あえてグールド以外から選ぶ、J.S.バッハ「6つのパルティータ」各曲のピアノ名演

シェアする

こんにちは。iTunes Store で試聴して選ぶシリーズです。

バッハの「6つのパルティータ BWV825-830」の好きなピアノ演奏を、1曲ごとに合計6つ選んでみました。

2014-02-08_piano-keys-7962_640

あえて「グールド以外」で

選択には、「積年の恨み」を晴らす意味も込めて、あえてグレン・グールド盤を外すことにしました。と言っても、恨みの対象はグールドの演奏ではありません。そちらに何の非もありません。

昔話になります。

バッハの器楽曲をいろいろと聴きはじめた頃、レコード芸術から出ていた名盤紹介の類を見ると、鍵盤曲に関してはことごとくグレン・グールド盤が推薦扱いでした。いいのは確かだけれども、「他にないんかい」という不満を募らせておりました。そんな「積年の恨み」があるのです。

それを、幾星霜を経た今ここで晴らします。

それでもグールドは

それでもグールドはテッパンです。初めてパルティータの全曲を聴くのなら、最初の選択肢としてグールド盤は決して間違っていないと思います。

「まずはこれをふまえて」という意味で、紹介しておきます。

まずはこれをふまえて:グレン・グールド

J.S.バッハ:6つのパルティータ BWV825-830(1726~1730)

グレン・グールド(Glenn Gould)(1932-1982)

()内は録音年です

  • 第1番変ロ長調 BWV825(1959)
  • 第2番ハ短調 BWV826(1959)
  • 第3番イ短調 BWV827(1962)
  • 第4番ニ長調 BWV828(1962, 1963)
  • 第5番ト長調 BWV829(1957)
  • 第6番ホ短調 BWV830(1957)

収録アルバム例

意外にも、iTunes Store には全曲盤のアルバムがありませんでした。レーベルがソニー系列だから?

Amazon へリンクしておきます。試聴できます。

あと、古い録音の第5番・第6番の収録盤です。

グールド以外から選ぶ、J.S.バッハ「6つのパルティータ」各曲のピアノ名演

ラインナップは次のとおりです。()内は録音年です。

  • 第1番変ロ長調 BWV825:ディヌ・リパッティ(1950)
  • 第2番ハ短調 BWV826:マルタ・アルゲリッチ(1979)
  • 第3番イ短調 BWV827:ロザリン・テューレック(1957, 1958)
  • 第4番ニ長調 BWV828:イルマ・イサカーゼ(2010)
  • 第5番ト長調 BWV829:ウラディーミル・アシュケナージ(2009)
  • 第6番ホ短調 BWV830:ロザリン・テューレック(1957, 1958)

収録アルバム(例)も全体でリンクしておきます。他の曲も含まれていますが、「よそ見」もまた楽しです。

第1番 変ロ長調 BWV825

ディヌ・リパッティ(Dinu Lipatti)(1917-1950)1950

この曲というより、この変ロ長調という調性を代表するような演奏です。「変ロ長調ってこんな子」と教えてくれます。

収録アルバム例

それがバッハか?となると意見は分かれそうですが、リパッティのバッハはどれも「美人」です。

第2番 ハ短調 BWV826

マルタ・アルゲリッチ(Martha Argerich)(b.1941)1979

静と動の対比鮮やかな、躍動感あふれかえる荒ぶるバッハです。ラスト2曲は並みのロックよりノレるし、ロックスターよりも全然かっこいい。

収録アルバム例

終曲カプリッチオの最後の音が鳴り終わった瞬間、抱いて!と叫びたくなります。

第3番イ短調 BWV827

ロザリン・テューレック(Rosalyn Tureck)(1914-2003)1957, 1958

演奏がグールド的。しかもグールドよりリズムがキレッキレのパッキパキ。

収録アルバム

第6番ホ短調 BWV830

ロザリン・テューレック(Rosalyn Tureck)(1914-2003)1957, 1958

同じくテューレック盤を選びましたので、先に6番を。

気持ちよくうねるバッハ。3番ほどキレッキレじゃないものの、これもパッキパキです。録音の時期と演奏の似方からすると、18歳年下のグールドと互いに影響を与え合っていたのかなという気もします。

あと4番5番は「あえて挙げるなら」レベルです。どちらもいいですが、まだグールド盤も捨てがたいです。

第4番ニ長調 BWV828

イルマ・イサカーゼ(Irma Issakadze)(b.1976)2010

僕のニ長調のグランドイメージは「ひまわりの花」です。それにいちばん近いです。

収録アルバム

第5番ト長調 BWV829

ウラディーミル・アシュケナージ(Vladimir Ashkenazy)(b.1937)2009

音の粒立ちが整っていてきれいです。この曲に合った音です。

収録アルバム

実を言うと、つかみどころがなくて6曲の中でほぼ唯一気持ちの動きにくい曲です。

おわりに

もっといいの知ってるぞという方は、お知らせいただければ幸いです。

こちらからは以上です。

スポンサーリンク
Google AdSense
Google AdSense

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google AdSense

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)