さかのぼり日本史風『歴史をかえた誤訳』の歴史【小ネタ】

シェアする

こんにちは。

さかのぼり(日)本史

鳥飼玖美子さんが同時通訳者としての視点から書いた、ある1冊の本の歴史をさかのぼります。

2014-03-09_N201103272000000_l

※画像は、さかのぼり日本史 昭和 とめられなかった戦争 第2回 日米開戦 決断と記憶(2011年放送)|NHKオンデマンド より

1.『歴史をかえた誤訳』(新潮文庫, 2004)

2.『歴史をかえた誤訳』(新潮OH!文庫, 2001)

3.『ことばが招く国際摩擦』(ジャパンタイムズ, 1998)

中身は同じです(たぶん)。

歴史の本かと言えば、NO

当初、言語間のミスコミュニケーションをテーマとした英語にまつわる読み物だったのが、新潮社に版権が移って「歴史」推しの衣と煽り文句とをまといました。

1.のAmazon の「内容紹介」より。

原爆投下は、たった一語の誤訳が原因だった──。

この記述、「英語話の読み物」の範疇なら「かもね」のお話として見過ごせます。講釈師の軍談ものと受け取っておけばいいからです。

しかし残念ながら、「歴史」の検証にたえられるものではありません。事実ではないからです。

詳しくはまたの機会に。

スポンサーリンク
Google AdSense
Google AdSense

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google AdSense

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)