生産性の法則を数式で表現しました

シェアする

こんにちは。生産性をめぐる議論に斬り込むつもりです。

参入にあたり、生産性を定義し、数式で表現しておきます。

productivity

生産性の法則

成果とは、コストと生産性の積です。

成果=コスト×生産性

です。

それっぽいアルファベットで表すと、

E = CP

です。

説明

同じコストでも、生産性が高いと成果は大きくなります。

また、成果が同じでも、コストがより小さければ、生産性が高いと言えます。

命名

これを、電圧が電流と抵抗の積であるという関係を示した「オームの法則」にならって、生産性の法則と呼ぶことにします。

生産性を示す式:P=E/C

生産性の法則の式を、生産性Pを示すように変形します。

生産性 = 成果/コスト

ですから、

P = E/C

です。

生産性をめぐる議論の問題点

生産性を示すこの式自体に、おそらく大きな異論は出ないかと思います。

問題なのは、何を「成果」「コスト」として計上するかです。

両者の計上基準が論者間でばらばらであること、あるいは論者自身が定義すらしていないことが、生産性をめぐる議論に混乱をもたらしている一因だと考えます。

というわけで、近いうちに具体論に入る予定です。

スポンサーリンク
Google AdSense
Google AdSense

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google AdSense

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)