「若くして夫を亡くした妻たち」専用掲示板の書き込みが生々し過ぎると一人だけ話題に

シェアする

こんにちは。用件はタイトルのとおりです。

要約

要は、こちらのBBSへの書き込みが濃すぎるぞという話です。

NPO・配偶者と死別掲示板コミュニティ
shibetu.strikingly.com/

2015-06-07_0730

同じように若くして夫や妻、配偶者と死別された方同士、悲しみを共有し励まし合いましょう。

だそうです。

なお「NPO」と冠が付いていますが、実態は定かでありません。

きっかけは、死別説への疑問

前々からこんな疑問を感じています。

あまりに「死別」への異論が出てこないので、実際、夫を亡くした妻に何が起こるか、そこを知りたくなりました。

で、見つけたのが前述のサイトというわけです。

生々し過ぎる「若くして配偶者と死別」専用BBSの書き込み

2種類の掲示板をご用意しました。

ということで、設けられていた次の2つを見ていきました。

書き込みの数は多くありませんでしたので、全部目を通しました。のですが、

いやいやいや、なんだこれ。

リアルで生々しくて、とにかく濃いです。濃すぎです。

あとは実際見てもらえばわかるという話ですが、以下、特に生々しいところをピックアップしておきます。

生々し過ぎる書き込みセレクション(1)「悲しみ共有の掲示板」編

先に、悲しみ共有の掲示板の方からです。

idと書き込み日時のタイムスタンプを足します。

[55] 2015年03月27日(金)23時11分

2012年12/25大安 クリスマスなら記念日を忘れないだろうと入籍をし2013年2/11私の憧れだった結婚式場で結婚し皆さんに祝福され夫も最後の挨拶でどんな事があろうと妻を守って行く…そう言ってくれたのに…

2013年10/7夫は自殺しました。

前日の昼前(日曜日)に、ちょっと出掛けてくると言って夜中になっても帰らず深夜2時に電話で話したのを最後にその後朝まで何度電話しても出ない。

何が起こっているのか分からないまま昼前に警察から電話が…
あなたのご主人が首吊り自殺したと…

私が、この書き込みを「マジなやつ」だと思うのは、細部に体験者ならではと思えるリアリティが織り込まれているからです。

たとえば次のくだり。

訳が分からなくて私は、どこの病院行けばいいんですか?と言っていた…
警察に来て下さいと言われ…

フィクションでこのディテールが書ける人がいたらすごいです。少なくとも私は、ドラマや小説のなかで、夫の死を唐突に聞かされた妻がこのように尋ね返した例を知りません。

残酷だけど哀しみに浸る時間など無く葬儀の準備。

葬儀の間、ずっと私達の幸せそうな写真がモニターに映し流され…

新婚の私には結婚式とハネムーンで行ったハワイで幸せいっぱいの笑顔の私達の写真しか無くて会場内には結婚式で使ったラブソングが流れ…

虚構の作品なら「さすがにそれはないわ」と作者が躊躇するような、なんでやねんの残酷さです。

警察の人の話では高さ2メートルくらいの木に紐で首を吊っていたと言う。
それ以来、木を見るのが辛くなった。

きっと夫を失った穴を埋めることは無理なんでしょうね。
こんな体験、想いを抱えて私はこれからも生きて行かなくてはいけない事が辛い…

お察しします。

[48] 2015年02月19日(木)22時39分

ここからは、引用部に引いたアンダーラインをもってほぼコメントに代えさせていただきます。

初めて書き込みさせていただきます。
お付き合い期間約3年、結婚して半年。
前月下旬に主人を交通事故で亡くしました。
主人は36歳、私は33歳、子供はいません。
正直、まだ訳がわかりません。でも頭ではわかってるんです。
けどわからない
……そんな毎日です。

今の私は、親族以外の人と話をしていると、気がまぎれます。
なので、友達には「心配したけど元気そうで良かった」と言われます。
これがキツイです。
作って元気にしてるつもりは全くないけど、先程も書いたように
気がまぎるし、寂しいやら悲しみやらから少しだけ解放されてるだけなんです。
決して、毎日元気で楽しく生活している訳ではないんだと……。

なるほど。いろいろな面で気持ちと実際の状態とが正反対になってしまうわけですね。

あともう1つは、義理の両親が、義理の両親と私の気持ちは一緒!と言わんばかりにまた違う悲しみやらを私に押しつけてくる感じ
なんて書けばいいんだろ…。上手に書けなくてごめんなさい。
私自身の気持ち(配偶者を亡くした気持ち)にプラスして義理の両親の気持ち(子を亡くした親の気持ち)がのしかかってくる感じ
我が子を亡くしたら、それはそれでめちゃくちゃ辛いのはわかりますが…。
幸い?義理の両親とはうまくいっている方だと思います。
けど、辛いんです…。正直、重いんです…。

うわー、リアル。


これを含め、いくつかの書き込みから、夫の死から時が経つにつれ「夫の実家との問題」が浮上することがわかりました。

[17] 2014年03月15日(土)14時58分

ことの真偽はわかりませんけれど、匿名にだからこそ宿るリアルです。

旦那さんの両親が生きてると大変なこともあるのね。
私のところは全員津波で流されました。
皆さんの書き込みを見て、
死んでくれてよかったのかもしれない。
と思ってしまった。

[18] 2014年03月15日(土)15時00分

反射的に返信してしまって後悔しているのですが
削除の方法おしえてください?

[23] 2014年03月17日(月)10時39分

ミヤタマホさん
教えてくれてありがとう。
パスワード忘れて削除できなかったけど
本当にそう思ったから
わたしの気持ちとして残しておいていいかな。

妻しかいないのもリアル

そしてここの掲示板、「配偶者と」若くして死に別れた人が対象であるにもかかわらず、書き込みがほとんど「妻」側なのも妙に納得です。

男は書かないよねこういうことね。なんだろうね。

生々し過ぎる書き込みセレクション(2)「天国の愛する人への手紙」編

もう一方の、天国の愛する人への手紙掲示板からです。

[11] 2015年03月28日(土)00時00分

健ちゃん
あの時、健ちゃんは何を想い自ら命を絶ったの?
今でも遺書もないから分からない。

病で亡くなるのも事故で亡くなるのも残された者は辛いと思う。
でも、何故ある日突然なんの素振りもなく自殺なんてして私を置いて行ったのか分からなくて私は辛いよ。
結婚式で誓い合ったのに…
誓ってから8ヶ月で私を独りにしちゃうなんて…

今でも結婚式の幸せそうな私達の写真を見ると健ちゃんがこの世に居ないなんて信じられないよ。

お墓に行っても、ここに健ちゃんがいるなんて信じられなくて、ただ墓石見てるだけなんだよ。

「ただ墓石見てるだけ」って、なんかわかる。墓にいると思ったこともないし。

私達はどうしてこんな運命になってしまったのかな?

私の人生がこんな運命なんて悲し過ぎるよ。

まあ、思ってしまいますよね。

次からは「全文丸投げ」します。

[10] 2015年03月15日 (日) 16時16分

抱っこしてほしい。ただそれだけ。

[6] 2014年10月10日(金)23時13分

まだ2 ヶ月? もう2ヶ月?
入籍して4ヶ月… 出会って4年… あなたは42歳 私は34歳。
入院して半月…。もっと病気と戦えたらお互い少しは受け止められたかな??
なにもいらないから、もう1度話したい。ただそれだけ。
まだ前なんてむけないよ。
現実を理解するだけでもそれだけの事すら今は頑張ってるんだから。
お葬儀の事、よく覚えてないの、記憶力わるくなったのかな?
忘れたくないのに…。
いつか必ず会いに行くからその時は抱きしめてね。

そうなんですね。

これもまた、気持ちと実際の状態とが裏腹になってしまう実例でした。

[2] 2014年03月11日(火)11時14分

永遠の26才のあなたへ

やっとあなたよりも大切な人ができました。
あの日、私だけ生き残ってごめんなさい。でも何度もあなたには追い返されてるね。ごめんなさい。私はもう彼と新しく生きるよ。
あなたは大切だよ、特別だよ。お供えもするし、夢にもたまに来てくれるね。
心配しないでね。

愛想つかされてもいい。
ありがとう。

幸せだったよ。でももっと幸せになるから。
新しい指輪をはめた元嫁より

引用しておいてなんですけど、これだけは半信半疑度が高めです。

もしかして、自分の経験ベースないしはゼロベースで作ってんじゃないの?と疑ってしまうのは、話がありがちすぎるうえ、ディテールの書き込みが足りないからだという分析です。

本当なら「そうでしたか。こりゃ失敬」ですが。

以上、そんなところです。

あとがき

かつて有吉弘行さんは、「ブレイクするっていうのは、バカに見つかるってこと」と喝破しました。(アメトーーク, 2009/03/05 OA)

掲示板の側からすると、今回バカに見つかったわけですが、私程度のバカに見つかってもどうってことないでしょうから、盛大に騒ぎました。必要な人に届く可能性の方に賭けます。

あとはいらぬ自分語りです。

これも、女の社会は「共有」と「共感」

以前、テレビ番組で林修さんが

  • この社会で必要な2つの能力とは、「解決」と「創造」

と「勉強嫌いのヤンキー」たちに授業していました。

的を得ている面もありますが、これは男社会の発想です。

  • 女の社会で必要な能力といえば、とりもなおさず「共有」と「共感」

なんだよなと、第2弾の「子育てに悩むお母さん」向けの授業を見てつくづく感じました。こちらにまとめています。

女の社会で必要な2つの能力―7月14,28日「あすなろラボ」林修さん授業感想(2013/07/31)

この記事で見た2つのBBSも、女の社会でした。

「未亡人」ではなかった女たち

はじめ「未亡人」をキーワードに加えて検索してみたら、まったく不調でした。

「未亡人」は完全に男のキーワードでした。理由はやればわかります。

それも今では思い出です。

夫たちへ

最後に夫たちへ一言。

死ぬな

おわり

スポンサーリンク
Google AdSense
Google AdSense

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google AdSense

コメント

  1. 通りすがり より:

    悲しい記事をとりあげて、この記事を書いた人はなんとデリカシーのないひとなんでしょうね。
    自分の大切な人がなくなって、こんなふうに書かれてもきっと平気な人なんでしょう。
    興味津々で、好奇心は満たされましたか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)