ソフトバンクCMでの堺雅人さんのセリフが「七人の侍」と似ていることに、深い意味はないと思う

シェアする

こんにちは。出典マニアからひと言申し上げます。

この記事で言いたいこと

一部に、ソフトバンクのCMに出演する堺雅人さんのセリフを、「七人の侍」とからめて取りざたするものが見られます。

セリフとして両者が似ていることは事実です。しかしそれ以上の意味はないというのが、当方の見解であります。

互いに似ているセリフ

ソフトバンクCM「会議室B ユーザー」篇(2013)

まず、堺雅人さんのこのセリフです。

いいか、勝ったのはソフトバンクじゃない
ソフトバンクのユーザーだ

ソフトバンクモバイル:「会議室B ユーザー」篇

※画像は、CMギャラリー > CM情報「会議室B ユーザー」篇(15秒)より

七人の侍(1954)

こちらはラストシーン、志村喬演じる島田勘兵衛のこのセリフです。

いや 勝ったのはあの百姓達だ
わし達ではない

Seven Samurai(1954) Scene #284

左:勘兵衛(志村喬) 右:七郎次(加東大介)
※画像は、DVD「七人の侍」より

七人の侍・パンチライン

「七人の侍」とは、黒澤明監督の映画です。

簡潔に要約すると、野武士から村を守るために百姓が七人の侍を雇って戦うという話です。

似ていることに深い意味はない説

両者のセリフが似ていることは事実です。しかし、似ていることの意味は特に見いだせません。

むろん、CM制作サイドが「七人の侍」を念頭に置いてこのセリフを付けた可能性はあります。

しかしそこを出典としたいなら、引用することに何か意図が必要です。僕が見る限り、その意図らしきものは見当たらないことが、引っかかります。その意味で「他人のそら似」レベルを超えません。

出典マニアが雑に調べた

いちおう自説を補強するために、次のことをしました。

堺さんらが出演する一連のシリーズが、同社サイトのソフトバンクCMギャラリーで視聴できます。まずここにあるCM動画を全部見ました。

そして他にもこの映画から取ったセリフがあるのか確認するため、「七人の侍」のDVDを取り寄せて全編を観賞しました(20年ぶり2回目)。

そうやって検証してみましたが、ほかのCMに、類似するセリフは特に見当たりませんでした。見落としがあるようなら、ご教示いただければ幸いです。

各篇にいちいち出典は「ない」だろうけれど

ただし、たとえば別の黒澤映画からだとか、CMの各篇ごとに「元ネタ」を一貫して他から取っているという可能性も捨てきれません。

感触的に言うとその可能性は「ない」のですが、検証しておりませんので保留扱いとしておきます。

もうひとつの「似たセリフ」

前段で、出典は「ない」だろうとした話と矛盾しますが、このソフトバンクモバイルのCMシリーズには「あれが元ネタ?」と思える、聞き覚えのあるセリフがもう1つあります。

そのセリフがあるのは、「乾杯」篇です。

市村正親さんのこのセリフです。

ソフトバンクのこれまでの頑張りと
我々の明日のために、乾杯しようじゃないか、諸君!

ソフトバンクモバイル:「乾杯」篇

※画像は、CMギャラリー > CM情報「乾杯」篇(15秒)より

ここポイント:敵役のセリフ

このセリフだけではわかりづらいですが、市村さんは、ライバル社の幹部とおぼしき役柄です。つまり敵役です。ここポイントです。

「元ネタ」的なあれ

似ているのはこれです。

諸君、宇宙戦艦ヤマトの無事を祈って乾杯しようではないか

ヤマトの行く手を阻む、ガミラスのデスラー総統のセリフです。

宇宙戦艦ヤマト 第11話「決断!!ガミラス絶対防衛線突入」(1974年12月15日放送)に出てきます。

参考サイト

データ等の確認にこちらを参考にさせていただきました。謝意を表します。

こちらはかなり出典ぽい。単独なら

この両者も、似通っていることは事実です。

しかも、こちらは堺さんのセリフ以上に、場面も発言者のキャラクターも類似度が高いです。

どちらも、敵役が難局を打開したライバルを(言葉の上では)称えているわけですから。

なのでこの「乾杯」篇単独なら、出典と言ってしまっていいと思います。そう、単独ならね。

しかし単独で出典認定してしまうと、シリーズの構成美が損なわれる弊害が

しかしこれを出典とするとなると、問題が生じてきます。それは、「宇宙戦艦ヤマト」と「七人の侍」のあいだに、何の脈絡も見いだせないことです。

出典マニアとしては、それがイヤです。美しくない。

ですので冒頭に戻ってくり返しますが、堺雅人さんのセリフが「七人の侍」のものと似ていることに、深い意味はないと思っておる次第なのであります。

黒澤映画との関連を取りざたする動きには、「勘違いするなよ」と申し上げたいのであります。

ご静聴ありがとうございました。

スポンサーリンク
Google AdSense
Google AdSense

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google AdSense

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)