草葉の陰は死体置き場

シェアする

こんにちは。

この記事で言いたいこと

「草葉の陰」は死体置き場と考えた方が筋が通ります。

2014-01-28_006

浄相の持続」(松井冬子, 2004)

『字統』での発見

うちには漢字の字典がなかったので、今さらながら白川静先生の『字統』を買いました。

最初に読んだのは「死」の項です。エロい言葉を引きたがる中学生と発想が変わりません。

「死」

うれしいことに、さっそく発見がありました。

人の死するや、まずその屍は草間に棄てられた。風化を待つためである。

だから「草葉の陰」なのですね。はじめてこの言葉の意味が納得できました。

そして風化した骨をとって葬るので、いわゆる複葬の形式をとる。

のだそうです。

葬は死(屍)の草間にある形。

とも。なるほど、それでくさかんむりなのですね。

いろいろ理解がクリアになりました。

2014-01-28_2320

※画像は、紙本著色九相図(部分)(14世紀) 九州国立博物館収蔵品デジタルアーカイブ より

国語辞典の説明はいまいち

そうしてみると、国語辞典での「草葉の陰」の説明は、やや、ピントが外れている感が出てきます。

《草の葉の下の意から》墓の下。あの世。 (goo辞書:デジタル大辞泉)

(2)墓の下。あの世。草の陰。 (kotobank:大辞林 第三版)

手持ちの電子辞書含め、見た範囲ではどれも「墓の下」という説明を入れていました。しかし「墓の下」ですと、どこを指すのかがあいまいです。

1)「墓の下」を「地面の下」の意味に取ると、草葉の「陰」と合わないです。

陰(かげ)というのは「隠れた所」であるはずです。草を分ければ、あるいは別のところへ回れば、視界に現れるという意に取るのが自然でしょう。

2)「陰」を生かして「草に隠れた、お墓の土台の部分」という意味に取るのも変です。

草に隠れていてもそこはあくまで地面の上であって、「そこに私はいません」という話だからです。

3)さらに、そもそも「墓」は適切なのかということにもなります。死人がそこに「眠ってなんかいません」という話もありますし、墓と草葉の結びつきが、こじつけにも見えてきます。

「草葉の陰」本来は「死んでから風化するまで」になる

『字統』での「死」の項の説明からすると、本来「草葉の陰」が使えるのは、「死んでから草葉の陰に置かれて骨になるまでの期間」という話になります。

まとめ

当分の間『字統』で遊べそうです。

白川静先生は偉大です。

スポンサーリンク
Google AdSense
Google AdSense

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google AdSense

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)