「焼肉甲子園」CM出演者の甲子園出場記録を調べてみたら、「スチール」の意味がわかった話

シェアする

こんにちは。

CMでの新たな用例から今一度甲子園について考えたくなり、Wikipedia だけで雑に調べてみました。その結果報告です。

2014-02-28_a0002_003147

焼肉甲子園

サントリー ウーロン茶「焼肉甲子園・スチール篇」のCMがOAされています。(2/25から)

こちらで15秒、30秒、60秒の各バージョンが視聴できます。

2014-02-28_1422
サントリーウーロン茶の動画一覧|サントリーチャンネル(suntory.co.jp)

それらに加えて、YouTube の公式チャンネルではメイキング映像も公開されています。

2014-02-28_1419
再生リスト:サントリー ウーロン茶|サントリー公式チャンネル(YouTube)

選曲もうまい

使われているBGMが《タッチ》(岩崎良美, 1985)のブラスアレンジというのも、「甲子園」に沿って考え抜かれたチョイスに思います。うまいです。

なお忘れてはいけない点ですが、このCMは甲子園でも焼肉でもなく、烏龍茶のCMです。

「焼肉甲子園」出演者の甲子園をたずねて

CMでは、元プロ野球選手の方が4人出演されています。30秒、60秒バージョンでは「元高校球児たちの焼肉バトル」と実況されてもいます。

出演の4人について、本来の意味での「甲子園」はどうだったのか、気になったので調べてみました。

学年の若い順に、氏名、生年、出身高校(在籍年)、甲子園出場記録について記していきます。

新庄剛志(1972年生まれ)

福岡・西日本短期大学附属高等学校(1987-1990)

出場経験なし

佐々木主浩(1968年生まれ)

宮城・東北高等学校(1983-1986)

出場3回(春1・夏2)

1984年夏(第66回) 3回戦敗退

○ 8-2 柳井(山口)
○ 2-1 日大一(東京)
● 2-5 岡山南(岡山)

1985年春(第57回) ベスト8

○ 5-0 堅田(滋賀)
○ 3-2 明野(三重)
● 0-1 池田(徳島)

1985年夏(第67回) ベスト8

○ 2-1 福井(福井)
○ 8-1 佐賀商(佐賀)
○ 4-1 東洋大姫路(兵庫)
● 5-6 甲西(滋賀)

江川卓(1955年生まれ)

栃木・作新学院高等学校(1971-1974)

出場2回(春1・夏1)

1973年春(第45回) ベスト4

○ 2-0 北陽(大阪)
○ 8-0 小倉南(福岡)
○ 3-0 今治西(愛媛)
● 1-2 広島商(広島)

1973年夏(第55回) 2回戦敗退

○ 2-1 柳川商(山口) 延長15回
● 0-1 銚子商(千葉) 延長12回

達川光男(1955年生まれ)

広島・広島商業高等学校(1971-1974)

出場2回(春1・夏1)

1973年春(第45回) 準優勝

○ 3-0 静岡商(静岡)
○ 1-0 松江商(島根)
○ 1-0 日大一(東京)
○ 2-1 作新学院(栃木)
● 1-3 横浜(神奈川) 延長11回

1973年夏(第55回) 優勝

○ 12-0 双葉(福島)
○ 3-0 鳴門工(徳島)
○ 3-2 日田林工(大分)
○ 7-2 高知商(高知)
○ 7-0 川越工(埼玉)
○ 3-2 静岡(静岡)

わかったこと:41年目の「遺恨」を表す「スチール」

調べてみて、CMの「スチール」の意味がわかりました。

「スチール篇」のなかで江川、達川両氏の見せる小競り合いは、足かけ40年を超える「遺恨」を表現しているのです。

2人は同学年で、甲子園出場経験も同じく2回、しかも2回とも同一の大会です。

江川さんは高校時代に既に「怪物」としてその名をとどろかせていました。Wikipedia「江川卓(野球)」には、彼が甲子園で初めて投げたセンバツの1回戦のもようが、このように書かれています。

強打北陽高校打線の(略)上位打線が1人もバットにボールをかすることすらできず、(略)あまりの実力差を見せつけられ、甲子園球場は異様などよめきに包まれた。続く5番有田(近鉄)がこの試合23球目に初めてバットにボールを当てると(一塁スタンドへのファウル)、有田に対して超満員の観客から大きな拍手が巻き起こっている。

ピッチャー江川の球に対戦チームの打者が初めて当てただけで、観客から拍手が起こったというのです。

ところが甲子園でのチーム成績で見ると、達川さんの広島商業の方が2回とも上回っています。両校は1973年春の準決勝で「直接対決」していますが、そこでも広島商業が「怪物」江川を擁する作新学院に勝っています。

敵なしかと思われていたほどに前評判の高かった「怪物」江川卓の作新学院。しかし彼が甲子園に出た2回の大会で、2度とも決勝まで残り、うち1度で優勝をさらったのは、達川光男のいた広島商業だった。そんな構図です。

勝手に「写真で一言」

以上をふまえて、くだんの小競り合いのシーンに台詞を付けてみるなら、こんな感じでしょうか。

※画像は、サントリー ウーロン茶『焼肉甲子園・スチール』篇 15秒 より

2014-02-28_1437

「タツ、なんで食べちゃうんだよ」
「江川よ、野球も焼肉もチームプレーじゃけぇのお。ひとりでするもんじゃなかろうて」

そういえば、『タッチ』で南を甲子園へ連れていったのも、卓ちゃんではなく、達ちゃんでした。

出典一覧

記載データについてはWikipedia の次の各ページを参照しました。

新庄剛志佐々木主浩江川卓(野球)達川光男

  • 第45回選抜高等学校野球大会(1973)
  • 第57回選抜高等学校野球大会(1985)
  • 第55回全国高等学校野球選手権大会(1973)
  • 第66回全国高等学校野球選手権大会(1984)
  • 第67回全国高等学校野球選手権大会(1985)
  • スポンサーリンク
    Google AdSense
    Google AdSense

    シェアする

    フォローする

    スポンサーリンク
    Google AdSense

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)