林修さんの文才査定授業をテキストにしました(3)(プレバト!!2013年11月21日OA)

シェアする

11月21日放送の「プレバト!!」に林修さんが出演され、出演芸能人が50字以内で書いたPR文を添削されていました。(2)のつづきです。

【出演者】
【コミッショナー】
浜田雅功
【アシスタント】
枡田絵理奈(TBSアナウンサー)
【ナレーター】
銀河万丈

【出演】(50音順)
秋元才加
板尾創路
大友康平
栗原類
児嶋一哉(アンジャッシュ)
芹那
中尾明慶
野間口徹
藤本敏史(FUJIWARA)
YOU

文章の才能アリ?ナシ!?ランキング(つづき)

問題「今年の活躍を50字で」

未発表は1位と最下位。残るは中尾と秋元

浜田「中尾君はずっと自信あるいうてたし」

中尾「僕だから大丈夫だと思います」

浜田「ほんで秋元さんは書記をやってた」

秋元「書記やってます。だから、文を書くのは得意なんで、大丈夫だと思います。自信あります」

浜田「これはもう1位を見ましょうよ。最下位を残して」

第1位 秋元才加 90点

秋元「書記パワー!」

最下位 中尾明慶 30点

藤本「恥ずかしい。なんか言うてたな数字入れてるとか言うてたな」

枡田「というわけでどちらから見ていきますか」

浜田「中尾から見ましょうよ」

藤本「見なくていいんじゃないですかもう」

浜田「いちおうみんなで笑おうよ」

藤本「いや寒気する思うわもう」

大きな一年でした。
それは結婚、
子供も産まれて、
守るべきものができました。
小さな幸せも
3倍にできるんだ
(50字)

板尾「これ初詣に神さんに言うことちゃいますの」

中尾「ちゃんとアピールできてますよね? あった出来事をちゃんと伝えたんですけども」

藤本「仕事のこといっこも書いてへん」

浜田「たしかに。確かにそうやな仕事のことも一切触れず」

「はいもう今ご指摘が出ました。それにこの内容だけを見るとですね、今年結婚して父親になった何万人もの、何十万人もの人全員に当てはまる。誰かさっぱりわからない」

浜田「中尾君のことじゃなかってもええねんもん」

「そうなんですよ」

藤本「そうやん。ほんまのど凡人じゃないのこれ」

「これはやっぱりアピール文としてはもう評価するところが非常に少ない。まあ確かに、結婚されたお子さんが生まれたって大事なことですけれども、それが自分らしさに伝わるように、そしておっしゃったように、藤本さんおっしゃったように、仕事のこと何も書かないというのも」

YOU「大きな一年でしたって、バカみたいですよね」

「いや、あのう… 消していきましょうね。はい、いらないです」

大きな一年でした。

「これもいらない」

小さな幸せも
3倍にできるんだ

「まあいちおうこれ(結婚・子供)は伝えたいだろうというのはわかりますから当然残しますけれども、あとはやはり仕事の面でツーポイントで構成してもらわないと、うーんなかなかいいアピール文にはならないですね」

浜田「3倍にできるんだー」

児嶋「そっか、数字自信あるっていうのは3倍のことだったんだ」

藤本「あと大きな一年の一やけど、思いっきり消されてるからねあれ。数字のとこどっちも消されてる」

林先生の添削文

枡田「先生これもなんとかなりましたか」

「あまりなんともならないんですよ」

ナレーション)こんな文章でも劇的に変わる

結婚して父にもなって
守るべきものを
得た一方、
ドラマに舞台にと
活躍の場を広げた変化と
飛躍の1年でした。
(50字)

浜田「なるほどね。そらそうやわ。これでなんか、ほんとおーと思うね」

最下位向けプロフィール文読み上げ

浜田「さあ中尾君、すいませんけどあの文章をカメラ目線でしっかり読んでください。はいどうぞ」

中尾明慶 ホリプロ

私は文章力がありません。
タレント本の出版やコラムなどの
執筆を依頼された場合は、
ゴーストライターを使って書く可能性があります。
予めご了承ください。

浜田「各方面の方々よろしくお願いいたします」

/*
指摘されていた点は同感ですが、それでも芸能人ブログの文体としてならば、中尾さんの文章は非の打ち所がなかったとも言えます。

仮に、添削前の文章をそのまま、中尾明慶オフィシャルブログ「一笑」年末最後のエントリとして、なんか適当な写真と一緒にアップしたとしたら、何百何千と「いいね!」を集めるだろうと思います。
*/

第1位 秋元才加の文章(90点)

秋元康事務所に一人で行き
卒業を打診。
東京ドームにて卒業。
女優業を中心に、
バラエティ業
勢力的に活動中!
(50字)

「はい。きれいに3ポイントでまとまってますね。あのぅ精力的はこれ間違ってるのが、ちょっと残念ですけど」

勢力的 精力的

板尾「恥ずかし!」

藤本「ほんまに書記やってた?」

「いや、あのぅ50字3ポイントフル活用してるなと思うんですよね。なかなかむつかしいって先ほど申し上げたのに。それに、どう考えたってこれでガツンと来ません?」

秋元康事務所に
一人で行き卒業を打診。

「そうです。いま、児嶋さんおっしゃったようにこのインパクトがすごくて。しかも3ポイント綺麗で、現状についても的確な説明がある。これは直す必要ないです」

浜田「へぇ~ すげー」

秋元「秋元先生の名前を出したらたぶんインパクトあるなっていうのは自分で思ってまずそれを、最初に」

枡田「これだけ皆さんに言ったわけですから、先生にとっても飛躍の1年となったこの2013年、皆さんと同じように文章にしてきていただきました」

藤本「さぞかしね。さぞかしですよ」

ナレーション)林先生の本気のアピール文は、後ほど

以下、「俳句ランキング」のコーナーをはさみ、番組全体のエンディングに配置されていました。

林先生の本気自己PR

「今でしょ!」の
フレーズとともに
CMをきっかけに
突如ブレイク。
言語力を武器に
各メディアに頻繁に登場。
(50字)

浜田「どうですか皆さん、これなんか直すとこあるんやったら」

児嶋「これちょっと、入口が『児嶋だよ!』とちょっとかぶってませんか」

「児嶋だよ!よりは今でしょ!の方がやっぱりインパクトがあったかな」

藤本「それはもう完全そうですね」

YOU「今でしょ!っていうのと、CMをのところはかぶってないんですか?」

藤本「かぶってるんじゃないすか?」

「今でしょ!っていう言葉がどこで出てきたかっていうのははっきり示さないと、最初はCMですから。はい」

YOU「じゃあしょうがないな」

浜田「みんなどう思いますかこれ。何位ですか」

「採点されるのってイヤですね」

藤本「あんたやっとんねん」

まとめ:林修さんの文章テクニック

再掲してリストにしておきます。

  1. 「変化」を書くと説得力が増す
    「何を(What)」と「どのように(How)」が重要!
  2. ポイントを絞って「インパクト」をつける
  3. 「オンリーワン」を書くだけで差別化
  4. 鉄則!遠慮したら伝わらない
  5. オンリーワンを「2個」書いたら十分
  6. オンリーワンがなければ「着実性」を!
  7. 「数字」を使えば説得力アップ!
  8. 「オンリーワン」で勝負
  9. 重複表現は避けるべし!

オンリーワンが重複している気がしますが、大事なことなのでと承っておきます。

感想

前回よりも一段と洗練されて面白かったです。MC、ひな壇に実力者が揃い、林さんともかみ合っていて盤石のトーク回しでした。

けれどもこの日の「プレバト!!」全体では、林さんの授業にはさまっていた俳句の添削授業の方がもっと面白かったです。俳句の添削であれだけショーアップできるというのは素晴らしいと思います。

先生だった夏井いつきさんという方、初めてお見受けしました。口の悪いおばさんでしたが、言っていることはどれも的確で間違ってなかったです。この方の出演回はまた見たいと思います。

番組にひとつ難癖を付けると、8月のときにはありませんでしたが、各コーナーで最下位だった芸能人に、用意されていた「私には~~がありません」といった文を読ませる演出が加わりました。

タレントさんにとっては見せ場でおいしいシーンなのでしょうけれども、頭の悪い視聴者に「こういういじめ方がありますよ」と手口を教えているように見えて、あまりいい演出には思えなかったです。

こちらからは以上です。

スポンサーリンク
Google AdSense
Google AdSense

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google AdSense

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)