「写真で一言」の答え方には6種類ある

シェアする

こんにちは。

体系的に把握している方は多くないように思えますので、書いておきます。

この記事で言いたいこと

大喜利のお題である「写真で一言」には、6種類の答え方があります。

  • その一言が「どこから」出ているかで2種類
  • 「どこへ」向かっているかで3種類

この組み合わせで2×3=6種類となります。

2種類の「どこから」

「写真で一言」の一言が「どこから」出たものかは、次の2種類があります。

1)ひとつは、写真の内側からです。すなわち、写っている事物からの「一言」です。

2)もうひとつが、写真の外側からです。すなわち、その写真に写っていない何かからの「一言」です。

本稿では、写真内外のどちらからの一言かにより、「内」「外」と表記して区分することにします。

3種類の「どこへ」

その一言が「どこへ向かっているか」には、3種類あります。その一言を「誰が聞いているか」とも言えます。

1)「無」 どこへも向かっていない、誰も聞いていないというパターンです。聞き手の存在を前提としていない一言です。あるいは声にもなっていないかもしれません。

2)「内」 写真に写っている事物へ向かっているパターンです。事物間の距離感次第で一言のトーンは多様になります。

3)「外」 写真の外側へ向かっているパターンです。その一言は、最低限写真の枠の外へ聞こえるだけの音量となります。

本稿では「無」「内」「外」と表現します。

リスト:「写真で一言」6種類の答え方

以上をまとめてリストにすると、次のようになります。それぞれに「一言」のタイプの例を挙げました。もちろん、例はこれに限定されるものではありません。

「写真で一言」の6種類の答え方 (例)

  1. 内 → 無 (心の声・内的感情表現)
  2. 内 → 内 (会話)
  3. 内 → 外 (叫び・対人的感情表現)
  4. 外 → 内 (呼びかけ)
  5. 外 → 外 (警告)
  6. 外 → 無 (題名・ラベル貼り)

実作による具体例

具体例を作ってみることで、6種類を説明します。

「第10回 IPPONグランプリ」(2013年11月23日放送)の「写真で一言ルーレット」で使われた1枚の写真を使います。こちらの写真です。

写真:アフロ
MYKA016324
Skunk Anansie, Aug 22, 2010

この写真に対する自分の第一印象は「中島美嘉のモノマネをする人(または、本人)」でした。

同じ見立て(発想)でも、6種類の答え方に当てはめると言い回しはこう違ってきます。

なお逃げ口上を打っておきますが、説明用の具体例ですので「一言」自体の面白さを求めるのは勘弁してください。

6種類のパターンと、一言の例

  1. (内 → 無) あ、ヅラどっかいってる…
  2. (内 → 内) ※(後述します)
  3. (内 → 外) こーとし最初の ゆきのはなを~
  4. (外 → 内) すみません、中島、美嘉さんですよね?
  5. (外 → 外) ひとりガチの来たでおい!
  6. (外 → 無) 中島美嘉(5年後)

※この写真で(内→内)は難しそう

この写真で「内 → 内」のパターンを使うなら、「マイクから人物へ」といった形で可能ですが、この写真の場合、それを伝えるには相当な表現力が必要となりそうです。選択するのは賢明ではないと思われます。

という感じで、写真ごとに使えるパターン、向いたパターンはあるように思います。

参考:大久保佳代子さんの場合

ちなみに、ルーレットでこの写真を引き当てた大久保佳代子さんの一言は

かずよ、結婚おめでとう

でした。

リストで言えば、3番目の「内 → 外」パターンですね。

スポンサーリンク
Google AdSense
Google AdSense

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google AdSense

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)