こんな全国チェーン知ってた? 丼ぶりとうどんの「なか卵」

シェアする

こんにちは。

日本の外食産業は豊かです。でもGoogle の検索機能はもっとリッチです。そんな話です。

2014-02-06_a0001_004242

※写真と本文は関係ありません

なか卵?

お昼どきに、こんなツイートを見かけました。

なんか外食の話みたいですけど、「なか卵」って初めて聞く名前です。さっそくGoogle で検索してみました。

知らなかった!「なか卵」チェーン

会社概要の「事業の目的」には、こうありました。

「丼ぶりとうどん」を主力メニューとした
ファストフード店、及びそのチェーン本部の経営

同じページによれば、チェーン全体の売上高は345億円(2012年3月期)。2013年3月末時点の店舗数は482店舗です。

店舗検索で探してみると、店舗のある都道府県は全部で37。九州・沖縄を除く全国に展開されています(九州では熊本・鹿児島のみ)。

けっこうな全国チェーンなんですね。全然知りませんでした。

参考:「なか卵」のない県(全10県)

ちなみに、「なか卵」の店舗がひとつもない県は次のとおりでした。(店舗検索結果による)

  • 長野
  • 和歌山
  • 島根
  • 徳島
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 大分
  • 宮崎
  • 沖縄

ボケました。

って、もうええわ。

そうです。「なか卯」のことです。

2014-02-06_1434

職場が店舗に近かったときは、よく夕飯を食べに行ってました。親子丼が好きです。

そうです。僕が知らなかったのは、「なか卵」というボケ方があることです。

リンク集―「なか卵」の検索結果から

Google の検索結果上位から、2つリンクをします。

この(a)(b)から、用例のパターンをいくつか拾っていきます。以下の(a)(b)はこれらを指します。

「なか卵」ボケの3パターン

見たところ、「なか卯」を「なか卵」とするボケには少なくとも3パターンあることがわかりました。

用例と一緒に述べます。

1)芯までマジボケ

  • 「なか卯」を「なかたまご」と読む。
  • 自分で書くのも「なか卵」。

(a)の質問内容です。

牛丼のチェーン店で「なかたまご」とゆうお店はありますか?
同僚の子が、「なかたまご」の親子丼がおいしいと言っていたのですが、あまり聞いたことがないお店の名前なので…。

質問者の言う「同僚の子」がこのパターンです。恐らくこの「同僚の子」は「なか卵」と書くでしょう。

2)プッチボケ ~ マジボケ のどれか

  • 「なか卯」を「なかう」と読む。
  • 自分で書くのは「なか卵」。

上で引用したツイートをされた方もこのパターンだったようです。

次の用例には舌を巻きました。(a)でのベストアンサーに対する「質問した人からのお礼」から。

皆さん、有難うございます。
「なか卵」でなかうとゆうんですね!
似ているので、わたしも間違えてしまいそうです。

お礼でボケるという、きわめて高度な芸です。ベストアンサーは後ほど紹介します。

3)確信犯的ボケ

  • 「なか卯」を「なかう」と読む。
  • 自分で書くのは、あえて「なか卵」。

2005年のものですが、(b)に

携帯厨は(変換が面倒なので)なか「卵」と書くことが多いみたいだ

とする書き込みがありました。

cf. ボケなしパターン

比較対照用に、ボケなしのパターンも書いておきます。

  • 「なか卯」を「なかう」と読む。
  • 自分で書くのも「なか卯」。
  • 「卯」と「卵」は、別々の字。

(a)の「ベストアンサーに選ばれた回答」の抜粋です。

ただしくは、「なか卯」(なかう)ですよ。

卯=うさぎの「う」
卵=鳥の「たまご」
「、」のある無しで、「たまご」になったり「うさぎ」になったりしますので、気をつけてください。

マジメななあ。

余談:驚きの長寿スレ

驚いたことに、(b)の2005年付の2ちゃんねるのスレッド、まだ有効です。

本日(2014/02/06)現時点での書き込み数は349、最終書き込み日付は2014/01/26(日)です。余談でした。

ボケに乗らないGoogle―マジメか?

ところで、Google は全然ボケに乗ってくれません。

たとえば、小さいものだと「マックスランク」、大きめだと「業界類」、こうボケ検索しても、全然乗ってくれません。マジなやつを返してきます。「次の検索結果を表示しています」というやつです。マジメか。

そのとき、元のボケはひとつ下の行に「元の検索キーワード:」として小さくリンクされています。「ボケに乗ってほしいならこっち」というわけですね。

時系列上でのしっかりした測定はできていませんが、年々、その傾向は顕著になっている気がします。「どんどん乗ってくれなくなった」というのがより正確な言い方です。

Google、「なか卵」ボケを完全無視

なか卵」ボケに至っては、完全に無視です。検索結果に「元の検索キーワード:」すら出しません。

2014-02-06_1522

厳密には、Google のリアクションは恐ろしくスマート

いま「完全に無視」と書きましたが、この表現は事実を厳密に表せていません。

というのも、Google は「なか卵」の検索結果として、「なか卵」も「なか卯」も両方フラットに返してくるからです。両者をいったん同一視して、そのうえでランキングを付けている様子です。

「なか卵」と振られた場合の返し方としては、想定される様々なニーズをふまえた、バランスの取れたベストアンサーだと思います。

恐ろしく知的です。

まとめ

  • 日本の外食産業は豊かです。
  • 日本の間違いも豊かです。
  • Google の検索結果もリッチです。
  • ボケ検索に対するGoogle のリアクションは恐ろしく知的です。
  • もはや人間どもは、Google に完全に置いていかれています。
スポンサーリンク
Google AdSense
Google AdSense

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google AdSense

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)