Windows Live Writer のプラグインを使い、過去の記事を個別に取得して編集する

シェアする

こんにちは。

2013-06-14_a0002_011235

Windows Live Writer の使い勝手がよく、ブログエディタとして重宝しています。

作成中に記事の単語数が出ることもいいです。自分の場合ついつい記事が長くなりがちなので、読み手の負荷を考えるとよい指標になります。

もっとも過去記事数が増えてくると、過去の記事になるほどサーバーから記事の一覧を取得するのに時間がかかり、時には取得ができない場合もあるみたいです。これは将来のリスク要因です。

そこで、ブラウザで編集対象の記事を開き、そこからWindows Live Writer を起動する手順を練習しておくことにしました。

準備

WLW Post Downloader Plugin をダウンロードし、インストールしておく

ブラウザから対象の記事を開いてWindows Live Writer を起動する

  1. ブラウザで編集したいWeb ページを開く
  2. ブラウザのロケーションバー内で、パーマリンクのURL を次の書式に書き換える
    wlw://
    [サイトのアドレス]/
    ?postid=yourPostId
  3. Windows Live Writer が起動されるので編集を進める

Chrome ではダメでした。Internet Explorer ではできました。このときだけIE を使うことにします。

yourpostID は数字です。 当ブログの場合だと、
wlw://www.poc39.com/?postid=123
のようになります。

参考にしたページ

次のページを参考にしました。ありがとうございます。

スポンサーリンク
Google AdSense
Google AdSense

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google AdSense

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)