよい。

以上、p.160

考察

でも考えてみれば、人の心を打ち、感動を呼ぶスピーチとは、すべからく

  • 接続詞の過剰挿入
  • 再表現
  • 反対結合
  • 強調点反復
  • イメージ語の使用

ででき上がる気がします。

キング牧師の「I have a dream」「Let the freedom ring」しかり、スティーブ・ジョブズの「Stay hungry, Stay foolish」しかり。

まとめ

「現代の奇書」を著したマッドプロフェッサー村田宏雄によると、感情に訴えるには、

  • 植えつけたいイメージと、
  • そして、強調したい語句を定め、
  • それを冗長な言い方で、
  • 斬新な修飾語と結びつけて表現を彩りつつ
  • そして、くり返しくり返し、
  • 何度も何度もくり返し、
  • 実直に、誠実に訴えつづける

ことが有効だそうです。ちょっと取り入れみました。いかがですか?

みんなでマッドプロフェッサーが遺した素敵なノウハウを活かして、まじめに人を貶め、一億総ハッピーライフを目指しましょう!

以上です。

スポンサーリンク
Google AdSense
Google AdSense

フォローする

スポンサーリンク
Google AdSense